うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


広がる美優さん支援―心臓移植の渡航費用募る

f0150886_15373292.jpg
  28 日、前日開催された安里猛宜野湾市長の就任激励会の会場で行った「要美優ちゃんを救う募金活動」で集まった善意(¥165,313)を船越共同代表に贈呈しました。

女性議員が16 万円寄付―県内ネットワーク 
 県内の女性議員でつくる女性議員ネットワーク(代表・糸数慶子参院議員)は28 日、「美優ちゃんを救う会」に16 万5313 円を贈った。寄付金は27 日に開かれた安里猛宜野湾市長の激励会で参加者から募った。
 糸数氏と玉那覇淑子北谷町議が28 日、救う会の船越敬司共同代表に手渡した。
※「琉球新報」2010 年12 月29 日付けに掲載

要美優さんに寄付の輪拡大―企業や議員ら活動
 拘束型心筋症と診断され、早急な心臓移植が必要とされている要美優さん(神森中1年)の手術費用に約立ててほしいと県民から多くの寄付が集まり、県内企業や議員らも募金活動に乗り出している。(中略)
 一方、女性議員ネットワーク(代表・糸数慶子参院議員)も同日、集会で募った寄付金16 万5 千円を船越敬司共同代表に手渡した。糸数代表は「渡航費などは行政の支援があってしかるべきだ。議員にも声を掛け、超党派で訴えたい」と話した。女性ネットは1 月24 日午後 6 時から那覇市のパレット市民劇場でチャリティコンサートを開き、支援を訴える。
※「沖縄タイムス」2010年12 月29 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-29 15:36 | 報道 | Comments(0)

安里猛宜野湾市長が就任激励会

f0150886_177741.jpg
  27 日、宜野湾市のジュビランスにて、安里猛宜野湾市長就任激励会が行われました。多くの市民や支援者が訪れ、これからの4年間の市政運営に期待を述べました。
f0150886_1772125.jpg
         安里市長を囲んで
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-28 11:05 | フォトレポート | Comments(0)

宮里藍さんに県民栄誉賞

f0150886_16584295.jpg
  12 月27 日、県庁にて、プロゴルファーとして世界で活躍する宮里藍さんの県民栄誉賞表彰式に参加しました。
 沖縄から藍ちゃんのように、多くの子どもたちが活躍することを期待したいですね。
f0150886_1659079.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-28 10:57 | フォトレポート | Comments(0)

高江テント損壊―防衛局へ抗議

f0150886_16471329.jpg
  
被害状況確認せず、国は米軍回答待ち―社大、共産が抗議 
 【嘉手納】東村高江で米軍ヘリのホバリングで市民団体のテントが損壊したとされる問題で社大党(糸数慶子委員長)と共産党県議団(嘉陽宗儀団長)は24 日、それぞれ沖縄防衛局と防衛省に抗議した。併せて、再開されたヘリパッド工事の中止も要請した。
 要請に対して、防衛省と同局はともに被害現場を確認していないことを明かした。同局の大東隆次長は「海兵隊に照会中。補償が必要となった場合に状況を確認する」と米軍の回答待ちの姿勢を示した。防衛省は被害があったことは認め、原因が米軍であった場合は補償するとした。
 防衛省などの対応に両党は反発。社大党の糸数委員長は「早く真相究明し、被害補償をきっちりやって」と語気を強め、当山勝利書記長は「防衛局として現場も確認しないでいいのか」と憤慨した。
※「琉球新報」2010 年12 月25 日付けに掲載

f0150886_16485327.jpg
  27 日には社大党として、高江ヘリパッドに関する県知事公室への申し入れを行いました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-25 16:46 | フォトレポート | Comments(0)

知事選対慰労会―伊波さんを激励

f0150886_16151869.jpg
  12 月23 日、八汐荘にて、県知事選挙に出馬した伊波洋一さんの激励と選対関係者の慰労を兼ね、慰労会が開催されました。
f0150886_1616942.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-24 16:13 | フォトレポート | Comments(0)

プロミスキーパーズでクリスマス会

f0150886_1683957.jpg
   23 日、プロミスキーパーズのクリスマス会にて、ご挨拶をさせていただきました。
f0150886_168558.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-24 16:06 | フォトレポート | Comments(0)

反対派テント強風で損壊―高江ヘリパッド

f0150886_11123064.jpg
  12 月23 日(木)、東村高江のヘリパッド建設予定地を訪れ、建設に反対し座り込みを続けるみなさんを激励しました。

米軍ヘリホバリングか
 【東】米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設に向けた工事が再開された東村高江区で23 日夜、最も集落に近い建設予定地の進入路前に設置された反対派住民のテントが、米軍のものとみられるヘリコプターのホバリングに伴う強風で一部損壊する被害が出た。けが人はなかった。
 当時、テント付近に停車中の車内にいた沖縄平和運動センター事務局長の山城博治さんによると、同日午後7 時45 分ごろ、大型ヘリがテントの上空で1 分間ほどホバリングしたという。山城さんは「米軍ヘリが低空で飛んできて、すごい風圧で車が横に揺れ、ハンドルにしがみついた。恐怖を感じた」と話した。
 強風でテントの支柱は曲がり、中にあったいすや割れた茶わんなども散乱。プラスチック製のいすが県道上に約40 ㍍飛ばされた。山城さんの通報で駆け付けた名護署が状況を確認し、事情を聞いた。
 住民らは「テントの中に人がいたらけが人が出るところだった。わざとやったのではないか。嫌がらせとしか思えない」と憤った。
 工事再開の翌日のこの日は、反対する住民ら約30 人が現場に集まり警戒していたが、工事は行われなかった。同日午前には、糸数慶子参院議員や山内末子県議らが訪れ、仮設フェンスが設置された現場を視察し、座り込み活動を続ける住民を励ました。

※「沖縄タイムス」2010 年12 月24 日付けに掲載
f0150886_11152181.jpg
          上空を飛ぶ米軍へり
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-24 11:17 | 報道 | Comments(0)

強行は県民への挑戦―22 日、高江ヘリパッド工事強行

 糸数慶子参院議員(無所属)
 工事強行は県民への挑戦と受け止める。政府、防衛省は自らの行為がどんな結果をもたらすか全く理解していない。仲井真県政は抗議の意思を示し、今後政府側のいかなるテーブルにも着くべきではない。

※「琉球新報」2010 年12 月23 日付け「県選出・出身国会議員談話」コーナーに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-23 10:31 | 報道 | Comments(0)

国体・馬術競技の沖縄開催を県に申し入れ

f0150886_15584798.jpg
  12 月 21 日、沖縄県馬術連盟の会長として、2012年度に予定されている九州ブロック国体沖縄大会での馬術競技県内開催について、県と話し合いをしました。
 後進の育成を考えて、是非とも県内開催が出来るよう申入れをしましたが、競技人口の少なさや費用の問題など大きな課題があり、県内開催は微妙なところだそうです。今後も、継続して話し合いを続けていきたいと思います。
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-22 15:55 | フォトレポート | Comments(0)

菅首相来県に抗議―日米合意の撤回を

f0150886_14222674.jpg
   17 日(土)、日米合意の撤回を訴え、菅首相来県の抗議行動に参加しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2010-12-18 14:20 | フォトレポート | Comments(0)