うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

沖縄政策の転換に期待

沖縄から政権交代を実現
 
 自らの1票で政治を変え、政権交代を実現させましょう、と訴え、沖縄の4つの全選挙区で野党候補を精力的に応援してきました。その訴えが見事に結実し、本当にうれしく思い、高揚感に浸りながら沖縄政策の転換に期待を膨らませています。県民の皆さま、そして炎天下で選挙戦を戦い抜いてこられた運動員や支持者、支援者の皆さま、本当にご苦労さまでした。私たちの1票、1票が生きる政治をめざし、私自身も国会において民主、社民、国民新の3党による連立政権を見守りながら基地問題等、沖縄の抱える諸課題に対しては、県民の立場でもって是々非々で臨んでまいります。

 今回の衆院選は、沖縄県民にとって極めて重要な意義を持つものだと考えていました。自民党政治の沖縄政策は「アメとムチ」によって県民の民意を踏みにじってきました。今度こそ、真の民意を示し、自公政権に「ノー」を突きつけ、自民党政治に終止符を打ち、沖縄の地から「政権交代」を実現させる、その歴史的な総選挙だと位置づけていました。

 多くの県民もその思いを強くされたようで、1区においては下地幹郎さん(国民新)、2区は照屋寛徳さん(社民)、3区は玉城デニーさん(民主)、4区は瑞慶覧長敏さん(民主)、比例では赤嶺政賢さん(共産)が当選され、全選挙区での完全勝利となりました。県民の民意、ここにありという強いメッセージが発せられ、私のこれからの政治活動にも自信と勇気を与えてもらいました。
 
 民主党、社民党、そして国民新党の連立による新政権は、新しい政治の流れとなって沖縄を変えていくことになると信じています。普天間飛行場の即時閉鎖、返還に道を開き、辺野古の新基地建設を中止に追い込み、日米地位協定の抜本的な改正をうながし、泡瀬干潟の埋め立てなどの環境問題に新たな展開を生み出すものと期待します。さらに県民所得の向上や若者の雇用の確保等、沖縄振興のあり方も見直され、真にゆたかな沖縄をめざす契機にもなると確信しています。

 鳩山新政権の船出を祝福ながらも県民一人ひとりが新政権の政策を見守り、共に「沖縄の明日」を切り拓いていきましょう。本当に長期にわたる選挙戦、心から敬意を表します。

                                          2009年9月1日
                                          参議院議員 糸数慶子
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-09-01 14:28 | 活動日誌 | Comments(0)
<< 普天間移設・予算執行停止を要求... 照屋・玉城・瑞慶覧さんの当選を祝う >>