うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 55 )


国連女性差別撤廃委員会の日本政府報告審査に行ってきました。

 2月14日から19日まで、女性差別撤廃委員会による第7、8回政府報告審査で国連ジュネーブ事務局に行きました。

f0150886_11555357.jpg


 まず、15日に45のNGO団体でつくる日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク(JNNC)主催のランチタイムブリーフィングに参加し、「沖縄の基地と女性」をテーマにスピーチを行いました。95年の少女暴行事件のように、米兵によるジェンダーに基づく暴力が、女性たちの脅威になってきたことを挙げ、その防止と処罰するために適切な措置を講じ、日本政府は、被害者が救済されるよう支援すべきであると強く主張しました。

f0150886_12524417.jpg

 
 16日は、政府報告審査を傍聴しました。長年にわたって取り組んできた選択的夫婦別姓の問題など、女性差別解消に消極的な日本政府に対して、委員からは厳しい質問が相次ぎました。
 基地と暴力に関する質問もありました。フィンランド出身のブルーン委員は、「国連安保理決議1325号に基づく国内行動計画について、包括的なジェンダーの視点が含まれていない。特に懸念事項としてNGOからあげられているのが、性暴力である。一般勧告、CEDAWが紛争防止、それから紛争後での女性について参照することを推奨したい。包括的なジェンダーが安全保障の政策にも盛り込まれるべきだ」と述べました。これに対し、日本政府は「在日駐留軍の性暴力について記述がないのは、日本に駐留している米国との関係は、日米の安保条約のもとにおいて、すでに対応する枠組みがあるからだ」と述べました。
 
 また、林陽子委員長をはじめ、委員の方々ともご挨拶させていただき、直接沖縄の女性問題について訴えました。
 
f0150886_1255466.jpg

 
f0150886_1301932.jpg

 
f0150886_12561754.jpg

 
 今回の審査は、日本政府が女性問題を軽視し、改善に対してさらに後ろ向きとなったことが如実に表れました。委員会からは、09年の勧告以上に厳しいものが出されることを期待しています。
 

 
[PR]

by itokazu-keiko | 2016-02-23 16:27 | Comments(0)

1/19 外交防衛委員会で質問しました

 1月19日、外交防衛委員会において、①1月12日の衆議院予算委員会の安倍晋三首相答弁について、②オスプレイ訓練場の佐賀県移転撤回について質問しました。

f0150886_13202326.jpg

 12日の衆議院予算委員会にて、安倍首相は、「安全保障に関わることは国全体で決めることだ。一地域の選挙で決定するものではない」と答弁したことを受け、大臣に見解を求めたところ、中谷防衛大臣は「国の安全保障政策は、選挙の結果も含め内外の諸情勢を総合的に勘案し、政府が責任を持って判断するべきこと」と述べました。
 
f0150886_13301586.jpg

 続いて、昨年10月に中谷防衛大臣が米軍普天間飛行場に配備されたMV22オスプレイの佐賀への訓練移転計画を地元の反対を理由に撤回したことについて質問しました。沖縄からの長年にわたる基地反対の声は、まったく受け入れないにもかかわらず、沖縄県以外からの反対には迅速に対応する政府の態度は矛盾していることを指摘したところ、中谷防衛大臣は「佐賀は、あくまで自衛隊のオスプレイ配備であり、日本国内の問題である。一方普天間のオスプレイは、日米安保条約の下米軍基地に配備された。両者は性格が異なり、沖縄を差別しているわけではない」と答弁しました。
 沖縄でのオスプレイの配備は、地元の了解が得られていないにもかかわらず強行されており、基地問題から派生する多くの問題によって県民は苦しめられてきました。沖縄でのオスプレイ配備も即時撤回すべきであるということを改めて強く主張しました。
 
 この詳細は、近日中に参議院HPにて公開されますので、ご覧下さい。
 http://www.sangiin.go.jp/
[PR]

by itokazu-keiko | 2016-01-21 14:58 | Comments(0)

9/10 外交防衛委員会で質問しました

 9月10日の外交防衛委員会において、①辺野古集中協議と基地問題について、②在外被爆者について質問しました。
 
 
f0150886_140289.jpg

 
 
 
 先日終了した辺野古新基地建設に関する一ヶ月協議が決裂したことから、政府が沖縄県民の思いを踏みにじる姿勢を厳しく批判しました。
  
f0150886_1664973.jpg


 
 また、最高裁判所で、在外被爆者が日本国外で医療を受けた場合でも被爆者援護法が適用されることになりましたが、在外被爆者の中には未だ救済されない人がいます。それを指摘した上で、広島出身の岸田外務大臣の見解を伺いました。どこにいても被爆者は被爆者です。全ての方々が1日も早く救済されるよう、今後も政府に働きかけていきます。

 
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-09-11 17:34 | Comments(0)

8/27 外交防衛委員会にて質問しました。

8月27日の外交防衛委員会において、①米軍普天間飛行場の名護市辺野古への新基地建設の移設作業の中断(1ヶ月協議)、②はえ縄切断、③米軍ヘリ墜落事故について質問しました。
 
 
 
f0150886_945631.jpg

 
 
 
辺野古1ヶ月協議についての議事録は作成しているかを質問したところ、政府は「今回の協議沖縄県と政府がで闊達な議論を行って、胸襟を開いてお話をするということで設定されたものである。現在のところ議事録は作っていない。」と答弁しました。今回の対応は、国民の知る権利、情報公開法、条例の精神、行政の説明責任に反しています。議事録を残すよう、強く要望しました。
 
  
続いて、はえ縄切断について事実関係及び経緯について訪ねると、政府からは「米軍に事実関係を照会中」との返答がありました。
 
 
f0150886_9224795.jpg

 
 
また、米側からどのような報告を受け、事実確認をされたのか、中谷防衛大臣に、説明を求めました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-09-01 09:57 | Comments(0)

支部事務所開き情報

皆様 こんにちは 後援会スタッフからお知らせです。

参議院選挙に向けて各支部の事務所開きが県内各地で始まっています。

是非、近隣の皆様、お気軽にお立ち寄り下さいませ。

少しのお時間でも構いません。皆さまのお越しをお待ちしております。


 ***日程***

 ◎本部町支部事務所開き  
   日時:6月20日(木曜日)19:30~ 
   場所:大浜863

 ◎南風原支部事務所開き
   
日時:6月29日(土曜日)19:30~
   場所:兼城交差点より新川向け200メートル右手

 

f0150886_16161335.jpg

 先日の桃原ハーリー会場にて青年会の皆様とパチリ
[PR]

by itokazu-keiko | 2013-06-18 16:18 | Comments(0)