うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 54 )


6/16 法務委員会で質問しました。

 16日、法務委員会で刑法性犯罪改正案に関する参考人質疑が行われました。今回は、東京大学大学院法学政治学研究科教授の橋爪隆さん、刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトの山本潤さんにお越し伊頂きご意見を伺って、質問しました。
 
f0150886_1184490.jpg

 
 橋爪参考人、山本参考人から示唆に富む貴重なお話を伺うことができ、こころより感謝申し上げます。特に、山本参考人におかれましては、ご自身のつらい経験をカミングアウトされたことで、同じ苦しみを持つ多くの人たちに勇気を与え、一方で、加害者に対しても被害者の苦しみを認識させ、加害行為に対する警告となったことと、心からの感謝と敬意を表したいと思います。
  
 15日の委員会で、今回「強制性交等罪」という名称を使用する理由を尋ねました。これは構成要件が狭くなったこととも関係するわけですが「強姦」という言葉に代表されるように、名称、用語というのはとても重要だと思います。このことについて山本参考人のご意見を伺いました。
 山本参考人から「被害者の感覚からいうと、自分の意思に反して自分の体に侵入された、侵襲された経験だというふうに思っている。なので、侵入が非常に問題であって、例えば、現在の強制性交等罪は性器が挿入された場合、挿入させられた場合というふうになっているが、たとえそれが物であったり指であったり、子供の場合は、なかなか陰茎を膣に挿入するのが難しいことから指とかを挿入するという被害が多く起こっているが、そのような物であったりした場合でも、意思に反して自分の境界線、バウンダリーと心理学用語で言うが、侵襲されるということ自体が大きな心身にダメージをもたらす、そういう出来事だ。
 私自身としては、法制審議会の要望書にも出したが、レイプは性的侵襲罪というふうに考えることが大事、そのような名称が使われるべきだというふうに考えている」とのお答えがありました。
 
f0150886_11221732.jpg

 
 15日の委員会では、性犯罪の防止には性教育が重用であることについても言及しました。性犯罪の被害者にならない、あるいは加害者にもならないために、まず性教育が重用であると考えます。
 性教育へのすさまじいバッシングがあったのは2005年頃でした。第2次男女共同参画基本計画策定過程で、当時、男女共同参画担当大臣を務められた猪口邦子議員がとてもご苦労をされたということも側聞しております。
 東京都立七生養護学校の先生たちが、子どもたちに、性犯罪の被害者にも、加害者にもならないよう願いを込めて行っていた「こころとからだの学習」授業は、男性器と女性器の部位や名称を織り込んだ歌や人形を使った授業方法であり、優れた教育実践だと評価されていました。ところが、これを過激であるとして激しいバッシングに晒されました。
 リプロダクティブヘルス・ライツが教科書から削除され、学校での性教育もやりにくい状況に追い込まれました。性についての正しい情報が乏しい中、子どもたちはちまたにあふれるアダルトビデオや漫画などから情報を得ることで、誤った知識をつけてきたと思います。それがデートDVや性犯罪にも少なからず関係していると思われます。性暴力被害を防止するための性教育の在り方についてどのようなご見解をお持ちか、お2人の参考人に伺いました。
 
f0150886_11105781.jpg

 
 これについて、橋爪参考人は「基本的な性に関する国民一般の感覚というか、性差別の撤廃を徹底すること、さらに、特に異性について、異性を専ら性的な興味の対象として扱うような観点を何とか防止して、お互いに異性のことを尊重し合うような啓蒙教育を徹底していくということが基本的には性犯罪の防止にとっては重要な観点であるというふうに考えている」とのお答えがありました。
 山本参考人からは「昨今、大学でのキャンパスレイプが多発したことを受けて、やはり日本の社会で同意というのは一体何なのか、性における同意というのは一体どういうことを意味するのかということがなかなか認識されていないということを考えている。
 海外、英米の大学では、その同意についてワークショップをするというのは、大学でももちろん、高校生のときでも、どのような性的な一致を取るのかということについて教えられているというふうに聞く。日本でもそのようなワークショップが展開できないかということで、現在、東大、慶応大学、創価大学の三つの大学で同意ワークショップを学生さんを中心に巻き込んで展開しているし、今後カリキュラムを作るというような話も上がっている。参加した方から、もう大学生では遅過ぎる、高校生、もう中学生ぐらいから自分はこれを受けたかったという声も上がっている。
 やはり性とは何か、同意とは何かということを青少年に教えて伝えていくということが大事ではないかと考えている」とのご答弁がありましたました。
 
