うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧


日米合意の見直しを

【社大党】 
 海兵隊が抑止力にならないことは、これまでも指摘してきた。要は日米軍事同盟に重きを置き、県民の心情に理解を示さなかったということだ。菅政権は、辺野古回帰の日米合意を見直し、再協議すべきだ。

※「沖縄タイムス」 2011 年 2 月 14 日付け「鳩山発言に対する県内政党コメント」欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-02-14 13:46 | 報道 | Comments(0)

児童養護施設「島添の丘」へテレビを寄贈

f0150886_15552784.jpg
  2月12日(土)、児童養護施設「島添の丘」(森田勲理事長・玉城孝施設長―南城市大里)へ「ゾンタクラブ」からテレビを寄贈しました。
 これは、1月21日に行われた同クラブ主催チャリティービンゴパーティーに景品として出品された32型TVを、当選者された方からの申し出により、子どもたちの施設に差し上げたいという要望をもとに行われたものです。
 神谷幸枝会長をはじめ、私もクラブの一員として贈呈式に参加させていただき、また施設の現状などのお話を聞かせていただきました。

島添の丘に地デジTV  ゾンタクラブが寄贈

【南城】 国際的なボランティア活動を行う沖縄ゾンタクラブの神谷幸枝会長らは 12 日、南城市大里の児童養護施設・島添の丘を訪れ、地デジ対応の液晶テレビ 1 台を贈呈した。テレビは、同クラブが 1 月に実施したチャリティーイベントのゲームの景品。当選した会員が子どもたちのために役立ててほしいと要望し、会を通じて同施設へ贈呈した。
 神谷会長は「当クラブは 20 周年を迎えた。今後も子どもたちや女性を支援していきたい」とあいさつ。森田勲島添の丘理事長は「心身ともに健康な子どもの育成に役立てたい」と感謝した。
 テレビは 32 型で、同施設では子どもたちが集まる談話室に設置し、活用する予定。
※「琉球新報」 2011 年 2 月 18 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-02-13 15:45 | 活動日誌 | Comments(0)

「子どもの村福岡」と「大村椿の森学園」を視察

f0150886_16310100.jpg
  開村して10ヵ月、木の香りのただよう「子どもの村福岡」で。

  2 月 7 ~ 8 日にかけて、「子どもの村福岡」と「大村椿の森学園」(長崎県)へ、「沖縄子どもを守る女性 ネットワーク」のメンバー 6 名で視察してきました。
 虐待や育児放棄などで親と離れた子どもが暮らす「子どもの村福岡」は昨年 4 月オープンし、育親と呼ばれる里親3人と子ども 3 人が暮らしています。
 子どもの村は、オーストリアに本部を置く国際NGO 「SOSキンダードルフ」が現在、世界 132 カ国に開設され、日本では同団体の理念を受け継ぐ「子どもの村福岡」(古賀信敞・こがのぶたか村長)が日本で最初の子ども村として開村されました。
 7 日当日は名誉館長で小児科医の坂本雅子さんと大谷順子専務理事に案内していただきました。虐待などで深い心の傷を受けた子どもの養育は簡単ではありませんが、ここでは里親 1 人が子ども 5 人を育てられる体制にし、運営は地元を中心とした企業や団体 ・ 個人会員からの寄付で支えられています。
f0150886_16311715.jpg
  パワーポイントを使い子どもの村福岡の設立の理念などを教えていただきました。
f0150886_16313264.jpg
  こどもたちが遊ぶお部屋
f0150886_16314882.jpg
  8 日には,大村椿の森学園を視察しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-02-09 16:30 | 活動日誌 | Comments(0)

グアム島民の痛み共感

 ○…先月末に、県政野党の県議らと、米軍再編で在沖米海兵隊部隊の移転先となっているグアムを訪問した糸数慶子参院議員(無所属)。現地では、知事や議会議長、経済界、先住民族の人々と意見交換した。「島民は、日米両政府が頭越しに決定した計画の詳細が分からず、非常に憤っている。基地に対する不安などは沖縄県民と共有できる」と話す。春には訪米、10 月にはグアムの住民を招いたシンポジウムを開催する予定で「国会でも政府が住民の痛みを感じるよう追及したい」と意気盛ん。

