うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


団塊フェスティバルで校歌を歌う

f0150886_1885363.jpg
 忙中閑あり。3月15日、第3回団塊フェスティバルの「校歌祭」に参加しました。久しぶりの同級生(読谷高校16~20期生)と再会し、気分は( )十年前の高校生に逆戻り。
f0150886_1875552.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2009-03-16 18:14 | フォトレポート | Comments(0)

県民の声政府に届けて

○…「沖縄の切実な声を積極的に政府に届けてほしい」と強調するのは糸数慶子参院議員(無所属)。新嘉手納爆音訴訟の控訴審判決を受けた原告団の要請行動に同行したが、沖縄防衛局や外務省沖縄事務所の腰の引けた対応に不満げな様子。「沖縄に駐在しているのだから、騒音被害も肌感覚で受け止めてほしい。県民の命を守るために毅然とした態度を」と厳しい言葉を続け、奮起に期待。(東京)

※「沖縄タイムス」2009年 3月15日、「記者のメモ」に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-03-16 16:58 | 報道 | Comments(0)

青春時代に・・・読谷高校が国会見学

f0150886_17572212.jpg

 3月13日、わが母校読谷高校の恒例の修学旅行で国会を案内しました。なんと60期生(ちなみに私は16期生)の後輩たち。私にもこういうセーラー服時代があったのです。改めて青春時代に戻りたい心境でした。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-03-13 17:55 | フォトレポート | Comments(0)

発達障害支援先進地に学ぶ―鹿児島県伊佐市の活動から


f0150886_1626679.jpg

発達障害支援先進地に学ぶ~鹿児島県伊佐市の活動から~

日時  3月20日(金) 午後7時~9時
場所  ニライセンター地下会議室

報告者  糸数 慶子(参議院議員) 玉那覇 淑子(北谷町議)
       伊敷 郁子(糸満市議)   上地 利枝子(読谷村議)
コメンテーター       
       土岐 篤史(沖縄県立南部医療センター・こども医療センター小児精神科部長)

報告内容:県内各市町村の発達障害支援の現状・課題と、09年1月に視察した発達障害支援先進地である鹿児島県伊佐市の発達障害をサポートする体制・活動状況を報告。

主催:発達支援をサポートする会 TEL:835-4670 FAX:835-4672
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-03-12 16:35 | 催し物 | Comments(0)

医療の場に笑いを―沖大土曜講座

f0150886_10175491.jpg
笑いで難病の子どもたちの成長を支援する臨床道化師の塚原成幸さん

 難病の子支援で講演―臨床道化師の塚原成幸さん
 第441回沖縄大学土曜教養講座(同大学地域研究所主催)が2月28日、那覇市国場の沖縄大学で開かれた。臨床道化師の塚原成幸さん=長野県=が「笑顔は人を幸せにする―臨床道化師の視点」と題して講演。医療関係者や医療福祉を学ぶ学生ら約百人が参加し、医療の場での笑いの大事さを学んだ。
 臨床道化師は笑いとユーモアで病院に長期療養する子どもたちを笑顔にする仕事で、映画「パッチ・アダムス」で俳優のロビン・ウィリアムスがその役を演じた。海外では病院のクリニックと道化師のクラウンをとって「クリニクラウン」と呼ばれる。
 塚原さんは「難病などで長期入院する子どもたちの成長と発達を応援することがクリニクラウンの仕事」として「遊び、新鮮な出会いと発見、家族や友達などの社会的環境をつくることが大事」と役割について語った。臨床道化師が子どもたちの前でおどけた表情を見せても「医療の知識や、今はどのような状況なのかをすぐに把握できなければ務まらない」とも述べた。
 糸数慶子参議院議員がオランダで視察したクリニクラウンの様子を「子どもたちを笑顔にする活動を市民の多額のカンパにより運営していた」と報告し「理解が広がっている」と述べた。

f0150886_10195235.jpg
笑いの重要性を考える参加者=2月28日、那覇市国場の沖縄大学

※「琉球新報」2009年 3月2日付け23面に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-03-02 10:48 | 報道 | Comments(0)

県立病院独法化に反対 / クリニクラウンで報告

f0150886_11283857.jpg
2月26日(木)、「県立病院の地方独立行政法人化に反対する署名」について県庁記者クラブで記者会見を行いました。
f0150886_1129280.jpg
 記者会見後、パレット久茂地前にてさっそく署名活動にとりくみました。

f0150886_113755.jpg
 2月28日(土)、第441回沖縄大学土曜教養講座で、昨年オランダのクリニクラウン財団を訪問し、臨床道化師の現状と役割を学んだことを報告しました。

f0150886_11344374.jpg
 沖大土曜講座で講演した臨床道化師の塚原成幸(しげゆき)さんと一緒に、赤鼻を付け気分はすっかりクリニクラウンです。

f0150886_1222410.jpg
 28日、与那原町議・上原りえこさんの事務所開きであいさつしました。

f0150886_11442896.jpg
 3月1日(日)、はっぴぃバルーン講演会の開始前に、「県立病院の独立行政法人化に反対する署名」について参加者に呼びかけました。土岐篤史先生の「気になる子の早期発見・早期治療と特別支援教育」と題する講演(主催・NPOはっぴぃバルーン)
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-03-01 11:25 | フォトレポート | Comments(0)