 参考人質疑終了後、委員会にて付帯決議とともに全会一致で可決され、同日の本会議で成立しました。
 
 今回の質疑のもようは、参議院HPにてご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
  
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-06-19 11:23 | Comments(0)

6/15 法務委員会で質問しました。

 15日、共謀罪の強行採決後に法務委員会が開かれ、刑法性犯罪改正案の質疑が行われました。
 
f0150886_14102679.jpg

 
 質問に入る前に、委員長、並びに政府、そして委員のみなさまに一言。
 14日、秋野公造委員長が、法務委員会で審議中のいわゆる共謀罪法案の中間報告を行い、その後、採決となりました。まず、このことについて強く抗議します。共謀罪法案の対政府質疑は、衆議院で30時間20分、参考人質疑は5時間50分でした。一方、参議院ではわずか17時間50分、参考人質疑は5時間でした。13日の法務委員会の対政府質疑では、少数会派の質疑のみ行われませんでした。当然、本日の委員会ではその質疑ができるものと思っていましたが、本会議での採決により、それは叶いませんでした。
 今回の共謀罪法案は、米軍基地建設に反対する沖縄県民にとって、政府に抵抗する行為を、未然に一網打尽にする意図があるのではないか、との懸念が挙がっていたため、それを解消すべく、特に、質問内容を書面で丁寧に通告し、答弁者についてもできるだけ詳しく答弁していただきたいということから主に参考人に伺ってまいりました。多くの疑問や懸念が解消されないまま質問する権利が委員長の中間報告により断たれたことに強く抗議しました。
 
 重ねて委員長に。14日の議院運営委員長の解任決議案の提案理由趣旨説明で吉川沙織議員は、「委員会中心主義をとっている参議院において、委員会での審議を途中で打ち切り、本会議でその議事を決するようなことは、立法府の、良識の府、参議院としての自殺行為である」と述べられました。その際に昭和38年7月5日の申合せが引用されました。参議院の各会派は、議員の正常な運営を図るため、少数意見の尊重と議員の審議権確保に留意するとともに、議院の品位と秩序の保持に互いに協力するとしたうえで、二点について言及されました。
 
1、議案の中間報告は、審査につき委員会中心主義を採用している国会法の趣旨にかんがみ、みだりに行わないものとすること。

2、中間報告に関連し、本会議の運営が混乱した実情にかんがみ、今回のような中間報告は行わないように努力すること。ということでした。

 当時の参議院議長は議長所信で、議案の審議は常に十分行わなければならないとしたうえで、このような議事の進め方を避けるよう最善を尽くす所存である、と述べられています。秋野委員長は、このような先達の努力を踏みにじり、「良識の府」の参議院の歴史に汚点を残された、ということを申し上げ、質問に入りました。
 
f0150886_14114867.jpg

 
  部会において、改正後の177条の罪名について、性的侵入、そして性的侵襲などの名称が適当であるという意見がありました。今回、強制性交等罪という名称を使用する理由を聞きました。
 これに対し林眞琴刑事局長は「まず、今回、罪名自体を改める必要があったということがまず第一点。これは、従来の強姦罪の客体、女性のみであったものを今回は男性をも含むものとしたこと、そしてまた、従来、強姦罪と同等に処罰しようとする性的行為を姦淫、性交から肛門性交や口腔性交を含む性交等に広げることにした、こういったことから考えると、まず現行の強姦罪という罪名を改める必要があった。
 その上で、この罪名を考える上で、強姦罪は、まず、強制わいせつ罪、現行の強制わいせつ罪の加重類型であるということを考え、暴行又は脅迫を用いて相手方の同意なく性的行為に及ぶ点が強制わいせつ罪と共通している点、まずこの点に着目し、かつその場合の処罰対象となる行為が性交等に改められたということも併せ考え、今回、強制性交等罪とした。強制という暴行、脅迫を用いて相手方の同意なく性的行為に及ぶという点についての意味が強制という点に表れており、その処罰対象が、先ほど姦淫というものを性交等というものに改めたということを前提とし、これを合わせまして強制性交等罪とした。」との答弁がありました。
 
