「ほっ」と。キャンペーン

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
全体
選挙
活動日誌
フォトレポート
講演予定
催し物
報道
コラム
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


オール沖縄の闘い報告-佐賀女性集会で講演

f0150886_11191327.jpg

〇第51回平和と権利を守る佐賀県女性集会報告

 11月29日(土)第51回平和と権利を守る佐賀県女性集会が、佐賀市のメートプラザで 301名の参加者で開催されました。
 沖縄選出の糸数慶子参議院議員から「沖縄からの報告―女性と平和、現在の政治について」をテーマにした講演を受け、「今回の沖縄知事選は、保守・革新の枠を超えて、オール沖縄の闘いができ、勝利することができた。これは、悲惨な戦争体験、米軍や基地の過重負担に対する沖縄県民の怒り、戦争につながるものは造らせないという県民の一致した戦いの勝利。」ということ。また、糸数慶子参議院議員自身、自分の「母親が幼子2人を戦争で亡くした悲痛な体験」、平和ガイド時代からの闘いを語られ、県民の4人に1人が身内を戦争で亡くし、戦後の占領下、日本返還後もつづく米軍の横暴と差別にさらされ続ける沖縄の現状を報告された。
 そして、安倍政権は特定秘密保護法案、武器輸出3原則の緩和、集団的自衛権の行使容認など、日本を戦争をする国へと変貌させようとしている。沖縄の軍事強化、日本中に軍事基地拡大を図ろうとしていて、佐賀のオスプレイ問題もその延長線上にある。私たち自ら、今回の衆議院選で平和を守る1票を行使し、仲間を拡げ、安倍政権を倒さなければいけない--ことを全員で確認し合いました。           
                  (佐賀県女性集会実行委員会事務局長・田中喜久子)

f0150886_11293497.jpg

〇当日集会に参加したSさんからの報告

 命を育む女性に出来ること

 11月29日、第51回「平和と権利を守る佐賀県女性集会」が佐賀市メートプラザで開かれ300人が集まった。今年もI女性会議鳥栖支部のうたごえ「むらさきつゆくさの歌(‥‥放射能にふれると花の色が変わるという‥‥作詞 福島県双葉町出身小島力さん)」「私は忘れない(憲法のうた)」「あたりまえの地球」で始まった。
 実行委員長が「沖縄県知事選挙の勝利は私たちに勇気をくれた。この選挙に続き、安倍政治の暴走にストップをかける重要な衆議院選挙で、皆さん一人一人が家族、職場、地域で『戦争への道を歩まないために』訴えてほしい。安倍政治にノーと示すことがこの集会のテーマです」とあいさつした。
 

 記念講演では、沖縄県の参議院議員糸数慶子さんが、沖縄でバスガイドをしながら、戦争賛美のガイドは自分もおかしいと思っていたが、地獄のような悲惨な目に会ったひめゆり学徒隊の生き残りの人から事実を聞き、また、母が語らなかった哀しい戦争体験を知り、「母のような女性を二度と出さない」ために「平和」のためのガイドをすることを決心したと語った。そして実体験に即した沖縄の厳しい状況を、復帰して40年も経った今も理不尽な地位協定による生々しい現実を報告。
 最後に、永井 隆博士が40年前に残した「いとし子よ」を朗読。
「いとし子よ。‥‥私たち日本国民は憲法において戦争をしないことを決めた。‥‥わが子よ!憲法で決めるだけなら、どんなことでも決められる。憲法はその条文どおり実行しなければならぬから日本人としてなかなか難しいところがあるのだ‥‥もしも日本が再武装するような事態になったらその時こそ‥まことよ、かやのよ、きっぱりと戦争絶対反対!を叫び続け、叫びとおしておくれ!‥‥」(抜粋)
 

 「ここに集まった皆さんがまずは家族から、職場から、友達から一人でも多くの方に『生れてきた命は一つしかない、地球より重いこの命をどうやって守るのだ?』と伝えて頂きたい!私は辺野古に基地をつくらせないと言った知事が誕生したことを誇りに思う。そのことを140万県民が心を一つにして頑張った。佐賀の80万県民が何を選択するかは皆さんの行動です。沖縄の運動にならって、皆さんが一緒になって行動したいという思いを一人でも多くの人に伝えていく事が、子や孫の時代まで歴史に耐えられるような闘いを勝ち取る道だと思う。それは命を育む女性に出来ることだと思う」と結んだ。
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-30 11:16 | 活動日誌 | Comments(0)

