うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


百田尚樹氏発言「沖縄を侮辱」 県選出国会議員5氏が声明

f0150886_14304398.jpg
 作家の百田尚樹氏に対する抗議声明を発表する玉城デニー衆院議員(左から2人目)ら沖縄選出の野党国会議員=27日午前、那覇市

 沖縄県選出の野党国会議員5人は27日、自民党若手国会議員の勉強会で、作家の百田尚樹氏が「沖縄2紙はつぶさないといけない」などと述べた問題をめぐり、発言を「暴言、妄言」として撤回と謝罪を求める抗議声明を発表した。同日、県議会で記者会見を開いた。声明文は「民主主義社会にあってマスメディアが権力に対して批判的なスタンスであることは健全だ。報道機関を名指しして『つぶす』と述べるのは憲法21条の報道・表現の自由に反する。断じて看過できない」と訴えている。百田氏の発言に、「事実誤認に基づくもので、沖縄に対する不見識の甚だしさを物語っている」と批判している。
 照屋寛徳衆院議員(社民)は会見で「百田氏の発言は単なる勉強不足をはるかに超えた、悪意に基づく意図的な曲解だ」と批判した。百田氏の小説『永遠のゼロ』を引用して、出席した自民党議員に対し「国会議員としての資格や資質は『永遠のゼロ』だ」と語った。
 仲里利信衆院議員(無所属)は一連の百田氏の発言に対し「本気でああいうことを言う自体が考えられない。ウチナーに対する侮辱の発言だ」と憤った。
 玉城デニー衆院議員(生活)は百田氏が自身の発言を冗談だったと話したことに「オフレコや冗談という逃げはない」と非難した。
 糸数慶子参院議員(無所属)は安倍晋三首相に対し、「事実を確認し、県民と新聞社に謝罪するべきだ」と抗議した。
 声明文は照屋氏をはじめ、赤嶺政賢氏(共産)、玉城氏、仲里氏、糸数氏の連名。百田氏本人と、勉強会に出席した国会議員に近く送る。

※「沖縄タイムス」2015年6月28日

県選出野党議員が自民報道圧力に抗議 「違憲、看過できず」

f0150886_14342076.jpg
 自民党若手議員の勉強会で県内2紙など報道機関に圧力をかける発言が出たことへの抗議声明を発表する「うりずんの会」の(左から)糸数慶子氏、玉城デニー氏、照屋寛徳氏、仲里利信氏=27日、県議会

 沖縄県選出の野党国会議員でつくるうりずんの会(会長・照屋寛徳衆院議員)は27日、安倍晋三首相に近い自民党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」に講師として招かれた作家の百田尚樹氏や出席議員から、県内2紙をはじめ報道機関に圧力をかける発言が相次いだ問題で、抗議声明を発表した。声明文は会合に出席した議員や百田氏に送付し、県民への謝罪を求める。
 抗議声明は「民主主義社会でマスメディアが権力に批判的であることはむしろ健全だ。報道機関を名指しして『つぶす』などと述べるのは憲法21条の報道・表現の自由に反し、断じて看過できない」などとした。27日に県議会で記者会見した照屋会長らは「首相に近い議員の勉強会で出た発言で、非常に重い。権力を利用し、憲法で保障された報道、言論の自由を弾圧する意図がうかがえる」と述べた。
 照屋会長は記者会見で「単なる調査、勉強不足、不適切というのをはるかに超えた、悪意に基づく意図的な曲解だ」と批判した。