 今回の質疑のもようは、参議院HPにてご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-06-16 14:27 | Comments(0)

6/13 法務委員会で質問しました。

 13日の法務委員会は、2回目となる共謀罪法案の参考人質疑が行われました。今回は、日本大学危機管理学部教授の福田充さん、弁護士の山下幸夫さん、一橋大学名誉教授で弁護士の村井敏邦さんから意見を伺い、質問しました。
 
f0150886_22352359.jpg

 
 世界最強の盗聴システムを持つアメリカ、そしてフランス、共謀罪の発祥国とされるイギリスなど、テロ対策が進んだ国で、ここ数年、テロが多発しています。テロ対策の監視対象が多く、情報処理が追い付いていないのではないかとも言われています。テロ対策を行うことがテロを防止することにつながるのか、そもそも、この法案がテロ対策となりうるのかについて、福田参考人と山下参考人のご所見を伺いました。
 これに対し福田参考人からは「このテロ等準備罪がテロ対策として有効に機能するかどうかということに関しては、テロ等準備罪が規定している効力が及び得る範囲内で有効に機能すると考えている。それは、ここに挙げられている277の行為は確実に計画と実行準備行為の段階で処罰できるという環境を整えるわけで、その環境を整えた上で、その277の項目がカバーしている項目をテロ対策として実施することが可能になる。やらなければできないわけだから、この277の項目をカバーすることが環境的に整うことによって、今後、テロ対策というのはより多様な方法で実施することができると思っている。
 しかしながら、それがイコール100%テロ事件を防止できることに直結するかというのは、それはまた別問題であり、御指摘のとおり、アメリカやイギリスやフランスでも共謀罪やこういったテロ対策の法制度は進んでいるし、監視のインテリジェンス活動も年々強化されている。実際にイギリスで発生した複数のテロでも、容疑者は実際にはこういった捜査当局からの監視対象であったということも言われている。
 監視対象であったけれども、しかしながら、インテリジェンス機関は見逃してしまうことがある。これは情報の5W1Hという問題もあり、そのうちのwho、誰が危険人物かということはインテリジェンス機関も捕捉することはできるが、when、いつ、where、どこでそのテロが実行されるかというのは極めてインテリジェンス機関としても捕捉することが難しい状況があるということは、各国同様に抱えている問題である。しかしながら、このインテリジェンスの活動については今回のテロ等準備罪の問題とは本質からやや外れるところだと思うので、私の発言は以上としたいと思う」との発言がありました。

 山下参考人からは「私は別に今回の法案を成立させなければテロを防ぐことができないとかそういう関係にはない。こういう法律ができたからテロを未然に防止できるわけではなくて、様々なそれ以外の、既に現行で我が国はたくさんのいろいろなテロ対策も含めた犯罪対策をしているし、こういう法律があるからテロを防げるわけではない。先ほどから言っているように、テロを根絶するために平和な世の中をつくるような活動をしていくことこそがテロを防ぐわけであって、こういう処罰規定を、しかも277も処罰できる計画罪を作って国民を不安にする、国民の日常的監視が不可欠になる、そのような法律を作ることは百害あって一利なしであるというふうに思っている」と、述べられました。
 