政権への怒り結集

f0150886_1046768.jpg
            社大党 糸数慶子委員長

 -衆院選の意義は何か。
 「大義なき解散総選挙だ。700億円という国民の税金を無駄に使い、自民党の党利党略を優先した。強権的、右翼的な安倍政権や公約を破った自民党国会議員に対し、県民の怒りの声を突き付けるチャンスだ」
 

 -争点についてどう考える。
 「沖縄の立場からは普天間、辺野古新基地建設の問題が一番の争点だ。危険な普天間飛行場は一刻も早く使用を差し止め、無条件で返還すべきだ。安倍政権が国民の審判を受ける選挙でもある。消費税増税、集団的自衛権の行使容認、特定秘密保護法案の強行採決、武器輸出三原則緩和など多くの政策で国民、県民の暮らしを脅かしている」

 -最も訴えたい政策は。
 「基地問題と沖縄の経済振興を全面に戦う。翁長雄志次期知事も言うように、基地は沖縄経済発展の最大の阻害要因だ。基地を返還させた跡地を有効活用する。沖縄らしさを生かし、観光と農業が連動した6次産業を確立する。待機児童解消、学童クラブ増設などにも力を入れる。子育て中の親や親の介護をする人たちを支援する。労働者に優しい環境づくりに尽力する議員を国会へ送り出したい」

 -基地問題の解決にどう取り組むのか。
 「辺野古の新基地建設反対のほかに、高江のヘリパッド建設やオスプレイの強行配備の撤回を求める。防衛や安全保障はそもそも国民全体で負担すべき課題だ。なぜ沖縄だけに押し付けるのか。負担軽減を求める県民の声を今選挙で明確にする。

 -党としての取り組みは。
「1区の赤嶺政賢氏、2区の照屋寛徳氏、3区の玉城デニー氏、4区の仲里利信氏を等距離で応援する。党内に衆議院の選対本部を置いてそれぞれに議員を配置し、戦う」

 -衆院選の結果は県内政局にどう影響するか。
 「昨年の参院選、ことしの名護市長選、知事選という流れが完結する。全選挙区で建白書の理念を受け継ぐ候補者の勝利を目指す。県民の意思に反し、新基地建設を強行する自民党政権に対し、ノーという声を突き付ける大事な選挙だ」

※「沖縄タイムス」2014年11月30日「12.14衆院選 戦略を問う 県内政党インタビュー⑦」
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-30 10:44 | 報道 | Comments(0)

辺野古移設で対立 県内9政党座談会

f0150886_11101077.jpg
  琉球新報社は27日、12月2日公示、14日投開票の衆院選に向け、県内9政党の代表を那覇市の本社に招き、座談会を開いた。今月16日の県知事選で最大の争点になった米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題について、自民党県連は政府が進める移設作業を容認する立場から「推移を見守る」としたのに対し、公明を含む8党が辺野古移設に反対または否定的な姿勢を示し、対立軸が鮮明になった。
 普天間飛行場の返還・移設問題で、自民は「誰も対案を示すことができない。(県民に)絶対駄目との感情はあるが、推移を見守る」と主張。一方、他党は「辺野古の中止・撤回が解決策」(そうぞう)などとして計画見直しを求めた。移設を推進する立場の党本部とねじれがある民主党県連は「党内で正式なテーブルをつくる」と述べ、移設反対を党本部に働き掛けるとした。
 知事選で移設に反対する翁長雄志氏が当選したことが衆院選に及ぼす影響については、翁長氏を支援した社民、共産、社大が「保革を超え団結すれば自民党を打ち破れる」と枠組みの維持を示した。知事選で下地幹郎氏を支援したそうぞう、維新は「民意は示された」との認識を示し、自主投票だった公明、民主は「県民の意思を真摯(しんし)に受け止める」などとした。自民は「衆院選は政権選択の選挙」として知事選とは直接関係はしないとの考えを示した。
 政権の経済政策については、自公が高く評価したのに対し、野党は「経済失政」などと批判し、民主は税と社会保障の一体改革への取り組み不足だと批判した。

