うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


県議選挙へ連日の総決起集会

f0150886_1032960.jpg
 5月26日(土)、与那原町社会福祉センターにて、島尻郡区から立候補を予定している、大城一マさんの総決起大会が行われました。
f0150886_1043810.jpg
 5月26日(土)、宜野湾市のジュビランスにおいて、宜野湾市区から立候補を予定している、トカシキ喜代子さんの総決起大会が行われました。
f0150886_1061118.jpg
 5月26日(土)、うるま市民芸術劇場にて、うるま市区から立候補を予定している、照屋タイガさんの総決起大会が行われました。
f0150886_1074675.jpg
 5月25日(金)、西原町社会福祉センターにて中頭郡区から立候補を予定している、キナ昌春政談演説会が行われました。
f0150886_1085675.jpg
 5月25日(金)、宜野湾市のジュビランスにて、宜野湾市区から立候補を予定している、アラカキ清涼さんの総決起大会が行われました。
f0150886_1094615.jpg
 5月25日(金)、豊見城市中央公民館にて、豊見城市区から立候補を予定している、にった宣明さんの総決起大会が行われました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-27 10:11 | 活動日誌 | Comments(0)

アラカキ清涼県議が女性の集い

f0150886_107175.jpg
 5月20日(日)、宜野湾市社会福祉センターにて沖縄県議会議員選挙に宜野湾市区から立候補を予定している、アラカキ清涼さんの女性の集いが行われました。
 日々の活動で、真っ黒に日焼けしたアラカキ清涼さんは、普天間基地の早期返還を求めていくことや、こどもや高齢者・障害者・女性・社会的弱者も安心して暮らせる街づくりをしていきたいと訴えました。私も、一生懸命応援していきたいと思います。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-21 10:06 | 活動日誌 | Comments(0)

普天間 WT 開催されず― 09 年以来

 【東京】 関係省庁と県で構成する「普天間飛行場の危険性の除去に関するワーキングチーム」( WT )が、2009 年 8 月の第 4 回会合以来開催されていないことが 18 日、分かった。糸数慶子参院議員(無所属)の質問主意書への答弁書で明らかになった。
 答弁書は、 07 年の日米合同委員会で承認された報告書に盛り込まれた「飛行経路に係る安全の向上」「クリアゾーンの拡充」「航空保安施設の機能向上」「レーダーを使用したシステムの導入」について、「米側の協力を得ながら、 2009 年 5 月までに、そのすべてが実施されたと認識」と回答。
 回転翼機の飛行状況調査は継続しているとして、危険性の除去や騒音の軽減に務める考えを示したが、WT 開催の見通しにつて触れていない。
 同WT は普天間の危険性除去や、騒音の軽減について検討することを目的に、 08 年に設置された。

※「沖縄タイムス」 2012 年 5 月 19 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-19 10:24 | 報道 | Comments(0)

ひが京子県議が総決起大会

f0150886_14482332.jpg
 5月18日(金)、那覇市の教育福祉会館にて、那覇市区から沖縄県議会議員選挙に立候補を予定している、ひが京子さんの総決起大会が行われました。
 会場には、多くの支援者が足を運び、勝利に向けて気持ちを一つに頑張ろうと思いを固めました。
f0150886_14485953.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-19 09:49 | 活動日誌 | Comments(0)

「ゆんたんじゃ出番ですよ」に出演

f0150886_14355733.jpg
 5月18日(金)、FMよみたんの「ゆんたんじゃ出番ですよ」という番組に出演させていただきました。
 今回は、仲宗根朝治社長の軽快な進行と共に、復帰40年の5月15日当日のことや、さとうきび畑の歌碑ができたことを中心にお話しさせていただきました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-19 09:34 | 活動日誌 | Comments(0)