 また、山下参考人には、スノーデン氏によるXキースコア情報についてお伺いしたところ、「スノーデン氏は、Xキースコアという、ネット上でキーワードを入れるとその発言している人をサーチして、情報が得られるというソフトをアメリカの国家安全保障局、NSAから日本政府に既に提供されているという、そして、この法案が実現すればそういうものがそのツールが使われるようになるであろうということを彼が最近発言している。したがって、ネットのいろんな様々な情報、この間、金田法務大臣なども、LINEなどのSNSにおける様々な情報のやり取りも、それもその手段、計画の手段としてあり得るということで、それが捜査の対象になり得るということを認めているところだが、このXキースコアという、そういうソフトというかツールもそういう形で使われるおそれがある」とのことでした。
 
f0150886_23194248.jpg

 
 本法案がテロ対策にはならない、むしろ弊害が大きいという見解を村井参考人が述べられました。村井参考人が考えられる最も有効なテロ対策、あるいはテロが起こらないために何が大切であるというふうに考えられていらっしゃるかと、これから政府や政治家に求められるものを伺いました。
 これに対し村井参考人は「恐怖政治をしくつもりならば、有効なのは、ターゲットとされる危険な人物に全部監視を付けて、監視どころか拘置してしまうということがいいだろう。そういうふうに提案、そうしなければテロは防げないと言っている元捜査官もいるようだ。しかし、これは私の推奨するところでない。これはかえって大変恐ろしい事態になる。まさにテロリズムです、これが。本当の意味でのテロリズムがこれだろうと思うが、だからこういう社会にはしたくない。
 そうするとどうするかということになると、一朝一夕の形ではいかないが、現にイギリスでもフランスでも起きているが、ISに走る人たちに対してどういう対策をするかというと、特に子供や青年の意見をよく聞いて、その不満、問題とするところを酌み上げて対策を立てるという形で、福祉政策ですけれども行う、あるいは就職を世話する。そういう形での、もし今国際的なテロをISという形で仮に例として取るならば、そういうのが国際的に行われているところだ、民間団体において、民間の個人が、そういう形を我々もやらなきゃいかぬだろうということになる。そういう形でないとなかなかテロに走る人たちを問題にというか、抑えることはできないだろうと。
 それから、自由をやはり享受することの楽しさを人々に感じてもらう以外ない。自由を抑圧することによってテロを防ぐんではなくして、自由というのがいかに大事であるかということを知ることによってテロに走ることはなくなるだろうというふうに思っている。」と述べられました。
 
f0150886_2245334.jpg
 
 
 最後に、山下参考人に、今後どういう国会審議を望まれるか伺ったところ、「単に時間が経過したから可決するとかではなく、徹底した審議をしていただきたいということと、国連の特別報告者のカナタチさんからもあのような指摘があったので、そのような声にも耳を傾け、また様々な、今後この法案が適用されるかもしれない、例えば沖縄の現地で運動に関わっている方とか、そういう声も聞きながら、もっと慎重に、そして時間を掛けてじっくりと、やっぱり刑事法の体系を、根本的にこれを変えようとする法律だから、時間を掛けてしっかり国民の納得のいく、そういう議論をここでしていただきたい」との訴えがありました。
 
 午後も質問を予定しておりましたが、金田大臣の問責決議案が提出されたことをうけ、法務委員会が散会となりました。
 
 今回の質疑のもようは、参議院HPにてご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-06-14 23:56 | Comments(0)

6/9 沖縄及び北方問題に関する特別委員会で質問しました。

 9日の沖縄及び北方問題に関する特別委員会で質問しました。
 
f0150886_10433859.jpg

 
 今回は、北方領土問題に関して、北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会会長で、根室市長の長谷川俊輔さん、公益社団法人千島歯舞諸島居住者連盟理事長の脇紀美夫さん、法政大学法学部教授の下斗米伸夫さん、新潟県立大学政策研究センター教授の袴田茂樹さんからお話を伺い、その後戸籍の問題などについて質問しました。
 
f0150886_10451895.jpg


 今回の質疑のもようは、参議院HPにてご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-06-12 10:53 | Comments(0)

