うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


国会の「平和ガイド」へ

f0150886_15484977.jpg

 
 『女性情報』2008年12月号(12月23日発行)の「連載がんばれ女性議員 政治を変える女たち」のコーナーに糸数慶子が「国会の『平和ガイド』へ」と題して取り上げられています。

 『女性情報』はパド・ウィメンズ・オフィスの発行。』(A4版 242ページ、定価3780円)
 (TEL03-3340-0350 FAX03-3340-0352)

国会の「平和ガイド」へ  参議院議員・糸数 慶子

 2004年7月、参院沖縄選挙区に全国唯一の野党共闘で臨み、初当選しました。キャッチフレーズは「平和の一議席」でした。米国に追従して日米軍事同盟の維持、強化をすすめる小泉政権に対し、沖縄から「平和の尊さ」を訴えました。
 参議院議員として一歩を踏み出して間もなくの8月13日、沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学構内に米軍のヘリが墜落します。その時も米軍への抗議の途中でした。米軍機からの落下物が民間地域の住宅の庭先で見つかったため米軍をはじめ防衛省や外務省などの出先機関への「安全性の確保や県民の生命、財産を守る」立場での抗議行動の途中でした。
 ヘリ墜落の一報を受け、直ちに現場の沖縄国際大学に向かうと、すでに米軍側が事故現場を「封鎖」し、沖縄県警でさえ現場検証を行えない状況にありました。付近一帯の被害状況を調査したのですが、アパートの一室ではヘリの破片が部屋のふすまを突き破っていました。その部屋には乳幼児が寝ていたのです。基地と隣り合わせの住民がいかに危険にさらされているか、あらためて実感しました。
 「沖縄から日本がよく見える」ということばが使われます。沖縄で日常的に起こっているものごとが日本という国を映し出しているのです。日常的に米軍の事件、事故が起こる。その処理となると、安保条約の「日米地位協定」が阻む。米軍人や軍属、その家族の地位を最優先に考え、不利になるようなことは一切、取り合わない。そのうえ、日本政府が米軍の意向に添ってものごとを判断するのです。県民は「平和憲法」の下に復帰しましたが、今なお、犠牲を強いられているのです。
 国会では「財政金融委員会」に属しました。沖縄の抱える様々な問題を取り上げる委員会、例えば外交防衛委員会であるとか、沖縄及び北方問題特別委員会を望んでいたのですが、無所属に割り当てられたのは空席の委員会で、抽選によるものでした。しかし、どの委員会であれ、沖縄のことを訴えて質疑する。その決意のもとに、どんなにわずかな質問時間でも必ず沖縄を取り上げる。いつしか財政金融委員会では、「沖縄の質疑あり」と認知されるまでになりました。粘り勝ちだと思っています。
 2年後の06年11月、野党共闘の候補に推され県知事選挙に臨みました。敗れはしましたが、県民の「平和でゆたかな沖縄」を願う思いと、日本政府の沖縄政策への不満、特に効果の上がらない沖縄振興計画への不信感を肌で感じました。200万円前後の全国一低い県民所得、10%前後で推移する全国一高い失業率、全国土の0・6%しかない沖縄に在日米軍基地の75%が集中する実態、「なんとかしなければ…」との決意が07年7月の参院選挙への再出馬でした。そして県民の良識が花開きました。
 今、内閣委員会に属しています。もちろん、沖縄に固執して質疑を交わしています。その間に起こった様々な課題や問題を放置するわけにはいかないからです。沖縄県名護市の辺野古への新基地建設問題は、在日米軍の再編と絡んで着々と進行しています。沖縄基地の恒久化をもくろむものであり、なんとしても阻止しなければなりません。そしてジュゴンやサンゴなどを守る自然環境の保全の観点からも基地建設を許すわけにはいきません。            
 そして教科書問題もあります。これまで高校の歴史教科書では、「集団自決」(強制集団死)が軍の強制、命令、誘導によって起こったと記述されていました。08年度版の検定意見では「軍の強制や命令という記述は誤解を招く」として記述を削除させたのです。沖縄戦の史実をわい曲する検定意見に対し、07年9月30日に県民大会を開催、いまなお検定意見の撤回を求める運動を続けています。
 新基地建設や教科書問題、これらの事象を通して見えてくるものはこの国が「戦争のできる国」へと歩んでいることです。平和を求める沖縄県民の心を国政に発信し続け、「平和ガイド」の役割を担っていきます。
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-25 16:01 | 報道 | Comments(0)