※「沖縄タイムス」 2011 年 2 月 5 日付け「記者のメモ」欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-02-05 09:37 | 報道 | Comments(0)

美優ちゃんを救う会に募金を手渡す

f0150886_926202.jpg
 2 月 2 日(水)、 「美優ちゃんに心臓移植を!!」チャリティーコンサートで集まった収益金をはじめ、街頭での募金活動で集まったカンパを美優ちゃんを救う会事務局へ、贈呈しました。(美優ちゃんを救う会事務局前で)

きょうにも目標額達成―ビザ取得し来月渡米
【美優さんに心臓移植を ℡ 098 ( 877 ) 0666 】

 拘束型心筋症を患う要美優さん(神森中 1 年)を支援する「救う会」によると、2 日までの募金額は 1 億4751 万 280 円で、目標額まで残り 448 万 9720 円となり、3日にも目標額を達成しそうだ。父の俊明さんは3日に移植手術する米国の医療機関へ支払うデポジット(入院保証金)を振り込み、18 日にはビザを取得する予定。3 月には家族で渡米する。
 沖縄子どもを守る女性ネットワークは、1 月に開いたチャリティコンサートで集まった約 145 万円を寄付した。同ネットの募金総額は計 220 万円。糸数慶子共同代表は「これをきっかけに難病の子どもたちへの行政の仕組みや臓器移植への理解も広がってほしい」と期待した。……
※「沖縄タイムス」 2011 年 2 月 3 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-02-03 09:31 | フォトレポート | Comments(0)

区域外爆撃訓練 政府は否定せず―糸数氏の主意書に答弁

 【東京】政府は 1 日、訓練区域外で排他的経済水域(EEZ)内での米軍の爆撃訓練について「国際法上、沿岸国のわが国の権利と義務に妥当な考慮を払って行われなければならない」として、実施の可能性については否定しないとする政府見解を閣議決定した。
 ただ区域外の爆撃訓練についての米軍の「妥当な考慮」の中身は明らかにしていない。爆撃訓練の通報態勢も、訓練区域内での実施につてしか言及しなかった。糸数慶子参院議員(無所属)の質問主意書に答えた。
 今年 1 月に米海軍が計画していた訓練区域外を含めた爆撃訓練通報については、「事前通報が合意されている米軍施設・区域と訓練区域は、合意に従って通報されており、区域外水域の使用も米国政府からわが国政府に事前に通報があった。米側が通知を怠ったとの指摘は当たらない」とした。
※「琉球新報」 2011 年 2 月 2 日付けに掲載

米軍配慮あれば反対しない姿勢―提供水域外訓練で政府
 【東京】政府は 1 日、提供水域外の排他的経済水域(EEZ)で米軍が爆撃訓練を行うことについて「国際法上、沿岸国のわが国の権利および義務に妥当な考慮を払って行われなければならない」との認識を示した。県内の漁業関係者らが提供水域外での訓練の中止を求めているが、米軍の一定の配慮があれば反対しない姿勢を示した。
 糸数慶子参院議員(無所属)の質問主意書への答弁書を同日、閣議決定した。
 沖縄防衛局が 1 月 26 日までに米軍から通報を受けた本島周辺海域での訓練計画は、3月5日まで間に伊江島補助飛行場、鳥島射爆撃場、久米島射爆撃場、など11 カ所に上ると説明。訓練が提供水域内で行われているかについて日本側は監視していないとした。
※「沖縄タイムス」 2011 年 2 月 2 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-02-02 10:08 | 報道 | Comments(0)

共に生きる社会を―障がい者権利条例制定で県民集会

f0150886_10584643.jpg
 1 月31 日(月)、那覇市の県民広場で開かれた「輝け! みんなの条例! 1 ・31 県民大集会in おきなわ」に参加しました。集会には、知的・身体・精神障がいのある県民 500 人が集まり、障がい者の権利保障(条例制定)を求め、「インクルーシブ社会を実現する沖縄宣言」を決議しました。沖縄の障がい者福祉に新たな歴史を刻む集会となりました。
f0150886_10595416.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2011-02-01 11:02 | フォトレポート | Comments(0)