うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


県選出議員らとグアム知事会談―移転受け入れ現状話す

f0150886_14215552.jpg
         右から3人目がカマチョ知事
 
 来沖中のグアムのフェリックス・カマチョ知事は27日、宜野湾市内で下地幹郎衆院議員(国民新)、糸数慶子参院議員(無所属)、大田昌秀前参院議員と意見交換した。在沖米海兵隊の移転を含むグアム軍事統合計画についてカマチョ知事は、受け入れるインフラ整備の不十分さを指摘した上で「機会があれば、日本の国会でグアムの現状を説明したい」と述べた。
 また、島内の道路整備に関する米国政府の予算措置を説明したが、「大規模な移転なので、島に与える影響は非常に大きい。島民の70%以上は受け入れに賛成だが、移転を成功させるためには軍だけでなく島全体への財政支援が大事だ」と述べ、オバマ政権に引き続き支援を求める考えを示した。

※「沖縄タイムス」2009年6月28日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-28 14:20 | 報道 | Comments(0)

伊波ひできと語る集い

f0150886_1354219.jpg

   照屋りんけんさんと、那覇市議予定候補の伊波ひできさんと共に

6月25日、伊波ひできと語る集いで、伊波ひできさんの必勝を訴えました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-26 13:55 | フォトレポート | Comments(0)

「日本国憲法」の原本―国立公文書館を視察

f0150886_1763333.jpg

 6月25日(木)、内閣委員会理事会、委員会の後「国立公文書館」の視察に行きました。

 公文書館では、菊池館長から公文書館の概況説明を伺ったのち、館内を視察しました。
 国立公文書館は、国の機関で作成された膨大な公文書の中から、歴史資料として重要なものを選んで保存し、一般に公開して利用して頂く施設です。保存されている公文書は、我が国のあゆみを公正に伝えるための国民共有の財産です。
 古文書の修復はじめ、保存の状況を職員の方々に説明をしていただきましたが、その仕事ぶりには心から敬意を表します。
 江戸時代の古文書もさることながら、「日本国憲法」の原本を見せて頂いた時は、身体がふるえました。

 「国民の知る権利」や、「後世への説明責任」に応えると同時に、日本の歴史を正しく理解し、平和な未来の在り方に資するためにも、日本の国政にこの公文書を活かしていけるようサポートしていきたいと思いました。
f0150886_1783022.jpg
   修復室で修復状況の説明を受ける。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-25 17:05 | 活動日誌 | Comments(0)

ワジワジー倍増

 ○…「本土で『慰霊の日』はまだ市民権を得ていない」と憤る糸数慶子参院議員(無所属)。質問に立つ内閣委員会が18日から23日に変更され、期日変更を求めたが認められず、正午には委員会室を抜け出し黙とうを捧げた。怒りも手伝ってか、公文書管理法案の審議ではいつになく厳しい口調。徹底した公文書管理で答弁を引き出したが「不存在」とする復帰前の密約では「煮え切らない態度」だと強調。「ワジワジーが収まらない」と怒り倍増。

※「琉球新報」2009年6月24日付け「記者席」に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-24 19:03 | 報道 | Comments(0)

米兵事件の資料 協議応じ開示も 政府

 【東京】法務省の甲斐行夫審議官は23日の参院内閣委員会で、米兵事件処理の刑事裁判権に関する同省資料が一部非開示となっていることについて「外務省と米側の協議結果に応じて、国会図書館に必要な申し入れ措置を取りたい」と述べ、協議次第で開示もあり得る姿勢を示唆した。
 小渕優子公文書管理担当相は、保存の在り方について「作成文書がいつまで保存、管理されるべきか各省庁で判断が任され、(文書の存否が)大変不明確だった」と指摘した。糸数慶子氏(無所属)に答えた。
 文書廃棄には首相の同意が要るなど保存体制を強め、ルール化した公文書管理法案が同日、可決された。

※「沖縄タイムス」2009年6月24日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-24 19:01 | 報道 | Comments(0)

密約外交・うその連鎖断ち切れ―公文書管理法で質問

f0150886_18194089.jpg
  6月23日、内閣委員会で「公文書管理法案」について質問しました。①小渕大臣に歴史公文書の保存について、②外務省に「秘」と「極秘」の範囲、「地位協定の考え方」の不開示理由について、③修正案提案者の枝野衆院議員に、「不存在」公文書の調査、公文書管理委員会の役割について見解を求めました。
 沖縄返還協定時の「密約」を政府は「不存在」であるという立場をとり続けていますが、16日に行われた東京地裁の密約開示請求裁判第1回公判では、裁判長は「米国立公文書館にあるものが我が国にない合理的理由を、政府は明らかにせよ」と述べています。
 過去の歴史文書の保管について問題は残るとはいえ、「密約外交―うその連鎖」を断ち切るためにも、今回の公文書管理法案の成立は意義深いものがあります。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-24 18:22 | 活動日誌 | Comments(0)

ドクターヘリ・ホームレス支援で江田議長に要請

f0150886_1833568.jpg
   6月22日(月)、23日の沖縄全戦没者追悼式に出席するため来沖した江田五月参議院議長に、MESHサポートの小濱正博代表と森川康雄事務局長がドクターヘリ問題で要請を行いました。

f0150886_18114264.jpg
  6月22日(月)、江田五月参議院議長にNPO法人プロミスキーパーズ(右端から新垣博正事務局長、新里翼さん、山内昌良代表)がホームレス支援問題で要請を行いました。

f0150886_1814148.jpg
   6月22日(月)、「琉球料理乃山本彩香」で江田五月参院議長を囲む会を開きました。皆でゴーヤジュースで乾杯。沖縄でも人気の高い江田さんと懇談しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-23 18:18 | フォトレポート | Comments(0)

那覇市議選・社大4名の必勝めざす

f0150886_146519.jpg

f0150886_1472384.jpg

 6月20日(土)、社大党で那覇市議選挙の勝利をめざす演説会を新都心で行いました。ひがけんじろう、平良さとこ、タイラマサクニ、伊波ひできの各予定候補も参加し必勝を誓い合いました。

f0150886_14134864.jpg
     6月21日(日)、タイラマサクニ那覇市議選予定候補の応援の街頭宣伝を行いました。

f0150886_14171192.jpg
   6月18日(木)、平良さとこ那覇市議の必勝総決起大会に参加し、二期目をめざす平良さとこさんへの支持を訴えました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-23 14:22 | フォトレポート | Comments(0)

MESHサポート 参院議長に要請

 特定非営利法人(NPO法人)MESHサポートの小濱正博理事長と糸数慶子参院議員は22日夕、江田五月参院議長を市内のホテルに訪ね、民間で行う救急ヘリ事業への助成枠設置に向けた法改正に協力を求めた。江田氏は「要望を実現させるための方法はあるはずだ」と述べた。

※「琉球新報」2009年6月23日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-23 11:25 | 報道 | Comments(0)

ベトナムから米国からお客様

f0150886_17373352.jpg
    6月21日(日)、内閣府NPOクーピーファッションアートグループの稲嶺積さんとベトナムからいらしたキムさん(Nguyen Pham Kim Ngan)が沖縄事務所に来所。連携してベトナムで一緒に仕事をすすめようとお話しました。

f0150886_1744291.jpg
    6月18日(木)、沖縄教育出版川畑社長の息子さんで米国留学中の川畑信介さんと先生のグラハム博士(MR. Graham K. Henning LL.B., Ph.D)が来所。沖縄の観光のあり方と今後の人材育成について有意義なお話ができました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-06-22 17:35 | フォトレポート | Comments(0)