うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


公務範囲明示要求へ-基地問題議員懇、政府に

f0150886_13582988.jpg
 被害者家族の神谷さんを支える会の世話人として、事件の経緯、沖縄県内での「地位協定改定を求める」運動の広がりを報告しました。

 【東京】ことし 1 月に沖縄市であった交通死亡事故で、自動車運転過失致死罪で送検された在沖米軍の軍属男性が日米地位協定に基づく「公務中」を理由に不起訴になった件で、超党派の国会議員でつくる沖縄等米軍基地問題議員懇談会(会長・川内博史衆院議員)は 27 日、衆議院議員会館で会合を開き、政府に対し公務中の範囲の詳細を明示などを求めることで一致した。
※「琉球新報」 2011 年 4 月 28 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-28 14:03 | 報道 | Comments(0)

5 ・ 7 に被災地視察報告会

お知らせ
 糸数慶子は震災 1 ヶ月後の 4 月 12 ~ 13 日と大震災の被災地(岩手県、宮城県)を視察し、社大党や沖縄の心ある人々の義援金・物資を届けました。筆舌しがたい現地の状況をレポートし、具体的な支援策を一緒に考えます。
f0150886_14151260.jpg

沖縄子どもを守る女性ネットワーク設立記念講演

東日本大震災 被災地は今

被災地視察報告

日時:5月7日(土) 16:00~18:00

場所:沖縄県男女共同参画センター てぃるる2階 会議室

報告者 : 糸数慶子(参議院議員)

会費:500円(資料代)
主催:沖縄子どもを守る女性ネットワーク
問合せ:(098)835-4670
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-26 11:27 | 催し物 | Comments(0)

地位協定問題・震災関係で質問-4 ・ 21 内閣委

f0150886_1456494.jpg
  4 月 21 日、内閣委員会で一般質問を 30 分行いました。前半は震災関係で、①女性の相談窓口の周知②被災地における安全・安心の確保対策について、国家公安委員長、内閣府男女共同参画局に質問。
 後半は、米軍属の自動車運転過失致死罪に対する不起訴処分に関連した日米地位協定の改定問題について、外務省と防衛省にただしました。

【国会3】参議院内閣委員会で糸数議員が被災者支援で質問 4月21日

 参議院内閣委員会で4月21日、無所属の糸数慶子議員が男女共同参画の視点を踏まえた被災者支援について質問しました。糸数議員は「男女共同参画局が行なっている岩手、宮城、福島の三つの県に設置している暴力に関する女性の相談窓口等を評価しているが、相談窓口の周知活動をどのように行っているか」と尋ねました。これについて、岡島敦子男女共同参画局長は「配偶者からの暴力の相談について最寄りの相談窓口を案内するDV相談ナビや、地域ごとの相談窓口などを取りまとめた資料を配布、周知を図っている。男女共同参画局のホームページや、地方紙の紙面広告、各避難所の政府のお知らせとして掲示する壁新聞を活用しながら周知を図っている」と答弁しました。
※「m ネット通信」 2011.4.30 [vol:252 ]に掲載 
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-22 14:56 | 活動日誌 | Comments(0)

PFI 法で蓮舫大臣に質問- 4 ・ 19 内閣委

f0150886_1113990.jpg
  4 月 19 日、内閣委員会でPFI 改正法について蓮舫大臣(行政刷新担当)に質問しました。①民間事業者の提案制度 ②民間資金等活用事業推進委員会 ③支援機関の創設が中心でした。
※PFI 法-民間資金の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律
f0150886_11135189.jpg
         答弁する蓮舫大臣
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-20 11:12 | 活動日誌 | Comments(0)

「遺族を支える会」発足 米軍属不起訴で国会議員ら

 【中部】沖縄市内で起きた交通死亡事故で、自動車運転過失致死容疑で送検された在沖米空軍軍属の男性が不起訴になったことを受け、那覇検察審査会に審査を申し立てる遺族を支える会が 15 日、発足した。北谷町内で会合があり、糸数慶子参院議員や玉城デニー衆院議員、県議、北中城、沖縄、北谷、浦添の市町村議員らが参加し、呼び掛け人に名を連ねた。県民各層に遺族支援を働き掛けていく。
 会合には亡くなった與儀功貴さん=当時(19 )=の母、神谷真奈美さん(41 )と夫の正彦さん( 39 )も参加。神谷さんは同日那覇地検を訪ねたことに触れ「米軍に勝手にぶつけられたのに法で裁けない。私の子どもはだれに殺されたのか。守ってくれない政府のやり方が一番許せない」と訴えた。……
※「沖縄タイムス」 2011 年 4 月16 日付けに掲載