6/8 法務委員会で質問しました。

 8日の法務委員会にて質問しました。今回は、①国際犯罪防止条約、②威力業務妨害罪と組織的威力業務妨害罪、③6条の2第1項の構造、④6条の2第2項について質問しました。
 
 
f0150886_161566.jpg

 
 沖縄では、辺野古新基地建設への抗議のために多くの市民が連日座り込みをしていますが、6月2日には、キャンプ・シュワブゲート前で機動隊が市民を排除する際に、市民2人が負傷して緊急搬送されました。沖縄では、共謀罪法案の成立を見越して、先取りしたかのような警察の横暴な振る舞いが目に余ります。沖縄平和運動センターの山城博治議長が、威力業務妨害容疑で逮捕・勾留の後、起訴され、現在、沖縄地方裁判所で刑事裁判が続いています。
 本年2月28日には、国連人権法や国際人道法の専門家のデービッド・ケイ氏ら4人が、緊急アピールを出して、山城議長の逮捕や長期勾留に懸念を示し、「日本の表現の自由や集会の自由への萎縮効果も懸念される」と述べています。デービッド・ケイ氏は、我が国の表現の自由の現状を調査した国連の特別報告者でもあります。
 これは、警察による逮捕や、起訴後の長期勾留について、裁判所による司法的なチェックが十分に働いていないことを示すものだと考えられますが、その点について、法務大臣の見解を伺いました。
 これに対し金田大臣は「公判係属中の個別事件における裁判所の判断に関わる事柄であるので、法務大臣としてお答えすることは差し控えたい。一般論として、裁判所においては、逮捕状、勾留状の発付や保釈の許可、不許可を決するに当たり、法と証拠に基づいて適切に判断をしているものと認識をしている」との答弁がありました。
 
 今回の質疑のもようは、参議院HPにてご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-06-09 16:02 | Comments(0)

6/2 沖縄及び北方問題に関する特別委員会で質問しました。

 2日の沖縄及び北方問題に関する特別委員会で、①辺野古新基地建設に係る岩礁破砕許可、②今年度の沖縄関係予算、③那覇空港の軍民共用、④那覇空港における航空交通管制官の定員削減、⑤沖縄における労働者の待遇改善について質問しました。
 
f0150886_12144978.jpg

 
 沖縄防衛局は6月1日、辺野古新基地建設工事を進めるに当たり、新たな岩礁破砕許可は必要ないとする文書を沖縄県に提出しました。沖縄県が、県漁業調整規則に基づく岩礁破砕許可が必要であると行政指導しているにもかかわらず、防衛局は、水産庁が今年3月に各都道府県に出した通知を基に、岩礁破砕許可は不要と主張しています。
 しかしながら、水産庁は漁業権の消滅には漁業法第22条に基づいて「県知事の変更免許が必要」としてきたわけですから、全く整合性がとれません。水産庁に整合性についての説明を求めました。
 これに対し水産庁は「水産庁として漁業権の消滅には知事の変更免許が必要という見解を示したことはない。なお、漁協が漁業権を一部放棄することができることについては、過去に当庁として国会で明らかにしており、漁業権者が漁業権を一部放棄すれば、その部分の漁業権は当然に消滅するというのが当庁の見解だ」との答弁がありました。
 
f0150886_12235455.jpg
 

 こんな答えでは全く納得できません。安倍内閣は、自分たちの都合にあわせて憲法や法の解釈を変え、「何も問題がない」と開き直り、異を唱える側に問題があるかのような印象操作を繰り返しています。沖縄の基地建設も例外ではありません。
 防衛局は「埋め立て海域の漁業権が消滅したために許可は必要なくなった」とあたかも問題がないかのような主張をしています。しかし、那覇空港の第二滑走路建設の際には防衛省が破砕許可を申請し、国土交通省が破砕許可を得て現在工事を進めているわけです。海底の地形や環境が変わるわけですから、水産資源保護の観点から破砕許可を申請するのは当然です。年間50件もの破砕許可の申請がありますが、漁業権放棄を理由にしたことは今回初めてです。この点からも政府の強引さがわかります。
 そもそも、名護漁協の漁業権の一部放棄は知事の許可が必要な「変更」に当たり、漁業権は消滅していないのではないでしょうか。かつて水産庁は、「漁業権の変更(一部放棄)を漁協で議決しても、知事が許可しない限り漁業権は変更されない」としてきました。今回、水産庁は「一部放棄」は「変更」に当たらないと主張していますが、変更そのものではないですか。それを「詭弁を弄する」と言うのです。
 在ったルールもなかったことにする、ルールも恣意的に変更するというのが安倍内閣だ、と厳しく指摘しました。
 
