うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

常に沖縄は危険に-釧路で講演

 
f0150886_1218245.jpg

 憲法9条-世界へ未来へくしろ連絡会(松本成美会長)は25日、沖縄県出身の参議院議員糸数慶子氏を招いて「沖縄からのメッセージ糸数慶子さん講演会」を釧路市キャッスルホテルで開いた。
 糸数氏は1947年沖縄県生まれ。沖縄戦の真実を伝えようと平和ガイドとして活動し、1992年から3期連続で県議を務め、2004年には参議院沖縄選挙区で初当選した。講演の前に、同連絡会の丸山重副代表が「私は元軍人。戦後は教員になり、子供たちを戦場に送らないことをモットーにしてきた。今日は沖縄の生の声を聞いてほしい」とあいさつした。
 講演で糸数氏は、米海兵隊の訓練ミスで校庭にトレーラーが落下して小学生が圧死した事件、米兵のレイプ事件などを挙げ、「沖縄では有事に関係なく、常に危険にさらされている」と現状を説明した。辺野古の基地問題については「普天間という老朽化した基地を閉めて、新基地を日本の金で辺野古に作るだけ」と切り捨て、「日本の安全のために米軍が必要と言うのなら、予算だけでなくリスクも本土で引き受けてほしい」と訴えた。(花城護)

※「釧路新聞」2008年10月26日付け朝刊(下)に掲載
f0150886_110789.jpg

 
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-10-31 11:02 | 報道 | Comments(0)
<< 国政報告会 ~那覇市政を変える... 「交渉術には教育」力説 >>