うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


目的達成に全力傾ける

 糸数慶子(無所属) 県が主体的に振興計画を策定し、自立的発展と豊かな県民生活の実現を図ることが法案の目的。県の振興策を見守り、支えながら目的達成に向け全力を傾けたい。県民所得の向上と雇用創出、子育て支援に努めたい。

※「沖縄タイムス」 2012 年 3 月 31 日付け「県出身参院議員コメント」欄に掲載
※ 30 日、改正沖振法、軍転法の成立を受けて
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-31 12:12 | 報道 | Comments(0)

環境影響評価書問題で質問-3 ・ 28 内閣委

f0150886_13171147.jpg
  3 月 28 日(水)、内閣委員会(予算委嘱審査)で「 環境影響評価書に対する知事意見」について防衛省の見解を質しました。① 400 件にも及ぶ意見が付されたこと、②埋め立て土砂の調達計画、③埋め立て申請の見通し-に対して、防衛省神風政務官は「十分調査して補正する。辺野古埋め立ての政府方針は変わらず」と繰り返すばかりで、私は「埋め立ては不可能である」と県民の意思を表明しました。
 なお、内閣府に「沖縄振興とカジノ」について再度質問しました。
f0150886_13273820.jpg
  3 月 29 日(木)、内閣委員会で「不正アクセス防止法」について、松原国家公安委員長に質問しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-29 13:15 | 活動日誌 | Comments(0)

第32軍司令部壕説明板問題で県に要請

f0150886_183131.jpg
 3月27日(火)、沖縄県庁環境生活部を訪れ、社大党及び県議会結会派のメンバーで、第32軍司令部壕説明板設置に対する要請を行いました。
 これは、沖縄戦の実相を語る重要な戦跡や平和教育・学習の場として活用するために説明板を設置するということから、県が事業を展開したのですが、検討委員会の中で提案された「日本軍に『スパイ視』された沖縄住民を虐殺など」と「慰安婦」の文言を、確証が持てないなどのことから委員の了解も得ずに削除したことに対して、1.検討委員会の再度開催し、学術的研究に基づく説明板をつくるための議論し、必要に応じて拡大検討委員会の開催と、2.県内外及び国外からの見学者に沖縄戦の実相が伝わるよう、早急に改修すること--を要請しました。
 対応した下地環境生活部長は、「多くの文献や資料を見る限り、32軍壕に慰安婦がいたという記述がない。その中で設置版に記述することはできない」と回答しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-28 18:07 | 活動日誌 | Comments(0)

アラカキ・ズケラン・照屋県議が事務所開き

f0150886_1058879.jpg
 3月23日(金)、6月に行われる県議会議員選挙において、宜野湾市区から2期目の挑戦を目指すアラカキ清涼さんの事務所開きが行われました。
f0150886_1058227.jpg
 3月24日(土)、6月に行われる県議会議員選挙において、中頭郡市区から2期目の挑戦を目指すズケラン功さんの事務所開きが行われました。
f0150886_10583941.jpg
 3月24日(土)、6月に行われる県議会議員選挙において、うるま市区から2期目の挑戦を目指す照屋タイガさんの事務所開きが行われました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-25 10:55 | フォトレポート | Comments(0)

レイバーネット TV の「沖縄特集」に出演

f0150886_14553313.jpg
 3月22日(木)、レイバーネットTVに出演しました。

 レイバーネットTV「そこが知りたい!沖縄基地問題」
  ~糸数慶子・安次富浩、大いに語る

 米軍普天間基地問題で揺れる沖縄。人々の怒りも限界に達している。 1 月には、沖縄の基地撤去を求める声を直接届けようと、 24 人の代表団が訪米し大きな反響と成果があった。 3 月 22 日の「レイバーネットTV」では、このときの副団長である糸数慶子参議院議員と安次富浩さん(ヘリ基地反対協代表)をゲストに、沖縄問題を特集した。アメリカでは国防費削減の流れの中で、沖縄の声に応える動きが各界に生まれていた。一番の足かせは日本政府。安次富さんは「オール沖縄がノーと言っているのに応えない日本政府。沖縄は国内植民地扱いである。そして一番の問題は基地が防衛省の利権になっていること」と痛烈に批判した。また沖縄問題に関心が薄い日本の労働運動のあり方にも言及した。

