「ほっ」と。キャンペーン

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


「慰安婦」問題の解決めざす市民と議員の集い

f0150886_1751689.jpg
    3月31日(水)、「慰安婦」問題の解決めざす市民と議員の集いに参加し、沖縄でも11日にシンポジウムが持たれ、署名活動に取り組んでいることを報告しました。
f0150886_17512049.jpg
   集いでは、世界から見た日本軍「慰安婦」問題―と題して、シン・ヘボンさん(青山学院大学教授)の講演がありました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-31 17:48 | フォトレポート | Comments(0)

金武町長選・イケハラ勝啓さんの必勝を

f0150886_17124538.jpg
   3月30日(火)、金武町長選挙候補者イケハラ勝啓さんの出発式でごあいさつをしました(投開票日は4月4日)。
f0150886_1713334.jpg
    イケハラ勝啓さんの勝利をめざして、ガンバロー三唱。
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-31 17:11 | フォトレポート | Comments(0)

県内移設反対で女性集会

f0150886_16484433.jpg
  3月26日(金)、「3.26普天間基地の県内移設に反対する女性集会~子どもたちの未来に基地はいらない~」(主催・女性の会)に参加し、国会情勢、鳩山内閣の動きを報告しました。
f0150886_164952.jpg
    参加した多くの仲間の皆さんとともに(教育福祉会館)
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-27 16:46 | フォトレポート | Comments(0)

沖縄戦記述変更を求める 瑞慶覧氏と糸数氏、歴博を視察

f0150886_1629118.jpg

 【千葉】国立歴史民俗博物館(佐倉市)の新展示室「現代」で沖縄戦における「集団自決」(強制集団死)の解説文から日本軍の関与を削除したまま一般公開されている件で、瑞慶覧長敏衆院議員と糸数慶子参院議員は25日午前、同館を視察した。瑞慶覧議員らは「まるで住民が勝手に死んだかのような記述で、沖縄戦の誤ったメッセージに国民に伝えることになる。早急に記述を変更するよう検討願いたい」と求めた。
 対応した同展の責任者、安田常雄同館副館長は「できるだけ早く委員会を開催したいと思っている。いずれにしても早い対応をしたい」と答えた。
※【琉球新報電子版】2010年3月25日に掲載

f0150886_16315358.jpg

※歴博「現代」展示パネル説明文の文案(部分)
【修正前】
「集団自決」
 米軍からの投降の呼びかけを前に、集団自決をはかった人々が数多くいた。その背景には、住民への軍国主義教育や軍人からの指示や命令など、住民の意思決定を左右する戦時下のさまざまな要因があった。
【修正後】(写真上)
「戦場の民間人」
 激しい戦闘で多くの人びとが生命を落としたほか、犠牲者のなかには、戦闘ばかりでなく、「集団自決」に追い込まれた人びともいた。
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-26 16:36 | 報道 | Comments(0)

「太陽と月と」上映―日本国憲法制定の系譜

 3月23日、午後4時、憲政記念館において、「太陽と月と~私たちの憲法の人々の情熱~」と題した映画(福原進監督)が初上映され、私も観てきました。

 1968年、東京経済大学の色川大吉ゼミの調査団が、東京都五日市町(現あきる野市)に歴史調査で訪れたとき、明治期の貴重な憲法草案を発見する。後に地名にちなみ「五日市憲法草案」と名付けられる。また、土佐では自由民権運動が台頭し、「東洋大日本国国憲按(あん)」という憲法草案が運動の中から生まれた。
この二つの草案は明治新政府の弾圧により日の目をみることはなかったが、地下水脈となり、昭和11年、憲法学者の鈴木安蔵に発見され、憲法研究会により独自の憲法草案が作成される。
 その後、GHQのマッカーサー総司令官も、憲法案の作成に着手する。映画では、近年の憲法に対するあらゆる動きや研究によって、日本国憲法が誕生する経緯が詳しく紹介されている。

