うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


仲宗根県議報告会・少林寺流空手道大会に参加

f0150886_1502245.jpg
   28日(土)、「御万人の思い届けます県政へ」仲宗根サトル県議の「県議会報告会」に参加しました(読谷文化センター)。
f0150886_1503959.jpg
   29日(日)、第36回少林寺流沖縄県空手道選手権大会で竹田忠男会長と一緒に。
f0150886_150537.jpg
    27日(金)、糸満市議伊敷郁子さんの激励会に出席しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-30 15:08 | フォトレポート | Comments(0)

自立目指し新拠点―ホームレス支援・古ホテルを改修

f0150886_14121583.jpg
 28日、プロミスキーパーズの新施設「朝日のあたる家」開所のお祝いをしました(右は山内代表)。

 職業や住まいの提供などを通してホームレスの人々を支援するHPO法人プロミスキーパーズ(山内昌良代表)の新たな拠点となる宿泊施設「朝日のあたる家」がこのほど那覇市曙に開所した。古いホテルを元ホームレスの人たちが改修し、入居可能な70室を確保。すでに20人が生活している。牧師である山内代表は「私たちの教会は世の中の苦しい人を助けたいと走ってきた。多くの協力で二つ目の働き場所が実現した」と喜んだ。
 28日、新たな支援拠点の完成を祝おうと、教会関係者や施設入居者など多くの人が集まった。…国会議員で参加した糸数慶子参議院議員は「世の中に困っている人が多いのは国の政治の貧しさの表れ。同法人の誠実な取り組みに触れ、あらためて国会議員として県民や国民に仕える一人になりたいと決意した」と語った。

※「沖縄タイムス」2009年11月30日付け28面に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-29 14:11 | 報道 | Comments(0)

うるの会と閣僚協議へ 普天間移設/首相が設定意向

f0150886_11185398.jpg
   24日(火)、うるの会で鳩山首相と普天間問題で協議を行いました。

【東京】鳩山由紀夫首相は24日、米軍普天間飛行場の移設先について関係閣僚と県選出、出身の与党国会議員でつくる「うるの会」(会長・喜納昌吉参院議員)との意見交換の場を設ける考えを明らかにした。県外・国外移設の可能性を検証する会議の設置を求めた同会と官邸で面談し、答えた。首相は定期的な会議設置は明言しなかったが「(うるの会と)外相、防衛相、沖縄担当相などとの意見交換や議論は結論を出す前に大いに必要だ」とした。

 同飛行場の移設先について「できる限り新たなものがみつからないか、いくつかの選択肢の下で検証している」と説明。沖縄訪問について「いつの時期になるか確定的なことは決めていないが、沖縄には行きたいと思っている」と前向きな意向を示した。訪問の際は仲井真弘多知事と面談する考えも表明した。

 首相は同日夕、官邸で記者団に平野博文官房長官、岡田克也外相が年内にも沖縄を訪れる予定もあるとした上で「その前に私が参るわけにはいかないと思う」と述べた。

 うるの会は日米閣僚級のワーキング・グループ(WG)で意見を述べたいと要望したが、首相は「WGは日米でやるということになっている。みなさんの思いが伝わる形を責任をもって行う」と困難視した。

 面談後、喜納会長は「SACO合意のころから沖縄は蚊帳(かや)の外に置かれ、今回同じ轍(てつ)を踏まず(沖縄の)声を反映させるよう申し入れた。首相は誠実に対応してくれた」と語った。

※「沖縄タイムス」2009年11月25日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-25 11:24 | 報道 | Comments(0)

糸数参院議員 無所属で活動

社大党三役会議で決定

 社大党(喜納昌春委員長)は24日の三役会議で、同党副委員長の糸数慶子参院議員が当面、無所属で国会活動することを決めた。糸数氏は「県民にとって最重要な普天間問題の解決を目指すために、民主会派入りを検討したが、今はそうした状況にはないと判断した」と述べた。
 前回参院選で推薦した社民、民主、共産などの各党や支援労組に報告するという。