 今回の質疑のもようは、参議院HPよりご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-06-05 12:26 | Comments(0)

6/1 法務委員会にて質問しました。

 1日の参議院法務委員会で、共謀罪について質問しました。午前中は参考人質疑があり、西村幸三弁護士、新倉修青山学院大学名誉教授、松宮孝明立命館大学大学院法務研究科教授よりご意見をうかがい、計画罪と中止犯との関係などについて質問しました。
 
f0150886_11434738.jpg

 
 午後は、岸田外務大臣も出席され、共謀罪の質疑が行われ国連条約との関係などについて質問しました。
 質問に入るまえに一言。日本は、人権の分野において、多大な国際貢献をしてきたと認識しています。例えば、国連の人権機関に日本は多くの委員を排出しています。昨年、障害者権利委員会と子どもの権利委員会において、日本の候補がそれぞれ当選し、今年から新たに委員としてご活躍いただいております。昨年2月に、私も傍聴いたしました女性差別撤廃条約日本政府報告審査では、当時の林陽子委員長に対する心のこもった敬意と、排出国への謝意が、発言をした全ての委員から述べられておりました。
 一方で、国連の報告者に対する一連の政府の発言について、国内外から疑問視する声が上がっています。3年前に日本が国連人権理事会理事国選挙に立候補した際の公約「特別報告者との有意義かつ建設的な対話の実現のため,今後もしっかりと協力していく」という発言とは正反対の言動が、政府首脳から出ていることに大変憂慮しています。情報通信システムが発達した現代では、政府や政治家などの言動は瞬時に世界中に広がり、その分析と評価はNGOなども常に行っているため、恣意的な利用は、すぐに批判にさらされることになります。
 最近の安倍総理や菅官房長官、あるいは政治家から発せられる、国連人権機関の委員等に対する、事実に基づかない批判や感情的な発言が、日本の信頼と国益を損ねているということを強く主張しました。
 
f0150886_128543.jpg
 
 
  今回の質疑のもようは、参議院HPでご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-06-05 12:09 | Comments(0)

5/30 法務委員会で質問しました。

 昨日30日より、参議院法務委員会でいわゆる「共謀罪」法案の審議がスタートしました。
 午前中は安倍晋三総理大臣から、共謀罪法案の趣旨説明と、衆議院修正案の説明があり、その後総理に対する質疑に入りました。この時間には、沖縄県民の置かれている状況と共謀罪法案について質問しました。午後は対政府質疑が行われ、①「計画」について、②計画罪の罪数関係について質問しました。
 
f0150886_202255.jpg

 
 沖縄県民は、県知事選挙、衆・参の選挙区のすべてにおいて、辺野古新基地建設反対の候補者を当選させており、新基地建設反対の意思を民主主義の手続きを経て、明確に示してきました。ところが、政府はそれを無視し続けています。沖縄県民の人権無視、沖縄の自治権の無視であり、政府の行為こそが重大な憲法違反であると考えます。政府が沖縄県民の意思を無視して、基地建設を強行する時、意思表示の最後の手段である抗議行動、座り込み、ブロックを積む行為が、共謀罪の適用対象になのか、安倍総理に質問しました。
 これに対し安倍首相は「基地建設反対又は基地建設に反対することによる地域の負担軽減や、自然環境の保全を目的としており、一定の重大な犯罪等の実行を目的として構成員が結合しているものとは考え難いので、テロ等準備罪が成立することはない」と答弁がありました。
 しかし、沖縄県民からすれば、今回の共謀罪法案は、政府に抵抗する行為を未然に一網打尽にする意図が明らかにあるのではないかと疑わざるを得ません。
 