 一人でも多くの国民が日本国憲法制定の系譜を知り、そのことを伝えることが世界平和につながる、という気持ちが湧いてくる素晴らしい映画です。ぜひ沖縄での上映を実現させ、また全国各地で上映してほしいと思いました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-24 11:57 | 活動日誌 | Comments(0)

フィンランド議員団と懇談

f0150886_13594070.jpg
  3月23日(火)、フィンランド国会法務委員会の議員団一行(ヤニナ・アンデルッソン団長他11名)を迎え、日本フィンランド友好議員連盟(ツルネン・マルティ会長)で歓迎昼食会を開きました。私は沖縄フィンランド協会の活動、フィンランドからの留学生を2ヶ月間、自宅にホームステイしていただいたことなどを紹介しました。
f0150886_13582836.jpg
    参議院議員会館の特別会議室にて
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-23 14:05 | フォトレポート | Comments(0)

カジノ特区導入は困難 枝野行政刷新相

【東京】枝野行政刷新担当相は19日、参院内閣委員会でカジノを特区制度の対象にするかどうかについて「慎重な検討が必要だろうし、仮に認めるにしても地域の相当広範な支持がないとできないことだろう」と述べ、困難だとする認識を示した。糸数慶子氏(無所属)に答えた。
 また、「暴力団や外国人犯罪組織などの関与の可能性、青少年の健全育成への悪影響など、大変重要な法益を守るという観点がある。無秩序に部分的といえ、開放すれば弊害が予想される」とカジノ特区の導入自体に懸念を示した。
 亀井静香金融担当相は、2009年12月16日の記者会見で、沖縄振興策としてカジノ構想を挙げた。仲井真弘多知事は2月18日の県議会2月定例会代表質問で亀井氏の提案を「歓迎すべき提言」と評価している。

※「琉球新報」2009年3月21日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-21 11:05 | 報道 | Comments(0)

ひき逃げは「公務外」認識 中井国家公安委員長

 【東京】中井国家公安委員長は19日午後の参院内閣委員会で、米軍車両ひき逃げ事件に関し「当人が私服であり、酒気帯びであることがわかっている。したがってなかなか公務とは考えにくい」と述べ、日本側に第1次裁判権がある公務外の事件であるとの認識を示唆した。糸数慶子氏(無所属)への答弁。
 中井氏は2009年に発生した在沖米軍の交通事故が178件と明らかにした上で「米軍と米軍関係者の数は沖縄で4万人といわれる。全国の4万人の市町村の交通事故は年間240件から250件だ。米軍が飛び抜けて多いわけではない」と述べた。

※「琉球新報」2009年3月20日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-20 11:02 | 報道 | Comments(0)

多発する米軍交通事故問題を追及―3・19 内閣委

f0150886_1055714.jpg
  3月19日、内閣委員会の「予算委嘱審査」で質疑を行い、①多発する米軍交通事故問題で中井国家公安委員長に、②沖縄の待機児童問題で福島少子化担当相に、③カジノ問題で枝野行政刷新担当相にそれぞれ質問しました。
f0150886_10565155.jpg
   「沖縄待機児童対策作業スタディーグループ」について答弁する福島大臣(第8委員会室) 
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-20 10:54 | 活動日誌 | Comments(0)

大切なのは「命どぅ宝」

 ○…日本フィンランド友好議員連盟の幹事長を務める糸数慶子参院議員(無所属)。23日、視察で来日するフィンランドの国会議員を迎える。教育行政の先進国でもあるが、同国は自殺対策でも成果を挙げている。「各機関が連携し、国家レベルで対応している。日本は、まだまだだが議員の話が刺激になれば」と期待。「自殺問題も基地問題も大切なのは『命どぅ宝』だ」と。県出身議員としての「よりどころ」を新たにした様子。(東京)

※「琉球新報」2010年3月18日付け「記者席」欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-03-18 10:16 | 報道 | Comments(0)