うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

稲嶺ゆりかさんが詩を朗読-健児之塔慰霊祭

f0150886_10141275.jpg
 2011 年 6 月 23 日(木)、66回目の慰霊の日のこの日、沖縄師範健児之塔慰霊祭に参加させていただきました。多くの同級生や、遺族の方々が集い、戦没者の方々に哀悼の祈りを捧げ、慰霊祭の中で、琉球大学1年の稲嶺ゆりかさんが、二度と戦争を起させないためにも、おじい・おばあから聞いたことを忘れず、繋いでいくと詩の朗読を行いました。

平和への願い
稲嶺 ゆりか

6月23日 慰霊の日
今年もこの日がやってきた
たくさんの悲しみを連れて

今私の目の前には
青い青い空が広がっている
何不自由なく
家族や友人と笑いあう日々を
あたりまえの日常のように
生きている

でも ちがうのだ
決して あたりまえなんかじゃない

昔 この島で
青いはずの空がまっくろに変わった
目の前で 愛する家族が
大好きな友人が死んでいった
いくつもの夢や希望が
消えていった

あれから66年
今 この島には平和が訪れた
今日も青い空が広がっている
その空にも あたりまえのように
戦闘機が飛びかっている
本島の平和って何だろう?
考えていくことが平和に繋がってゆく

そして 私たちにできることは
何だろうか
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-06-24 10:13 | フォトレポート | Comments(0)
<< 66回目の慰霊の日 実現可能性ゼロ- 2 プラス ... >>