うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

辺野古の海をこわすな-2・5集会と政府交渉

f0150886_2021814.jpg
 2月5日、参院会館講堂で「辺野古の海をこわすな院内集会・政府交渉(主催・同実行委)」を行いました。
 集会では、北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会、ヘリ基地反対協抗議船船長)、と安部真理子さん(日本自然保護協会)の現地報告。
 対政府交渉では、防衛省に対して「仮設桟橋」の問題を中心に11項目の質疑応答を行いました。
f0150886_2024182.jpg
  北上田さんと一緒に防衛省を厳しく追及しました。
f0150886_203560.jpg

 辺野古仮設桟橋工法を変更 防衛省、県に申請せず

 【東京】米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、工事水域に設置される仮設桟橋(岸壁)について、2014年7月に防衛省が県に岩礁破砕許可申請を提出した時点から工法が一部変更されていることが5日、分かった。超党派の国会議員が同日、防衛省から工事に関する説明を受けた際、同省担当者が明らかにした。
 同省は「(環境への)インパクトを多少でも減らすためだ」などと説明したが、関係者からは「工法を変えたなら、岩礁破砕許可申請の差し替えが必要ではないか」と疑問視する声が上がっている。
 岩礁破砕許可申請書では「割栗石(わりぐりいし)」と呼ばれる砕石を海底に敷き詰めた後、その他の資材を上積みすることになっている。だが、防衛省担当者は割栗石を海底に敷くことはせず、根固め用の袋材の中に石を入れて桟橋を設置すると説明した。
 仮設桟橋をめぐっては、大量の資材が必要となるほか、割栗石を海底に敷き詰めることなどから、本体工事にも継続的に使用する可能性が指摘されている。
 同省担当者は「現時点では調査に使用することで変わりないが、(仮設桟橋の)取り扱いについては調査の進展を踏まえて適切に対応していく」と述べた。
 同席した平和市民連絡会の北上田毅さんは「桟橋で重機などを使用する場合、強度が必要で、割栗石を敷く必要があったはずだ。防衛省の説明はかなり無理があり、現実的に不可能だ」と指摘。「仮設桟橋が撤去できると言いたいために説明しているのであって、実際は割栗石を投入するのではないか」との見方も示した。

※「琉球新報」2015年2月6日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-02-06 12:00 | フォトレポート | Comments(0)
<< 辺野古過剰警備 実態把握を要請 辺野古に西日本各地から土砂搬入... >>