f0150886_20153699.jpg
 
 
 日本全体の人口の1%程度の沖縄県民の意思は、本土の意見にかき消され、無視され続けています。安倍総理は自身への批判に対し「印象操作はやめてください」と言っていますが、沖縄県民からすれば、政府が沖縄県民に寄り添い、丁寧に対応しているかのような、また、県民が不当に抗議活動を行っているかのような印象操作こそやめてほしいものです。
 本土メディアの多くは、沖縄の状況を報じていません。沖縄のメディアが真実を報じると、それに対する圧力ともとれる発言が平然と行われます。印象操作どころか、情報操作が行われているのではないか、とさえ言わざるを得ません。パリに本部を置く国境なき記者団によると、日本の報道の自由度は72位、先進国では最も下位を占めています。
 沖縄県民がなぜ基地建設に反対するのか、それは、太平洋戦争で唯一地上戦が行われ、4人に1人が亡くなり、平和への思いが人一倍強いからです。そして、沖縄に基地が集中するがゆえに、再び攻撃の標的になる可能性が高いからです。
 
f0150886_19545927.jpg
 

 不安をあおる安倍総理の国会答弁について韓国外務省の報道官は、「自制する必要がある」と不快感を示し「仮想的な状況を前提とした発言は、誤解を招く恐れがあり、朝鮮半島の平和や安全に否定的な影響を及ぼしかねない」と指摘しています。
 ナチス政権下でヒトラーの後継者と言われたヘルマン・ゲーリングは「普通の市民は戦争を望まないが、戦争は簡単に起きる。国民は常に指導者たちの意のままになる。それは、自分達が外国から攻撃されていると言い、平和主義者については愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ」と述べています。
 まさに、安倍政権は朝鮮有事などで不安をあおり、抵抗する人々を共謀罪で未然に取り締まりの強化をしようとしています。安倍総理、最大のテロ対策は外交努力によって、テロの要因となる不公正、不公平な社会をなくすことである!と強く主張しました。

 今回の質疑のもようは、参議院HPでご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-05-31 20:22 | Comments(0)

5/25 法務委員会で質問します。

 25日の法務委員会では、債権関係の民法改正の質疑と採決が行われました。今回は①意思能力、②公序良俗、③契約類型、④契約の成立、⑤法定利率、⑥成人年齢と婚姻適齢について質問しました。

 
f0150886_10345964.jpg

 
 3月9日の法務委員会で、成人年齢の18歳引下げの民法改正案の審議が見送りになるのではないかという報道があり、事実かどうかお尋ねしたところ、金田大臣は「法務省としては適切な時期に民法改正案を提出する考えであります」答弁されました。4月13日にも質問しましたが、同じ答弁でした。適切な時期、それは一日も早く!です。 成人年齢の引き下げとともに提出予定だった婚姻年齢の18歳への引き上げについては、96年の法制審答申でもあります。
 国連は18歳未満の婚姻を児童婚と指摘し、婚姻最低年齢の引上げを求めております。婚姻年齢については与野党とも異論がないはずなのに、なぜ、後回しにされるのか、民法改正案をいつ提出されるのか、金田勝年法務大臣に見解を求めました。
 これに対し金田大臣は「民法の成年年齢を18歳に引き下げるとともに、女性の婚姻開始年齢を18歳に引き上げる内容の民法改正法案は、昨年9月に実施をしたパブリックコメント手続に寄せられた意見等を踏まえながら、現在、法案提出に向けた準備作業を進めている。法務省としましては、この法案の提出を後回しにしているというわけではない。できる限り早期に国会に提出することができるように、その準備作業に全力を尽くしている。いずれにしましても、法務省としては、適切な時期にこの民法改正法案を提出する考えだ。」と答弁しました。
 
f0150886_1036321.jpg


 人権を侵害する恐れのある共謀罪法案を優先し、人権政策を軽視する政府の在り方は問題であると言わざるを得ません。人権を所管する法務省が最優先に取り組むべきは人権問題である!ということを主張しました。