※「琉球新報」2015年6月28日

〇資料  作家・百田尚樹氏の暴言、妄言に対する抗議声明

 去る6月25日、安倍首相に近い自民党国会議員有志勉強会「文化芸術懇話会」に講師として招かれた作家の百田尚樹氏が、沖縄の地元二紙を批判し、在沖米軍基地の形成過程について誤った認識を示した。
 会合で出席議員から、沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」と主張したようだ。
 民主主義社会にあって、マスメディアが権力に対して批判的なスタンスを取るのは、むしろ健全である。いかなる理由があれ、報道機関を名指しして「つぶす」などと述べるのは、憲法第21条の報道・表現の自由に反するもので、断じて看過できない。
 地元紙二紙が基地問題を大きく扱うのは戦後70年、「本土」復帰43年経った今なお、沖縄が国策の犠牲を強いられ続け、問題が解消していないからだ。
 仮に、百田氏が「県民が地元紙に騙されている」との認識の持ち主ならば、その発想が間違っている。資本主義社会にあって、地元二紙が県民の支持を失えば、直ちに発行部数に跳ね返り、淘汰されていく。地元二紙は丹念な取材で得た事実に基づき、県民世論の代弁者として政府を追及しているだけである。思い込み、事実誤認の甚だしい百田氏に批判されるいわれはない。
 また、百田氏は会合で、市街地のど真ん中に位置する「世界一危険な」米軍普天間飛行場の成り立ちを「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と述べたようだ。その認識も大きく間違っている。
 普天間飛行場は1945年の米軍占領と同時に強制接収された土地で、ほとんどが私有地だ。戦前は、5つの集落が存在し、役場や郵便局、小学校などの公共施設や商店が立ち並ぶ地域の中心地であった。
 百田氏は「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。大金持ちなんですよ」との持論も展開したという。
 沖縄には、いわゆる軍用地主が約4万3千人いるが、その半数以上(54.2%)が年間地料100万円以下だ。500万円以上受け取っているのは約3,400人(7.9%)に過ぎない(平成23年度。沖縄防衛局資料)。地権者の高齢化にともない相続が進み、1人当たりの受け取り額は年々減少しているのが実態である。
 ほとんどの地権者は、先祖の眠る土地の一日も早い返還を願っている。百田氏の指している「六本木ヒルズ暮らしの大金持ち」とは、軍用地を投機対象にしている土地ブローカーのことではないか。
 以上、百田氏の数々の発言は著しい事実誤認に基づくもので、沖縄に対する不見識の甚だしさを物語っている。もはや「不適切」「不穏当」発言との表現ではあき足らず、「暴言」「妄言」であると厳しく指弾せざるを得ない。私たち5名の国会議員は百田尚樹氏に対し、発言の撤回と地元二紙への速やかな謝罪の意思を示すよう強く求めるものである。

2015年6月27日  沖縄県選出国会議員

衆議院議員 照屋 寛徳       衆議院議員 赤嶺 政賢

衆議院議員 玉城デニー       衆議院議員 仲里 利信

参議院議員 糸数 慶子
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-28 14:36 | 報道 | Comments(0)

県民を愚弄する暴言

 糸数慶子参院議員(無所属)は「沖縄の二紙と沖縄県民を愚弄する暴言で、看過できない。出席議員から百田氏の発言に対する批判は出ておらず、そのことも大問題だ」と指摘した。

※「琉球新報」2015年6月27日「百田発言へのコメント」
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-28 10:07 | 報道 | Comments(0)

沖縄戦終結70年 語り継ぐ、平和の未来へ

f0150886_9522492.jpg

 沖縄で苛烈な地上戦が終結して七十年がたちました。惨禍を繰り返さないためにも、戦争の記憶をしっかりと語り継ぐ。今を生きる私たちの責任です。

 日米両軍が沖縄戦の最後に激しい戦火を交わした沖縄本島南部の糸満市摩文仁(まぶに)。その戦跡に広がる平和祈念公園できのう全戦没者追悼式が営まれ、安倍晋三首相、ケネディ駐日米大使らも参列して犠牲者に祈りをささげました。

 沖縄戦は日本国内で唯一、住民を巻き込んだ大規模地上戦です。一九四五年六月二十三日、日本軍の組織的戦闘が終わりますが、約六十万県民の四分の一が亡くなったとされる激烈な戦いでした。

