うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:報道( 614 )


「沖縄の風」どこまで

○…参院選当選の激励会に出席した伊波洋一参院議員(沖縄の風)。中高時代の恩師らも駆け付け「新しい風、素晴らしい沖縄を作り上げたい」と気持ちを新たにした。県議に初当選したのが1996年で、ことしは政治活動20年の節目でもある。「沖縄の未来をスタートさせる一番の障害が基地負担だ」と、長年取り組んできた基地解決も改めて誓った。糸数慶子参院議員と共に会派名にした「沖縄の風」は国政にどもまで吹き込むか。
[PR]

by itokazu-keiko | 2016-09-04 09:45 | 報道 | Comments(0)

沖繩ゾンタクラブの活動について

 女性の地位向上と社会奉仕を目的に活動する沖縄ゾンタクラブ(糸数慶子会長)は24日、熊本地震の義援金として10万円を沖縄タイムス社に託した。
 糸数会長は「日頃のチャリティー活動で集めた収益金を熊本のために使ってほしい」。熊本出身で同団体理事の仲村智子さんは「沖縄のユイマール精神に感謝している。1日も早い復興を願っている」と話した。(沖縄タイムス2016年8月25日)

 女性の地位向上とボランティア活動に取り組む沖縄ゾンタクラブ(糸数慶子会長)が24日、熊本地震の義援金10万円を琉球新報社に託した。糸数会長は「被災地の方々のために生かしてほしい」と話した。
 同会は6月の総会で糸数さんを新会長に選任した。任期は2年。糸数会長は「地域の課題を少しでも支援できる会にししたい。会員も増やしていく」と述べた。同会の問い合わせは事務局☎︎098-886-5070(琉球新報2016年8月31日)
f0150886_13305511.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2016-08-31 13:31 | 報道 | Comments(0)

参院外防委 県関係議員の質疑

24日の参院外交防衛委員会、衆院安全保障委員会で、米軍属女性死体遺棄事件を巡る県関係国会議員の主なやりとりは次の通り。
【参院外交防衛委員会】
糸数慶子氏(無所属)
「リバティー制度が全く機能していない。今回の事件はリバティー制度でも防ぎきれなかった」
中谷元・防衛相
「軍属によって極めて残忍凶悪な事件が起きたことに当たり、今後は軍人のみならず軍属の事件事故、再発防止策を強化しなければならない」
(2016年5月25日 琉球新報 7面)
[PR]

by itokazu-keiko | 2016-05-25 09:50 | 報道 | Comments(0)

2分に全力

〇・・・2月中旬にジュネーブで開かれる国連女性差別撤廃委員会のメンバーに米軍基地と女性の人権状況について説明する糸数慶子参院議員(無所属)。同委員会の日本政府報告書審査を前に、日本女性差別撤廃条約NGOネットワークの1人として発言する。「いかに女性の人権が侵害されているか。世界に伝えたい」と語る。性暴力や貧困などの沖縄の諸問題の根っこには米軍基地の存在があることを説明する予定だ。発言は2分間。短い時間に全力を注ぎこむ。(東京)
(2016年1月27日 琉球新報 記者席)
[PR]

by itokazu-keiko | 2016-01-28 09:58 | 報道 | Comments(0)

重病説に「生きている」

○…名護市辺野古の新基地建設問題について、ことし県外や国外で約50回の講演をした糸数慶子参院議員(無所属)。情勢が緊迫する一方、地殻変動のように起きた「オール沖縄」勢力の誕生もあり、昨年より講演依頼が急増し、問題への関心の高まりを実感しているという。ただ“遠征”のため地元沖縄で開かれる集会などには欠席がちで重病説まで流れているとか。「そろそろ、ちゃんと生きていると記者会見しないといけないかね」と苦笑い。(2015年12月18日 琉球新報 記者席)
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-12-18 13:48 | 報道 | Comments(0)

政府は沖縄蔑視

知事の承認取り消しの正当性は明白であり、国の提訴は地方自治を破壊する行為だ。民意を無視し、強権的な政府の姿勢は沖縄蔑視そのもの。知事とともに県民は民主主義と地方自治を手にするまで全力で闘う。

※「琉球新報」「沖縄タイムス」2015年11月18日 辺野古新基地建設問題で、国が沖縄県を提訴したことについてのコメント

[PR]

by itokazu-keiko | 2015-11-18 09:49 | 報道 | Comments(0)

刑務所 英国式に感心

○…渡英して刑務所を視察した糸数慶子参院議員(無所属)。受刑者の人権保護のため、王立視察委員会の抜き打ち調査に同行した。「受刑者の待遇や、社会復帰への自立支援プログラムなどのチェックが厳格に行われている」と指摘。「日本も同様の制度があるが委員の報酬が十分でなく、型通りの調査になっている」と改善を促す考えだ。滞在中は晴天続きだったが、ラグビー日本代表は現地でスコットランドに敗戦。「晴れ女」と「勝利の女神」のダブル襲名を逃したのが唯一の心残り?

※「沖縄タイムス」2015年10月 21日「記者のメモ」

[PR]

by itokazu-keiko | 2015-10-21 10:42 | 報道 | Comments(0)

先駆者

〇・・・国会議員活動10周年記念の政治資金パーティーを開いた糸数慶子参院議員(無所属)。初当選から野党共闘の候補として当選してきたことについて、赤嶺政賢衆院議員からいつも「今はオール沖縄が当たり前だが、君が先駆者だよ」と激励されているそう。「弱い者でもまとまって力を発揮すれば、どんなことでもできる。そのことを胸に刻み、国会活動に励みたい」と誓った。最近は国会でも野党連携に取り組んでいるようで、全国でも野党共闘の先駆者となれるか。

※「琉球新報」2015年10月6日「記者席」
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-10-06 10:04 | 報道 | Comments(0)

先住民差別続けるのか

 昨夏の国連差別撤廃委で「辺野古建設は人権無視」と熱弁を振るった沖縄選出の糸数慶子参議院議員も「戦後、米軍の統治下で土地を強制的に奪われたばかりか、車にひかれて殺されても、女性がレイプされても住民の権利は守られなかった。本土復帰後も沖縄の人権は踏みにじられた」と嘆く。翁長知事の国連演説にまともに取り合わない政府には「県民が繰り返し選挙で辺野古新基地建設に反対しているのに、民意に反して工事を進めようとしている政府の姿勢は人権侵害の最たるもの」と憤る。

※「東京新聞」2015年9月25日 こちら特報部

[PR]

by itokazu-keiko | 2015-09-26 09:44 | 報道 | Comments(0)

自公政権を退陣へ

戦後最悪の違憲法案を強行採決した安倍政権に強く抗議する。国民はこの暴挙を決して忘れない。憲法を踏みにじり民主主義を破壊する自公政権を必ず退陣に追い込み、戦争法を葬るために全力で闘う。

※「沖縄タイムス」2015年9月20日 安保法案成立にあたってのコメント


[PR]

by itokazu-keiko | 2015-09-20 15:09 | 報道 | Comments(0)