 今回の質疑のもようは、参議院HPよりご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-05-26 16:22 | Comments(0)

5/23 法務委員会で質問しました。

 23日の法務委員会では債権関係の民法改正の審議中です。今回は、①定型約款、②法定利率、③暴利行為、④中間利息控除、⑤消費者概念、⑥家族法関係の民法改正について質問しました。
 
 
f0150886_11232894.jpg


 今回は債権法の分野の改正でしたが、民法総則、物権法については、部分的な改正は行われたものの、全面的な改正は行われていません。さらに、法制審議会から96年に答申された家族法分野についても部分的な改正にとどまっています。
 参議院厚生労働委員会で4月20日、事実婚カップルの不妊治療費用助成を求められた塩崎厚労大臣は「多様化している家族の在り方などを受け止めていかなければならない。社会はどんどん変化をして、家族観も変化をしている」と述べたうえで、前向きに検討する意向を示されました。
 かつて、政府は選択的夫婦別姓制度について「国民意識の動向を把握しつつ、結婚に伴う氏の変更が職業生活にもたらしている支障を解消する観点からも、選択的夫婦別氏制度について、国民の議論が深まるよう引き続き務める」と答弁していました。ところが、安倍政権になると賛成が増えたにもかかわらず「我が国の家族の在り方に深くかかわるものであり、国民の間にも様々な意見があることから、慎重な検討が必要である」と後退してしまいました。家族の多様化や考え方が様々あるのに、選択肢を増やすことに慎重であるということは、一部の価値観だけを尊重し、多様化を認めないということになります。金田勝年大臣の見解を伺いました。
 これに対し、金田大臣は「今回の改正対象以外の分野においても、民法を社会経済の変化に適切に対応させていくこと、これは重要であると、このように認識をしている。例えば、相続法制の分野につきましては、高齢化社会の進展あるいは家族の在り方に関する国民意識の変化といった社会情勢に鑑み、法制審議会民法部会、相続関係部会の場において、平成27年4月から調査審議が進められている。今後とも、具体的な改正の必要性を見極めながら個別に見直しを検討してまいることになろうかと、このように考えている次第だ。
 そして、質問の中にあった1996年の答申では、選択的夫婦別氏制度を導入すること、あるいは女性の婚姻開始年齢を18歳に引き上げることといったことが盛り込まれた。このうち選択的夫婦別氏制度の導入については、我が国の家族の在り方に深く関わる事柄であり、国民の大方の理解を得て行うべきものと考えている。今後も引き続き国民各層の意見を幅広く聞くとともに、国会における議論の動向を注視しながら、慎重に対応を検討する必要があるのではないかと考えている。
 そしてまた、婚姻開始年齢については、他方、平成21年の民法の成年年齢に関する法制審議会においても、「民法の成年年齢を引き下げる場合には、婚姻適齢については男女とも十八歳とすべきである。」とされた。民法の成年年齢の引下げと併せて検討する必要があるものと認識している。
 民法の成年年齢を18歳に引き下げる内容の民法改正案については、現在、法案提出に向けた準備作業を進めているところであり、適切な時期に法案を提出したい。」と答弁しました。

f0150886_1402418.jpg

 
 答弁を聞いて思わず、金田大臣も一部の価値観だけを尊重していることをお認めになったと受け止めました。法改正されないために、やむを得ず事実婚にする、また、通称使用では不便だからとペーパー離婚するカップルは増えています。法律婚主義と言いながら、名前を名乗り続けたいカップルには法律婚させない制度を放置しています。国連の人権条約機関からたびたび法改正を勧告されていますが、政府は不誠実な対応をとり続けています。一方で、条約加盟に必要だからと共謀罪法案を強行可決しました。政府の都合のいいように条約を恣意的に使っているということを強く主張しました。
 
 今回の質疑のもようは、参議院HPよりご覧頂けます。
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2017-05-24 14:15 | Comments(0)