◆戦争の痕跡が身近に

 沖縄県選出の参院議員である糸数慶子さん(沖縄社会大衆党委員長)は戦後の四七年に生まれ、読谷(よみたん)村で育ちました。戦時中、日本軍の飛行場があり、米軍が沖縄本島で最初に上陸した場所です。

 糸数さんは子どものころ、祖母から寝物語に戦争の話を聞かされたそうです。食料が乏しく辛(つら)い思いをしたこと、避難していた壕(ごう)を友軍であるはずの日本軍に追い出されたこと、など。

 戦争が終わっていても近くの畑からは遺骨や不発弾が見つかる日常です。戦争は身近に感じる、怖い存在だったといいます。ただ、沖縄戦が家族にもたらした本当の残酷さを知ったのは母親を亡くした後、祖母や親類から聞いた母親自身の体験でした。

 身重だった糸数さんの母親は祖母、叔母、二人の姉や兄と本島北部に疎開していました。

 激しくなった戦火を逃れてさまよい、四五年六月、避難壕の中で女の子を出産しますが、生後一週間ほどで亡くなり、後を追うように、当時三歳だった兄も栄養失調で亡くなってしまいました。

◆母親の辛い戦場体験

 子どもの死を受け入れられない母親。亡くなった兄を遺体の腐乱が進んでも離そうとせず、生きているかのように語りかけていた、といいます。最後は、無理やり引き離して埋葬したそうです。

 母親本人はこのことを決して語らなかったといいます。戦後の明るい振る舞いからは想像もできない悲しみを体験していたのです。

 沖縄戦犠牲者の無念さは言うまでもありませんが、砲火をくぐり抜け、家族や親類、友人ら親しい人を亡くした辛い体験は生き延びた人の数だけあるはずです。

 自らの体験を語り継がなければと、悲しみを胸に証言した人、長い歳月をかけて、ようやく重い口を開いた人、糸数さんの母親のように、辛すぎて、語れなかった人もいるに違いありません。

 沖縄では県をはじめ自治体や研究者、メディアによって沖縄戦体験者からの聞き取り調査が続けられてきました。得られた証言は、住民を巻き込んだ戦闘の実相を知る上で、貴重な資料です。

 ただ残念なのは、沖縄戦の体験者が時の流れとともに徐々に少なくなり、語り継いできた人も高齢になっていることです。

 糸満市の「ひめゆり平和祈念資料館」で続いてきた「ひめゆり学徒隊」自身による団体向けの講話は、語り部の高齢化で今年三月で幕を閉じた、といいます。

 時の運命は残酷だからこそ、今を生きる私たちが、戦争体験を後世に伝えなければなりません。

 人類は、殺し、殺されという歴史を繰り返してきました。兵器の破壊力が極限まで達した今、本格的な戦争が始まれば人類は破滅の道をたどります。沖縄に限らず、戦争の辛い体験を後世に語り継いでこそ、二度と戦争はしないという「抑止力」になるはずです。それは人類が命をつなぐための英知とも言えます。

 沖縄の地元紙、琉球新報などによる県民対象の世論調査では戦争体験を「もっと語り継ぐべきだ」との答えは75%に達し、「現在の程度で語り継げばよい」(19%)を合わせて戦争体験を継承すべきだとの答えは94%に上りました。

 県民の九割近くが戦後生まれとなり、薄れゆく戦争体験を語り継ぐ大切さは、より増しています。

◆攻撃対象に、との不安

 平和バスガイドとして沖縄戦の惨禍を伝えてきた糸数さんは、再び戦争に巻き込まれるとの不安が沖縄で今、増していると話します。

 他国同士の戦争に加わる「集団的自衛権の行使」に道を開く安全保障法制関連法案が審議され、在日米軍基地の約74%が集中する狭隘(きょうあい)な島に、また新たな基地を造ろうとしています。戦争になれば、基地は真っ先に攻撃対象です。