 安倍政権に県民審判 社大 糸数氏

 【普天間問題】
 -米軍普天間飛行場の移設・返還問題の解決策についてどう考えるか。
 糸数 県内移設については名護市長選、知事選ではっきりノーという民意が出された。危険性を放置し続けている日米両政府にしっかりと受け止めていただき、県外、国外移設を確立させていきたい。

 【安倍政権】 
 -安倍政権の評価は。
 糸数 右傾化が顕著で、集団的自衛権の行使容認を自公の密室で決めた。戦争する国へひた走る内閣だ。

 【衆院選の意義と争点】
 -衆院選の意義をどう考えるか。争点は何か。
 糸数 安倍政権や公約を破った議員に県民の審判を突き付けるチャンスだ。基地問題が一番の争点だ。

 【消費税増税】
 -安倍政権の消費増税先送り、経済政策の評価は。
 糸数 増税分は社会保障の拡充に充てるはずだったが、公共事業や株価対策に使われた。賃金は上がらず、国民生活に大打撃だ。

 【知事選の意義・影響】
 -普天間飛行場の辺野古移設に反対する翁長雄志氏が当選した知事選の意義、衆院選に与える影響をどう見るか。 
 糸数 知事選の結果から辺野古への新基地建設は即時断念すべきだ。日米両政府は民主主義国家として正しい対応をしてほしい。

※「琉球新報」2014年11月28日「政党座談会」より抜粋

 自民除き普天間争点 9政党座談会
f0150886_14233894.jpg

 【普天間問題のスタンス】
 -普天間問題の考え方は。争点になると捉えているのか。
 糸数 普天間は一番の争点だ。基地の存在自体が人権侵害で、差別政策。普天間は即時閉鎖、県外国外移設が当然で辺野古新基地建設は許さない候補4人全員の当選を勝ち取っていく。

 翁長氏勝利で優位 糸数氏
 【知事選の影響】
 -知事選の結果が衆院選にもたらす影響は。
 糸数 知事選の翁長勝利は衆院選によい結果を及ぼす。知事選で生まれたオール沖縄の枠組みを衆院選でも引き続き生かして戦っていく。

 【支援する候補者】
 -支援する候補者と理由
 糸数 知事選での枠組みを大事に、「建白書」勢力の完勝に全力を注ぐ。安倍政権や公約を破った自民党国会議員5人を許さないという意思を示す選挙だ。

 基地負担重いまま 糸数氏
 【安倍政権への評価】
 -安倍政権の全体的な評価は。
 糸数 集団的自衛権行使容認こそ解散するべきだった。防衛・安保は国民全体で負うべきなのに沖縄だけが69年間背負い続けている。負担軽減を望むなら、県民の意志をくむべきだ。

 【アベノミクス・再増税先送りの評価】
 -アベノミクス、消費税の増税先送りの評価は。
 糸数 アベノミクスは失敗だ。生活は楽になるどころか賃金は上がらず生活格差は広がる。法人税減税では国民は到底納得しない。

※「沖縄タイムス」2014年11月28日「衆院選・政党座談会」より抜粋
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-28 11:14 | 報道 | Comments(0)

区割り維持を要望

 昨年7月の参院選の「1票の格差」訴訟で、最高裁が「違憲状態」との判決を出したことについて、県選出の参院議員らは「重く受け止める」などとしつつも、沖縄の区割り維持を求めた。
 昨年7月の参院選で再選した糸数慶子氏(無所属)は「地域の平等性担保のため県単位の選挙区確保も必要。単独自治州をめざす沖縄県にとって単独選挙区制度の維持は必須だ」と述べた。…………
※「琉球新報」2014年11月27日

 ……当選した糸数慶子参院議員は「重く受け止める。完全平等には比例代表制しかないが、地域の平等性担保のため県単位の選挙区確保も重要」と指摘。「二院制の在り方と参議院の役割を含めて議論すべきだ」とした。……
※「沖縄タイムス」2014年11月27日
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-27 11:50 | 報道 | Comments(0)

県民会議 辺野古建設中止訴え 沖縄防衛局へ計画撤回要請

f0150886_18403559.jpg
 【嘉手納】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、市民団体などでつくる「基地の県内移設に反対する県民会議」は25日、沖縄防衛局(井上一徳局長)を訪れ、新基地建設の工事中止と計画の撤回を求めた。要請前には、市民団体ら120人(主催者発表)が同局前に集まり、新基地建設工事に反対する集会を開いた。

