うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

国連女性差別撤廃委員会の日本政府報告審査に行ってきました。

 2月14日から19日まで、女性差別撤廃委員会による第7、8回政府報告審査で国連ジュネーブ事務局に行きました。

f0150886_11555357.jpg


 まず、15日に45のNGO団体でつくる日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク(JNNC)主催のランチタイムブリーフィングに参加し、「沖縄の基地と女性」をテーマにスピーチを行いました。95年の少女暴行事件のように、米兵によるジェンダーに基づく暴力が、女性たちの脅威になってきたことを挙げ、その防止と処罰するために適切な措置を講じ、日本政府は、被害者が救済されるよう支援すべきであると強く主張しました。

f0150886_12524417.jpg

 
 16日は、政府報告審査を傍聴しました。長年にわたって取り組んできた選択的夫婦別姓の問題など、女性差別解消に消極的な日本政府に対して、委員からは厳しい質問が相次ぎました。
 基地と暴力に関する質問もありました。フィンランド出身のブルーン委員は、「国連安保理決議1325号に基づく国内行動計画について、包括的なジェンダーの視点が含まれていない。特に懸念事項としてNGOからあげられているのが、性暴力である。一般勧告、CEDAWが紛争防止、それから紛争後での女性について参照することを推奨したい。包括的なジェンダーが安全保障の政策にも盛り込まれるべきだ」と述べました。これに対し、日本政府は「在日駐留軍の性暴力について記述がないのは、日本に駐留している米国との関係は、日米の安保条約のもとにおいて、すでに対応する枠組みがあるからだ」と述べました。
 
 また、林陽子委員長をはじめ、委員の方々ともご挨拶させていただき、直接沖縄の女性問題について訴えました。
 
f0150886_1255466.jpg

 
f0150886_1301932.jpg

 
f0150886_12561754.jpg

 
 今回の審査は、日本政府が女性問題を軽視し、改善に対してさらに後ろ向きとなったことが如実に表れました。委員会からは、09年の勧告以上に厳しいものが出されることを期待しています。
 

 
[PR]

by itokazu-keiko | 2016-02-23 16:27 | Comments(0)
<< 3/10 外交防衛委員会で質問... 2分に全力 >>