うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


宜野湾市長選-伊波氏が出馬表明

f0150886_1133930.jpg
  【宜野湾】安里猛市長の辞職に伴う宜野湾市長選挙に向け、前市長の伊波洋一氏(60)が9日、宜野湾市内で出馬表明会見を開いた。伊波氏は「対話」を市政運営の基本に据え「職員、市民やさまざまな団体、地域と対話しながら市政運営に取り組みたい」と意気込みを語った。県知事選挙に関し「次回の知事選は(出馬を)考えないことにしたい」と述べた。
 伊波氏は普天間飛行場問題で米国の識者から在沖海兵隊の撤退や豪州移転が論じられていることに触れ、「オスプレイの配備を許さず、普天間の海兵航空部隊の国外・県外移転を求め、世界一危険な基地を閉鎖・返還したい」と訴えた。
 経済活性化については、伊波氏が同市長就任後から税収と予算が増えたこと、西海岸への大型商業施設誘致などの実績を強調した。会見には照屋寛徳衆院議員、赤嶺政賢衆院議員、山内徳信参院議員、糸数慶子参院議員らが出席した。

※「琉球新報」2012年1月10日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-01-10 11:03 | 報道 | Comments(0)

自治労、全港湾、社大党が旗開き

f0150886_105566.jpg
 1月5日(木)、自治労沖縄県本部の新春旗開きに出席。
f0150886_10552712.jpg
 5日、全港湾沖縄地本の旗開きに出席。
f0150886_10554736.jpg
 6日(金)、社大党の旗開きに委員長として年頭のごあいさつをしました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-01-07 10:54 | フォトレポート | Comments(0)

県漁連の初興し-大漁と安全祈願

f0150886_1044468.jpg
 1月4日(水)午前4時から、沖縄県漁連の初興しが行われました。多くの関係者が訪れ、新年の大漁と安全祈願をし、その後、行われた初競りでは昨年よりも多くあがった魚を仲買いの方々が元気に競り落とす声が市場に響きました。
f0150886_1045486.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2012-01-05 10:44 | フォトレポート | Comments(0)

思い、一層強く

 ○…昨年末に日韓両国で開催された慰安婦問題の集会に参加した社大党委員長の糸数慶子参院議員。戦後も沖縄で暮らした元慰安婦ペ・ポンギさんとバスガイド時代に交流を深め、昨年も韓国人教師らを読谷村にある軍夫と慰安婦を記録する「恨の碑」に案内するなど、長年同問題に関わる。ソウルでは日本大使館前に支援団体が設置した慰安婦の少女の銅像前を訪れ「沖縄戦での慰安婦の実態解明を早めに進めなければいけない」との思いを強くしたという。

※「琉球新報」 2011 年 1 月 4 日付け「記者席」欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-01-04 11:58 | 報道 | Comments(0)

県議選、辺野古のたたかいに勝利を-年頭ごあいさつ

 被災者支援と脱原発
 あけましておめでとうございます。
 旧年は東日本大震災と、その津波による福島原発事故、さらに台風来襲による水害や県内においては甚大な農業被害等、自然災害に見舞われました。あらためて被災者へのお悔やみと、お見舞いを申し上げます。
 本年も被災者の生活支援と心のケアをモットーに、被災地の復興と脱原発に取り組んでいきたいと思います。

 訪米要請行動、環境影響評価書の提出断念の闘い、
 教科書問題、自衛隊配備、日米地位協定改定問題など

 1月21日にスタートして28日に戻る予定で、訪米要請行動を行います。辺野古新基地建設反対の県民総意を米国政府や関係機関、議員に伝え、新基地建設断念を迫ってきます。要請団には平和市民連絡会やヘリ基地反対協、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会などのメンバー約25人が参加します。成果を挙げてきます。
 防衛省沖縄防衛局は12月28日午前4時に環境影響評価書を県庁舎警備室に持ち込みました。言語道断の行為です。その評価書がこともあろうに不備だらけで、ただ単に間にあわせるためだけのずさんな仕事だったことが明らかにされました。先の防衛省の前沖縄防衛局長の暴言といい、一連の防衛省の対応の根底には沖縄差別があり、県民を蔑み、侮り、断じて許せません。辺野古への新基地建設を断念に追い込み、オスプレイの配備や高江へのヘリパッド建設を阻止しましょう。
 次に、八重山地方で起こっている二つの出来事は絶対に看過できませんし、県民挙げて取り組むべき問題です。教科書の採択問題と与那国への自衛隊配備です。いずれもこの国の軍国化を謀り、戦争への道をたどるものだと認識しています。石垣市と与那国町が採択した「新しい歴史教科書をつくる会」系の教科書は、沖縄戦の記述に乏しく、戦争の悲惨さを伝える「集団自決」(強制集団死)や日本軍による住民虐殺等には触れておらず、戦争を肯定的にとらえ、愛国心を強制する内容となっています。この採択に異を唱え、民主的な教科書選定と採択を訴え、真に平和の理念を教える教科書の採択をめざす竹富町を全面的に支援していきます。また、隣国との緊張をあおる与那国への自衛隊配備にも断固、反対し、地域住民を支えていきます。
 もう一つ記しておきたいことがあります。昨年1月、成人式に出席するため帰省していた当時19歳の少年が米軍属の運転する車に正面衝突され、亡くなった交通死亡事故です。母親は、その軍属が日米地位協定の「公務中」を根拠に、日本の司法では裁けないことを知り、声をあげました。その声は県民を揺り動かし、日米地位協定の運用の改善にまで至り、軍属は起訴されました。声をあげることの大切さをあらためて実感し、不平等な日米地位協定の抜本的な改定に向け全力を挙げていきます。この問題では12月15日、韓国国会での改定に向けた討論会にも参加し、改定の必要性が共有でき、有意義でした。

 新たな振興計画
 今年4月からスタートする新たな振興計画においては、カジノに頼らない観光振興や基地の整理・縮小による跡地利用に目を注ぎ、子どもの貧困や待機児童の解消、子育て支援策等を盛り込んだ「沖縄子ども振興計画」(仮称)の策定に取り組みます。

 宜野湾市長選と県議選
 安里宜野湾市長の突然の辞職は残念なことではありますが、前市長の伊波洋一さんが出馬を決意されたことに敬意を表します。伊波さんの決断に対し、なんとしても勝ち抜かなければなりません。普天間飛行場の固定化を回避し、即時閉鎖と返還を勝ち取るには、伊波洋一さんの実績と行動力が必要なのです。宜野湾市長選に全力を挙げます。
 今年6月に予定される県議会議員選挙は、県政野党の圧倒的な勝利をめざします。社大党は那覇市区から比嘉京子さん、島尻郡区から大城一馬さんの現職2人と、中頭郡区から前委員長の喜納昌春さんが再起を期して臨みます。推薦は宜野湾市区の新垣清涼さん、宮古島市区の奥平一夫さん、中頭郡区の瑞慶覧功さんです。社大党の再生は全員の圧倒的な勝利であり、その県議選の勝利こそが日米両政府の辺野古新基地建設を完全に葬り去ることになるのです。社大党への県民の絶大なご支持、ご支援をよろしくお願い申し上げますとともに、本年こそ、辺野古新基地建設に終止符を打つ闘いを結実させましょう。
 2012年の辰年が皆さまにとって幸多き年となりますようお祈りいたします。

                     2012年 元日  参議院議員 糸数慶子
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-01-01 10:13 | 活動日誌 | Comments(0)