※「沖縄タイムス」2009年11月25日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-25 10:48 | 報道 | Comments(0)

発達支援研究会・がん対策ミーティングに参加

f0150886_17181938.jpg
   21日(土)、第2回沖縄県のがん対策に関するタウンミーティング(宜野湾市)に参加しました。
f0150886_17183162.jpg
   フロアーから参加者として発言しました。
f0150886_17185491.jpg
   22日(日)、「2009年度第5回沖縄発達支援研究会」に参加しました。
 講師の皆さんと、左から土岐篤史先生(鹿児島大学大学院臨床心理学研究科 准教授・児童精神科医)、大迫より子さん(鹿児島子ども療育センター 所長・療育実践家)、満田智子さん(伊佐市役所福祉事務所 子育て支援係長・保健師)
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-23 17:14 | フォトレポート | Comments(0)

那覇港海底トンネルでわくわくウォーク

f0150886_1721071.jpg
   21日(土)、那覇港海底わくわくウォーク(沈埋トンネル一般開放)式典でごあいさつしました。
f0150886_172317.jpg
    関係者の方々や若狭小学校の生徒さんらと一緒にテープカットを行いました。
f0150886_1724865.jpg
   若狭小学校の子どもらと一緒にトンネルの中を歩きました。このトンネルは、自動車専用道になるためこの日と翌日の両日のみが一般開放となりました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-22 16:59 | フォトレポート | Comments(0)

沖縄の待機児童解消へ努力―11・19内閣委

f0150886_16491189.jpg

 11月19日、内閣委員会で、自殺対策と子育て支援について、平野官房長官と福島少子化担当大臣に質問しました。
 沖縄県議会文教厚生委員会の「待機児童の解消に向けた保育所整備や認可外保育園の認可化」の要請について、福島大臣は、「振興予算や基金の活用」などで努力したいと答えました。3党連立合意・普天間移設問題については、「鳩山首相と心を合わせて、沖縄県民の基地負担軽減に努める」ことを表明しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-20 16:50 | 活動日誌 | Comments(0)

伊敷郁子さん・玉城和信さん当選―糸満市議選

f0150886_16351668.jpg
  11月15日(日)、糸満市議会議員選挙で伊敷郁子さんが2期目の当選。

f0150886_16353313.jpg
   同、玉城和信さんは8期目の当選、おめでとうございます。
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-16 16:33 | フォトレポート | Comments(0)

ひき逃げに怒り心頭

f0150886_16393416.jpg
  11月13日(金)、読谷村トリイステーションで行われた「米兵によるひき逃げ死亡事故糾弾・緊急抗議集会」に参加しました。

○…読谷村で発生した米兵が関与したとみられるひき逃げ事件を受け、13日開かれた抗議集会に参加した糸数慶子参院議員(無所属)。生まれ故郷で起きた事件だけに「居ても立ってもいられなかった」と国会会期中にもかかわらず東京から駆け付けた。読谷村では、1965年にも米軍の訓練で村民の命が奪われた。「基地あるが故の悲劇」と怒り心頭で「起訴前の身柄引き渡しを訴える」と来日中のオバマ大統領にも強く抗議したい様子。(読谷)

※「琉球新報」2009年11月14日付け「記者席」に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-14 10:02 | 報道 | Comments(0)

協議避け納得できぬ

【13日に行われた鳩山・オバマの日米首脳会談に対するコメント】

 糸数慶子参院議員(無所属) この日、読谷村では米兵によるひき逃げ死亡事故への怒りの抗議集会があった。県民の犠牲を顧みず「日米同盟の深化」の文言で括り、地位協定の改定や普天間の県外移設の協議を避けたことは納得できない。

※「沖縄タイムス」2009年11月14日付け「県関係国会議員談話」の欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2009-11-14 09:59 | 報道 | Comments(0)