 要請書では県知事選で、普天間飛行場の閉鎖と辺野古新基地建設反対を訴える翁長雄志氏が現職の仲井真弘多氏に10万票差をつけて勝ったことを指摘。19日早朝からキャンプ・シュワブ沿岸でオイルフェンスや浮桟橋を設置する海上作業を再開したことを挙げ、「県知事選で示された民意を尊重するべきだ」と訴えた。
 井上局長は県知事選の結果には言及せず、「普天間飛行場の移設は早期返還して危険性を除去することが原点だ。今後も安全かつ着実に作業する」と答えた。
 市民団体からは「防衛局には示された民意に応える義務はないのか」や「オスプレイ配備などで普天間飛行場の危険性を増幅させながら、危険性の除去だというのはしらじらしい理論だ」などの声が挙がった。

※「沖縄タイムス」2014年11月26日26面

 基地建設抗議し120人気勢上げる 嘉手納で集会

 【嘉手納】沖縄平和運動センターやヘリ基地反対協議会などで構成する「基地の県内移設に反対する県民会議」は25日、名護市辺野古の新基地建設工事に抗議する集会を嘉手納町民広場で開いた。参加下120人(主催者発表)が「新基地建設をやめろ」などとシュプレヒコールを上げた。
 ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表は「埋め立ては言語道断で、辺野古でのさまざま工事を即刻止めるべきだ」と話した。糸数慶子参院議員は「新基地建設に‶NO″という私たちの民意を実現させなければならない」とあいさつした。
 集会後には、同会議の代表者らが井上一徳沖縄防衛局長と面談し、工事の中止と計画の撤回を求める要請書を手渡した。井上局長は「県知事選の結果についてのコメントは差し控える」とし、辺野古での工事に関しては「一つ一つの作業を安全かつ着実に進めたい」と繰り返した。

※「琉球新報」2014年11月26日
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-26 18:42 | 報道 | Comments(0)

知事選勝利-沖縄県民の自己決定権への希求

 翁長雄志沖縄県知事誕生の翌日、直ちに上京し、国会の外交防衛委員会で、市民集会で、インターネットテレビ出演で、「辺野古に新基地はつくらせない」という県民の選択と意義について報告しました。
f0150886_1825481.jpg
  17日午後、参議院会館で開かれた「先住民族世界会議報告会」(※)では、当真嗣清さん(AIPR)と一緒に、世界会議の報告をしました。そして、県知事選挙勝利の意義、沖縄の自己決定権の希求、これ以上の過重な基地負担は受け入れられない-辺野古新基地建設反対の県民の意思の現れであると報告しました。

(※「先住民族世界会議報告集会-アイヌ、沖縄・琉球の人びとの声から 日本の先住民族政策の未来を考える」(主催:アイヌ民族評議会、琉球弧の先住民族会[AIPR]、市民外交センター、反差別国際運動日本委員会)

 沖縄県民の選択-UIチャンネル出演
f0150886_18261110.jpg
 17日の夜には、第77回UIチャンネル放送(提供:東アジア共同体研究所)に出演し、「沖縄県民の選択」と題して高野孟さんと1時間にわたり対談しました。保革を超えた沖縄のアイデンティティを示したこと、辺野古埋め立て阻止に向けた今後の運動、衆議院選挙での沖縄のたたかいについてお話ししました。

 辺野古新基地建設の断念を-11・18外防委
f0150886_18272692.jpg
 18日には、外交防衛委員会で、岸田外務大臣に「沖縄県知事選挙の結果」について見解をただしました。答弁は「辺野古移設は日米合意の既定路線」と政府方針を繰り返すばかり。
 私は次のように主張し、「辺野古新基地建設の断念」を求めました。