沖縄の心からの叫びが聞こえる

    『沖縄戦と平和ガイド』 糸数慶子 著
 参議院議員の著者は、戦後沖縄本島読谷村に生まれた。そこは沖縄戦での激戦地。母親は逃げ込んだ山中で著者の兄と姉に当たる幼児2人を亡くしたが、生前はその体験を語らなかった。
 著者は、高校卒業後地元のバスガイドとなり、「戦死者たちはお国のために勇敢に戦って最後を遂げた」という「殉国美談」でガイドをしていたが、事実とはちがうことに気づき、真実を語る「平和バスガイド」を実行。
 かつては本土決戦を防ぐための捨て石にされ、戦後も63年間、米兵による性暴力事件、騒音や事故の危険、自然破壊、海洋汚染など、米軍基地の被害を一身に受けてきた沖縄の、心の底からの叫びが聞こえる。

 ※「世界へ未来へ 9条連ニュース」2008年12月20日NO168号「案内板」に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-25 11:20 | 報道 | Comments(0)

辺野古に基地造るな-市民投票11周年

f0150886_14242927.jpg

 12月20日、辺野古新基地建設反対の座り込みに参加しました。早朝、おじいおばあたちと一緒に、海に向って、基地建設反対運動の安全祈願をしました(写真)。
 この日は、名護市への米軍普天間飛行場移設の是非を問う市民投票の11周年を記念して、海上パレードも行われました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-21 14:23 | 活動日誌 | Comments(0)

熱心に聞いてくれた学生たち-明治大学生と懇談

f0150886_16252463.jpg

 12月19日の午後、参議院会館の会議室で、明治大学の西川伸一先生のゼミ生23名と急きょ懇談会を行いました。マンガ「平和の風」をテキストに、わたしの平和ガイドの経験、沖縄戦の「強制集団死」が教科書検定問題となって出てきていることなど、約50分お話をし、質疑応答を行いました。
 沖縄の現状と課題について、沖縄の学生以上に皆さん熱心に聞いてくれました。いくつかまじめな質問もいただき、とてもうれしく思いました。そして皆さんから新たな元気をいただきました。
f0150886_162634100.jpg

            終了後、全員で記念撮影
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-20 16:24 | 活動日誌 | Comments(0)

旧軍飛行場用地-予算措置を要請

f0150886_1213359.jpg

【東京】下地幹郎衆院議員(国民新)と糸数慶子参院議員(無所属)は19日、内閣府と財務省を訪れ、旧軍飛行場問題に関する来年度予算を「特別枠」で措置するよう要請した。
 政府は同予算を沖縄特別振興調整費(50億円)に盛り込む方針で、応対した柴田雅人内閣府審議官は「県から上がってきたものに対応しているだけだ」と述べるにとどめたという。
 下地、糸数両氏は、照屋寛徳氏、喜納昌吉氏、山内徳信氏の5人連名の要請書を提出した。

※「沖縄タイムス」2008年12月20日付け朝刊に掲載
  財務省では川嶋真主計官に要請(写真上)
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-20 12:00 | 報道 | Comments(0)

特別支援教育が大切

f0150886_1342368.jpg

 12月16日、土岐篤史先生(県立南部医療センター・こども医療センター、こころ診療科 小児精神科部長)をお招きして、特別支援教育が必要な子どもたち――沖縄県内の現状と課題についてお話をしていただきました。
 乳幼児の頃に専門医療を受け、診療指導の結果、通常学級でも学べる子がいること。赤ちゃんの時に行政が支援していないために学齢期になって大変な状況になっている現状。
 学力全国最下位について憂慮しつつも、学力向上の前に、発育障害や学習の遅れに対する対策など、特別支援教育の大切さを学びました。
 いま、こども病院を含めた県立6病院の独立行政法人化が検討されていますが、公的医療の質をどう確保すべきかの議論が大事だと思いました。
 
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-17 13:44 | 活動日誌 | Comments(0)

フィンランド教育ツアーへの参加呼びかけ

f0150886_9472582.jpg

f0150886_11482468.jpg


 12月14日、ラジオ沖縄の番組に急遽出演し、年明け2月のフィンランド教育視察ツアーについて宣伝をさせていただきました。(右はパーソナリティの森田弘美さん)

f0150886_9504888.jpg

 12月15日、フィンランド教育視察ツアーの最終説明会を沖教組会館で行いました。

f0150886_9564550.jpg

 14日、下地ミキオ(国民新党衆院沖縄1区予定候補・民主推薦)さんの激励パーティに出席。
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-17 10:00 | フォトレポート | Comments(0)