※レイバーネット日本のホームページのアーカイブで見ることができます。
http://www.ustream.tv/recorded/21278890
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-23 14:59 | 活動日誌 | Comments(0)

新システムで中川少子化担当相に質問- 3 ・ 22 内閣委

f0150886_15555543.jpg
  3 月 22 日(木)、内閣委員会で子ども・子育て新システムについて中川少子化担当相に質問しました。新システムの制度が複雑になっており、保護者(利用者)にとり使い勝手が悪く、負担も増えるのではないかと追及しました。
 あわせて、後藤内閣府副大臣に地域再生・地域主権の現状と課題、園田政務官に沖縄振興特措法改正案について質問しました。
f0150886_1652919.jpg
     答弁する中川正春少子化担当相(右)
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-23 10:53 | 活動日誌 | Comments(0)

目的は豊かな生活-沖縄関連2法案可決

 糸数慶子参院議員(無所属) 沖縄の自立的な発展と豊かな県民生活の実現が法案の目的である。県は主体的に新たな振興計画を策定し、その目的を達成しなければならない。沖縄県と共に全力を挙げて取り組みたい。

※「沖縄タイムス」 2012 年 3 月 22 日付け「県関係国会議員コメント」欄に掲載
※ 21 日、沖縄振興特措法(沖振法)、駐留軍用地跡地返還特措法(軍転法)の改正2修正法案が衆院沖縄北方委員会で全会一致で可決。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-22 11:07 | 報道 | Comments(0)

山内スエコ県議事務所開き- 2 期目へ全力疾走

f0150886_1124289.jpg
 3月17日(土)、うるま市石川において山内スエコ県議の後援会事務所開きが行われました。
 2期目への挑戦に、多くの支持者が訪れ、これからの選挙戦に向けて勢いをつけました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-18 11:22 | 活動日誌 | Comments(0)

「米側反応は新鮮」-訪米要請団が報告集会

f0150886_14581843.jpg
 【東京】ことし1月に米首都ワシントンで米軍普天間飛行場の県内移設反対を訴えた「米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会」の団長、山内徳信参院議員と副団長の糸数慶子参院議員が14日、参議院会館内で報告集会を開いた。山内氏は「在沖海兵隊撤退を訴える議員がいるなど米側の反応は新鮮だった。米国の民主主義は生きている」と述べ、普天間の県内移設阻止に向け手応えを感じたと報告した。
 糸数氏は「 1993 年以来、5回目の訪米要請だが、以前は議員会館の廊下で秘書が対応していた。今回は議員本人が 30 分~1時間ほど時間を取って話を聞くなど、米側の対応も変わってきた」と振り返った。
 糸数氏は「面会した保守系シンクタンクが『沖縄は沖縄県民に返せ』という論文を米誌に掲載するなど、沖縄の基地に対する議論に変化が出ている」と説明。一方、中期防衛力整備計画(中期防)で与那国島への陸上自衛隊配備が計画されていることを挙げ、「米側の国防費削減の中、自分の国を自分で守るという論調で自衛隊が強化されることがないよう訴えていく必要がある」と述べた。

※「琉球新報」 2012 年 3 月 15 日付けに掲載

f0150886_1458318.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-15 14:59 | 報道 | Comments(0)

大城一マさん事務所開き

f0150886_13432810.jpg
 3月11日(日)、与那原町にて6月に行われる沖縄県議会議員選挙に島尻郡区から立候補を予定している大城一マさんの事務所開きが行われ、多くの支援者が訪れました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-03-12 13:45 | フォトレポート | Comments(0)