地位協定改定向け全県的運動を協議 県選出・出身国会議員

 自動車運転過失致死容疑で送検された米軍属が不起訴となった問題で、遺族を支える会呼び掛け人の糸数慶子参院議員が16日、那覇市内で瑞慶覧長敏、赤嶺政賢両衆院議員と面談し、地位協定改定を含め、公務中の犯罪の第一次裁判権を取り戻す全県的な超党派の取り組みにすることを念頭に、意見交換した。
 糸数氏によると、島尻安伊子参院議員を含めて、県選出、出身の国会議員全員から既に賛同を得ているという。
 この日参加できなかった議員には週明けにも国会内でこれまでの経緯を説明し、賛同を幅広く呼び掛ける考えを示した。
※「琉球新報」 2011 年 4 月 17 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-17 12:28 | 報道 | Comments(0)

「沖縄との信頼築く」 返還向け官房長官

f0150886_11443977.jpg
  4 月 14 日(木)、参院内閣委員会で①普天間移設合意15年②新たな沖縄振興策について、枝野官房長官に質問しました。

 【東京】枝野幸男官房長官は 14 日の参院内閣委員会で、日米合意から 15 年経ても米軍普天間飛行場の返還が実現していないことについて「理由や原因は一言では難しいが、日米、特に沖縄との信頼関係を構築し直さなければ前に進めない」と述べた。糸数慶子氏(無所属)への答弁。
 枝野氏は新たな沖縄振興策について地元の要望を積み上げていくとの認識を示し、振興の方向性として「全国で高齢化が進む中で、沖縄はバランスの取れた長寿社会として日本の活性化につながる可能性もある。アジアの交流拠点となれば、沖縄の地域振興や雇用創出につながる」と述べた。
※「沖縄タイムス」 2011 年 4 月 16 日付けに掲載
f0150886_11453822.jpg
         答弁する枝野官房長官
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-16 11:43 | 報道 | Comments(0)

今は沖縄が支援する番

 ○…東日本大震災で被災した宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区を視察した糸数慶子参院議員(無所属)。交流のある労働組合関係者の無事を確認したものの、津波被害を目の当たりにし「家があった場所に生活道具が散乱していた。一瞬ですべてを飲み込んだのだろう」と言葉を詰まらせた。社大党が募った募金や沖縄料理のレトルト食品などを贈り、「沖縄は戦後、本土からの支援があった。今度は沖縄の番。10 年、20 年と強力したい」と息の長い支援の必要性を実感していた。(東京)
※「沖縄タイムス」 2011 年 4 月 15 日、「記者のメモ」欄に掲載

「菅降ろし」に苦言
 ○… 12 、13 の両日に宮城県に入り、土台しか残っていない知人宅や家族を失った少女を目の当たりにした糸数慶子参院議員。現場の惨状を沖縄戦と重ね「戦後、本土からたくさんの物資や教科書が送られ助けられた。今こそ恩返しを」とあらためて支援を決意。災害対策へのまずさから「菅降ろし」の声が日に日に強まる永田町に「基地問題で私も不満はあるが、今はみんなで立ち上がる時期。ほかにやることがある」と、再燃しつつある政局騒ぎに苦言。
※「琉球新報」 2011 年 4 月 15 日、「記者席」欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-15 13:58 | 報道 | Comments(0)

復興は総力戦で―大震災の被災地を訪ねて

f0150886_1710525.jpg
     思わず合掌しました【名取市閖上(ゆりあげ)地区にて】。
f0150886_17104124.jpg
      変わり果てた名取市閖上地区。
 
