うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

フィンランドの教育学ぶ 30日 沖大土曜教養講座

 「みんなをのばすフィンランドの教育」と題し、PISA(国際的な学習到達度調査)で学力世界一になったフィンランドの教育の現状と、子どもたちにとって教育とはどうあるべきか考える沖縄大学土曜教養講座が5月30日(土)午後1時から沖縄大学で開かれます。講座にはフィンランドからの高校交換留学生も参加、留学生から見た日本の教育とフィンランドの教育の違いなども紹介されます。
 講座は、日本の教育がゆとり教育の見直しや全国統一テストの実施など「学力」重視に傾き、その結果として「競争」をあおるような傾向を招いていることから「競争」をしなくても経済協力開発機構(OECD)トップクラスを維持しているフィンランドの教育を考えるのがテーマです。
 講座では、沖縄フィンランド協会の糸数慶子事務局長(参議院議員)と、同協会理事の森田弘美さん(フリーアナウンサー)がフィンランド教育の現状を報告します。特に、基礎学力を大切にする教育や教師が子どもたちに合った独自のカリキュラムを作成する自由な裁量権、さらに授業料やテキストの無料化などの制度、学校現場でのサポート体制などが詳細に報告されます。
 また、今年4月から1年間の予定で留学中のフィンランドの女子高校生3人も参加、授業や学習について話し合います。コーディネーターは同協会理事の玉那覇淑子(北谷町議会議員)が務めます。参加無料。問い合わせは、協会・城間、電話098(995)6116。(玉那覇淑子、沖縄フィンランド協会理事)

※「沖縄タイムス」2009年5月27日付け「発信着信」欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-05-27 10:43 | 報道 | Comments(0)
<< フィンランド教育学習会―連続開催 みんなをのばすフィンランドの教... >>