うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

泡瀬干潟事業など控訴審結果で判断

f0150886_11503894.jpg
    25日、前原沖縄相と面談しました。

前原沖縄相、うるの会に
 【東京】県選出・出身の民主、社民、国民新、無所属の衆参国会議員7人でつくる「うるの会」(会長・喜納昌吉参院議員)は25日、内閣府に前原誠司沖縄相を訪ね、中城湾港泡瀬干潟埋立て(東部海浜開発)事業や2010年度予算概算要求の沖縄関係分への対応について意見を交換した。喜納氏によると、前原氏は泡瀬干潟埋め立て事業をめぐる控訴審判決が10月15日に下されることに触れ、「裁判の結果を踏まえて判断したい」との考えを示したという。控訴審判決後、同会は再度、前原氏と面談し、今後の対応について意見交換することを確認した。
 10年度の概算要求に関しては「うるの会」が10月下旬までに内容を練り直した上で、前原氏に提案する意向を説明。28日以降、内閣府内の各担当部局から同会に対して予算の概要説明をするよう協力を求めた。前原氏も「ぜひ提案してほしい」と述べ、協力する意向を示したという。

※「琉球新報」2009年9月26日付けに掲載

沖縄相が定期協議へ 「うるの会」要請を受ける 
 【東京】県選出・出身の与党国会議員でつくる「うるの会」(会長・喜納昌吉参院議員)は25日、内閣府で前原誠司沖縄相と面談し、同会と定期協議の場を設置するよう申し入れた。前原沖縄相は月1回程度の協議を開くことを受け入れた。
 喜納会長によると、前原沖縄相は国の予算で執行される県内の公共事業のうち、県内企業への発注が51%にとどまっていることを問題視。改善する考えを示したという。
 同担当相が「1区中断、2区中止」の意向を示している沖縄市の泡瀬埋め立て事業については、「10月15日の裁判結果が出るまでは動向を見ていてほしい」と述べたという。
 同会が10月中に2010年度予算概算要求の組み替えを議論する際、内閣府からのレクを受けることも了承した。

※「沖縄タイムス」2009年9月26日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-09-26 11:49 | 報道 | Comments(0)
<< 「うるの会」概算要求練り直し着手 辺野古移設見直し要請―うるの会 >>