40 年前と同じ怒りの涙

 ○…「望んだのは基地のない本土復帰だ」と県と政府が共催する復帰 40 周年記念式典への欠席理由を語る糸数慶子参院議員(無所属)。 15 日は式典ではなく垂直離着陸輸送機 MV 22 オスプレイ配備反対の座り込みと復帰抗議集会に参加。 40 年前の復帰の年を振り返り「子どもが生まれた年であのころは心から喜んだ。でも孫ができた今でも基地の重圧は変わらない」と胸中を明かす。集会中もやまなかった雨を「怒りの涙だ」と受け止め、負担軽減を国政に訴える思いを新たにした。(東京)

※「沖縄タイムス」 2012 年 5 月 18 日付け「記者のメモ」欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-18 10:39 | 報道 | Comments(0)

玉城よしかず県議が女性の集い

f0150886_14225757.jpg
 5月17日(木)、名護市大西公民館にて玉城よしかず女性の集いが行われました。
 来る6月1日に告示される沖縄県議会議員選挙で、名護市区から立候補を予定している玉城よしかずさんは、20年前の1期目の当選から主張し続けてきた鉄軌道導入や、県立北部病院の問題など多くの課題に取り組みたいと決意を述べました。
f0150886_14251894.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-18 09:21 | 活動日誌 | Comments(0)

「甘受発言 撤回を」―嘉手納爆音訴訟原告 防衛局に申し入れ

f0150886_14181457.jpg
  5月16日(水)、沖縄防衛局にて第3次嘉手納爆音訴訟団役員の皆さんと共に、裁判で国側が「自ら居住を継続するなら爆音を甘受せよ」との主張に、抗議・撤回要請を行いました。

 【嘉手納】10 日の第 3 次嘉手納爆音訴訟の口頭弁論で国側が「航空機騒音の影響は自ら甘受すべき」と主張した問題で、原告代表ら 20 人は 16 日、沖縄防衛局に伊藤賢(まさる)企画部次長を訪ね、主張を撤回するよう申し入れた。これに対し伊藤次長は「訴訟が継続中のため答えは差し控えたい」と明言を避けた。これに原告らが反発したため、伊藤次長は国の見解の内容を調整した後、次長クラス以上の職員があらためて回答することを約束した。
 原告らは、 10 日に部品紛失が確認されたAV8B ハリアー攻撃機の飛行禁止も併せて求めた。
 原告団の新川秀清団長は「甘受すべき」との国側の主張に対し「これが基地被害に苦しむ県民に対して言う言葉か。私たちは我慢ができない」とし、1時間に渡り撤回を求める主張を展開した。
 これに伊藤次長は「思いは重く受け止める。国が環境整備法の下に移転補償している政策も考慮してほしいと言っている。係争に関わる主張なので裁判の場で答えるのが適当だ」と説明した。

※「琉球新報」 2012 年 5 月 17 日付けに掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-17 14:17 | 報道 | Comments(0)

復帰式典を糾弾

f0150886_1831773.jpg
 5月15日(火)、那覇市の与儀公園にて「まやかしの復帰式典を糾弾する5・15県民集会」が行われ約250人が駆け付けました。
 集会が行われている間、ちょうど40年前と同じように土砂降りの雨が降り注ぎ、「私たちが望んだ復帰は基地のない、核のない、平和憲法のもとへの復帰だ。この雨は私たちの怒りと悲しみの涙だ」と挨拶させていただきました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-16 18:30 | 活動日誌 | Comments(0)

普天間基地前で抗議の集会

f0150886_18223549.jpg
 5月15日(火)、オスプレイ配備を断じて許さない怒りの県民集会が普天間基地第一ゲート前広場で行われました。
 私は、私たち県民が望んだ、基地のない・核のない・平和な憲法のもとへの復帰ではなかったという抗議の思いをこめ、国と県が主催した復帰40周年記念式典には参加しませんでした。
 これからも県民集会に参加された多くの皆さんらと連帯し、真の意味での「復帰」を勝ち取るために頑張ります。
f0150886_18225460.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2012-05-16 18:20 | 活動日誌 | Comments(0)