 去る 4 月 12 日、岩手県花巻空港を経て、宮城県に行き、町全体が津波で全壊した名取市の閖上(ゆりあげ)地区を訪ね、漁協跡、海浜地区一帯を視察してきました。メロン、イチゴなどを栽培していたビニールハウスも跡形もない状況です。
 翌 13 日は、船が陸に打ち上げられた塩釜港、町全体が 15 メートルの津波に襲われ全て押し流された雄勝(おがち)町、小学校、中学校の残がいが無惨に残り、いまだ行方不明者の数さえ掌握できない状況です。
 
 この東日本大震災は国難といえ、全ての国民が総力戦で復興にあたらなければならない。しかも 10 年単位の長期戦でできることは全てやらなければならないと感じました。
f0150886_1711495.jpg
    亀谷保夫さんに被災地を案内していただきました。
f0150886_17112846.jpg
   宮城全労協の大内議長に社大党からのカンパ金を手渡しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-14 10:14 | フォトレポート | Comments(0)

「公務証明書」把握せず 米軍人事件・事故、政府が答弁書

 【東京】米軍人・軍属による事件・事故の際、米軍が公務中の証拠として発行する「公務証明書」について、法務省が年ごとの発行件数を把握していないことが12日までに明らかになった。
 糸数慶子参院議員提出の質問主意書に政府が閣議決定した答弁書で答えた。
 公務証明書は検察が「公務中」と認定する重要な根拠となっている。公務中なら第一次裁判権は米側にあり、被害者が日本人でも日本の法律で裁けないことから不平等性が指摘されている。答弁書で法務省は公務証明書について「年ごとの提出件数は把握していない」とし、理由を「把握する必要がないから」と回答した。
 一方、1月に沖縄市で在沖米軍属が起こした交通死亡事故については、「3月4日に検察当局が米軍から公務証明書を受理した」と回答。過去の発行件数は「把握していない」とする答弁書と矛盾するとも言える対応を示した。
 法務省は「公務証明書が出ようが出まいが、公務か否かについて過不足なく捜査する」と答え、公務証明書のみで公務中と認定しているわけではないと強調した。
 日米地位協定に詳しい本間浩法政大名誉教授は「(発行件数を公表しないことは)米軍の恣意(しい)的な判断で公務と認定していると疑われても仕方がない」と指摘した。
※「琉球新報」 2011 年 4 月 13 日付けに掲載

 不起訴の米兵 米が公務証明―政府が理由説明

 【東京】 政府は 12 日、沖縄市で1月に起きた交通死亡事故で、自動車運転過失致死容疑で送検された米軍属の男性を不起訴とした処分について、3月4日に米側が検察当局に公務証明書を出しているとして、「第1次裁判権なしを理由に不起訴とした。適切に処理した」との認識を示した。
 糸数慶子参院議員(無所属)の質問主意書への答弁書で明らかにした。
 米軍人・軍属の公務の範囲について、1953 年の日米合同委員会合意を例示して「法令、規則、上官の命令または軍慣習によって要求され、権限付けられるすべての任務または役務を指す」と説明。年ごとの公務証明書の提出件数は「把握していない」とした。
 全国で 2001 ~ 10 年に自動車の業務上過失致死傷容疑で送検された米軍人・軍属の不起訴率が 73 ~ 94 %の高い数値で推移しているデータも示した。
※「沖縄タイムス」 2011 年 4 月 14 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-13 11:14 | 報道 | Comments(0)

具志堅さんの吉川英治文化賞を祝う

f0150886_12121584.jpg
 4 月 11 日(月)、東京の帝国ホテルで行われた「平成 23 年度吉川英治賞」の贈呈式・祝賀会に参加しました。NPO法人ガマフヤー代表・具志堅隆松さんが「開発・市街化が進む沖縄において、時間とのたたかいのなかで、市民とともに戦没者の遺骨収集事業を続けている」ことが評価され、第 45 回吉川英治文化賞を受賞、そのお祝いに駆け付けました。
f0150886_12141273.jpg
   『悪道』で第 45 回吉川英治文学賞を受賞した森村誠一さんと
f0150886_1214251.jpg
    祝賀会場では作家の浅田次郎さんにごあいさつしました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2011-04-12 12:18 | フォトレポート | Comments(0)