 1月の名護市長選挙に続いて、再び「埋め立て承認・辺野古新基地建設反対」の強固な民意が示されました。この結果は、県民の多数意志が何を求めているのか、明白になりました。
 同時に実施された那覇市長選挙も「オール沖縄」の旗を掲げた候補者・城間みき子氏が当選を果たし、知事選とダブル勝利を勝ち取りました。
 仲井真知事が昨年12月に行った「埋め立て承認」は、県外移設の公約に反して、事前に何の説明もないまま、ほとんど独断で承認したことが有権者から二度も否定された事実を政府は認めるべきではありませんか。
 「地元の合意なしに」「地元の頭越しには進めない」という普天間問題初期の政府方針に立ち戻り、計画見直しに向けた話し合いに入るべきではありませんか。
 1996年の返還合意から18年、県民にこれ以上精神的負担を強いてはならないと思います。ここまできて、なお新基地建設を強行するのは、やはり県民に対する構造的差別であり、民意を尊重しないのであれば、もはや日本は民主主義国家ではないと言わざるを得ません。
 当選した翁長雄志氏は「沖縄の民意に配慮できないと言うのであれば日本の民主主義はアジアや世界から評価されない。粛々と辺野古を埋め立てていく、という発想は、世界から民主主義国家としての信頼を失うという意味で大変な損失になる」と指摘しています。
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-19 18:22 | 活動日誌 | Comments(0)

「新基地」撤回を-知事選コメント

 糸数慶子参院議員(無所属) 翁長氏の圧倒的、そして歴史的勝利によってこれ以上の基地負担は認めないという民意が再確認された。日米両政府は、民主主義の原則にのっとり、県民の主張を受け止め、辺野古新基地建設を撤回すべきだ。

※「沖縄タイムス」2014年11月18日「知事選 県関係国会議員コメント」欄に掲載
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-17 10:24 | 報道 | Comments(0)

サトウキビ保護は維持-11・6連合審査

f0150886_14472035.jpg

 農相 日豪EPA締結で
 【東京】西川公也農相は6日の参院外交防衛委員会・農林水産委員会連合審査会で、日本とオーストラリアの経済連携協定(EPA)締結で県内のサトウキビ農業や製糖業への影響について「現行の制度を維持する」と述べ、精製糖製造用の高糖度粗糖については糖度に応じた調整金の賦課による保護措置制度を継続する考えを示した。
 精製糖と一般粗糖が協定発効後5年をめどに再協議されることについては「見直しの際は、国内農林水産業の存立、健全な発展とが両立し得るよう、またサトウキビ生産者が意欲を持って経営を続けていくことができるよう全力を挙げて取り組んでいく」と述べた。
 無所属の糸数慶子氏に対する答弁。
※「琉球新報」2014年11月7日
f0150886_14504736.jpg
  答弁する西川公也農相。(連合審査は第1委員会室で行われました)
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-07 14:52 | 報道 | Comments(0)

脳科学から「抑止力」懸念 茂木さん講演会

f0150886_17285875.jpg
   茂木健一郎さん(中央)を囲んでトークを行いました。

 
 沖縄好きで頻繁に訪れるという脳科学者の茂木健一郎さん(52)が2日、那覇市の県立博物館・美術館で講演した。沖縄に米軍基地を置く根拠にも使われる「抑止力」について、「脳科学のせかいでは、力で相手を抑えつけることで全人類的な破滅を起こす可能性が深刻に懸念されている」と指摘し、強い疑問を投げ掛けた。「沖縄の未来」と題し、約220人に語った。特別講演会実行委員会の主催。
 茂木さんは、イスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」を例に「過激派が出てくる背景には大国の横暴や、力による抑圧がある」と強調。「辛うじて今は平和だが、テロリストが小型化した核兵器を手に入れられる時代。人工知能技術を使った無人攻撃機も開発され、制御不能になる懸念が出ている」と訴えた。
 地位と権力に基づいて相手を支配する「パワー」と、人格の力で周りに影響を与えたり感化したりする「インフルエンス」の以外についても説明。「沖縄は歴史的にパワーはなかったが、周りを引き付けるインフルエンスがものすごくある。沖縄の子どもたちは本土より、誇りを持って海外につながっている」と語った。
 茂木さんは講演会に先立ち辺野古を訪れ、ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表から話を聞いた。

 講演会では糸数慶子参院議員が9月米ニューヨークの国連本部で開かれた「先住民族世界会議」でのやりとりを報告したほか、茂木さん、糸数さん、緒方修沖縄大学客員教授によるトークもあった。

※「沖縄タイムス」2014年11月4日
[PR]

by itokazu-keiko | 2014-11-04 10:27 | 報道 | Comments(0)