ブックレットが好評-『沖縄戦と平和ガイド』

f0150886_11103635.jpg
 歌が大好きだった沖縄の少女は音楽の先生をめざしたが果たせず、「バスガイドになれば楽しく歌える」という友達の誘いでバス会社に就職した。その頃、本土から戦没者の遺族が慰霊の旅として沖縄を訪れ、観光は重要な産業になっていた。
 バスガイドは沖縄戦を殉国美談に仕立てあげ、遺族たちに「みごとな最期を遂げた」と納得して帰ってもらうことが求められた。
 だが、「それはおかしいんではないか。住民側の視点で語るべきではないか」という批判が起き、「もう一つの戦跡めぐり」をめざして勉強会が始まり、やがて「平和バスガイド」が誕生した。
 その先駆けとなったのが、かつての音楽の先生をめざした歌の好きな少女、糸数慶子さんだ。
 平和バスガイドから県会議員、そして参議院議員へと活動の場を広げ、大きく飛躍させた糸数さんだが、原点は沖縄本島に最初に米軍が上陸した読谷村。糸数さんは読谷村で生まれ、育った。
 そうした糸数さんの半生と沖縄戦の真実、そして米軍基地が島を覆い、基地の中にある沖縄の現実をわかりやすくコンパクトにまとめたのが、ブックレット『沖縄戦と平和ガイド』である。
 『沖縄戦と平和ガイド』は「殉国美談をこえて」、「沖縄戦の事実と真実」「軍隊と戦争を美化する教科書改ざん」「へいわにがてぃ」の4つの章から成り、A4判94ページ税込価格は800円/10冊以上は700円(送料別)。発行は資料センター本郷。
 申込みは糸数慶子さんの国会事務所 03(3508)8609、FAX03(5512)2609まで。

※「週刊新社会」2008年12月16日付け7面に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-16 11:06 | 報道 | Comments(0)

カジノ導入ありきを危惧-目先の利益で禍根残すな

 今、私たちの美ら島にギャンブル化の波が押し寄せようとしています。
 以前から経済団体の中には、今後の沖縄経済の振興のため、観光振興のため、「カジノ」を柱とする「ゲーミング」の検討を、という声があり、私たちはこのことを重大な問題として受け止め議論の行方に大きな関心を寄せてきました。
 仲井真弘多知事は「観光客1千万人誘致」の推進力として、カジノ導入を意図し、検討委員会を立ち上げ、2007年度は関連予算を660万円、08年度は1,410万円に倍増し、導入ありきの先進地視察やシンポジウムの開催を予定しています。
 一方、国会においては01年から自民党若手議員を中心とした勉強会がスタートし、08年2月には与党政策責任者会議でカジノ合法化に向けた「基本方針」を決定し、公明党に提示しています。民主党は「娯楽産業健全育成研究会」を発足させ検討をはじめています。
 カジノはどう考えてもギャンブルであり、刑法第185条、186条で明確に禁止された賭博罪であり、犯罪です。カジノの合法化には共産・社民両党が反対または慎重姿勢をとっています。
 このような違法行為を振興事業として、特別立法で解禁し、沖縄に導入しようとすることに大きな疑問と危惧の念を抱かざるを得ません。これまで私たち「カジノ問題を考える女たちの会」は何度もシンポジウムや報告会を開催してきました。参加者の中には「県民的合意が得られていない中、すぐ金になるから、との理由でカジノを導入するのはあまりにも短絡的過ぎはしないか」「議論を聞いて反対に変わった」との声が上がっています。これが良識ある県民の声だと思います。
 ご承知のように、今でさえ、私たちを取り巻く社会環境は良好とは言えません。後を絶たない米軍人・軍属による犯罪、児童買春禁止法や青少年保護条例法違反者の続発等、未成年者を巻き込んだ事件が発生しています。これ以上の環境悪化はゴメンだというのが常識だと思うのです。しかし、この「常識」は残念ながら、いまだ県民の間で共通認識にまでは至っていません。
 今までカジノが実現しなかった理由の①違法性②倫理的抵抗感③経済破綻④犯罪や治安維持、依存症対策などについて、県民の徹底的な議論が必要です。県民が政策を選択するときに重要なのは、どのような未来社会を目指すかという方向性だと思います。
 目先の利益のために、将来に禍根を残す選択ではなく、未来に夢の描ける選択をしようではありませんか。       
                      (カジノ問題を考える女たちの会共同代表) 糸数 慶子

※「琉球新報」2008年12月14日付け朝刊「論壇」に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-14 10:26 | 報道 | Comments(0)

玉城デニー・とう山勝利さんを激励

f0150886_1845484.jpg

f0150886_1852698.jpg

 12月5日、玉城デニー(民主党衆院沖縄3区予定候補)さんの激励パーティに参加。

f0150886_186259.jpg

 12月6日、第439回沖縄大学土曜教養講座「カジノは沖縄に何をもたらすのか」にパネラーとして参加し、国会の動き、マカオの視察報告を行いました。

f0150886_187784.jpg

 12月7日、とう山勝利(社大党書記長・浦添市議予定候補)さんの事務所開きに出席。
[PR]

by itokazu-keiko | 2008-12-08 18:17 | フォトレポート | Comments(0)