 戦争を語り継いできた県民が肌で感じる危機感を、すべての国民が共有できているのでしょうか。

 再び戦争の過ちを起こさず、沖縄県民の過重な基地負担を減らすためにもまず、本土に住む私たちが沖縄の戦禍を知り、未来へ語り継ぐことが大切なのです。

※「東京新聞」2015年6月24日「社説」
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-24 09:56 | 報道 | Comments(0)

郡山市で戦争法制反対の集会

f0150886_1521087.jpg
  6月21日(日)、「6・21戦争させない・9条壊すな福島県中県南集会」を郡山市の「ビッグパレットふくしま」で開催しました。
 参加者は650人。主催者挨拶の後、3人の方から報告を受けました。山本太郎さんは「戦争法制は国民を守るためではない。今こそ野党の結集を」と力強く訴えました。糸数慶子さんは沖縄の歴史と現状、沖縄戦でのお母様の体験、「オール沖縄で新しい道を切り開こうとしている」ことを話され、参加者の心に重く深く響きました。名木昭さんは郡山市の空襲や戦時中の体験にふれ、平和の大切さを訴えました。
 その後、平和を訴えるダンス、戦争体験者、高校生平和大使、沖縄平和行進報告、母親、キリスト教牧師の方々からリレートークがあり、「子どもたちの未来のため力を合わせていこう」という集会宣言を採択し、「戦争させない」「9条こわすな」のコールの後、歌に送られながらパレードに出発しました。
                         (福島県教職員組合郡山支部 前田文子)
f0150886_153496.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-22 15:01 | 活動日誌 | Comments(0)

「とめよう!戦争法案」で連続行動

 衆議院で安保法制特別委員会の審議が続いています。国会前では14日から連日座り込みの市民でいっぱい。木曜日には夕方に大集会が開かれ、24日には国会包囲行動もおこなわれます。
f0150886_1491520.jpg
 6月11日(木)、「とめよう!戦争法案 6・11国会前木曜連続行動」(主催 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)で連帯と激励のごあいさつをさせていただきました。
f0150886_14194269.jpg
 6月11日、 立憲フォーラム主催の院内集会があり、辻元清美安保特委員から状況報告、憲法学者の小澤隆一慈恵医大教授、軍事評論家の前田哲男さんから夫々、砂川判決、新ガイドラインなどについてお話がありました。
f0150886_14253534.jpg
 6月16日、「集団的自衛権を考える議員と市民の勉強会」で開会のごあいさつをしました。
f0150886_14343933.jpg
 5月26日、総がかり行動で連帯のごあいさつ。
f0150886_143915.jpg
 5月12日、「許すな戦争法案 戦争をさせない・9条壊すな5・12集会」(日比谷野外音楽堂)で「社会大衆党委員長」として、沖縄からのメッセージをとどけました。 
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-19 13:29 | フォトレポート | Comments(0)

オスプレイ配備見直せ-6・11外防委

f0150886_13121114.jpg
 6月11日、外交防衛委員会で一般質問をおこない、①ハワイにおけるオスプレイ墜落事故②辺野古問題③土砂搬入・外来種混入問題について質問しました。
 辺野古問題では、沖縄防衛局による県の海底作業停止指に対する不服申立てについて、農水省・防衛省を、米軍に対する立入り申請について岸田外務大臣を追及しました。

 西普天間住宅地区跡地の現状や対策-6・16外防委
f0150886_13213754.jpg
 6月16日、外交防衛委員会でアスベスト問題を取り上げ、西普天間住宅地区跡地の現状や対策についてー地権者等への引渡し期間などどのような影響が生じるのか-防衛省を追及しました。
 その他に、特許法条約と商標法シンガポール条約についても質問しました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-17 13:10 | 活動日誌 | Comments(0)

英国視察委員会委員来日-大使館でレセプション

f0150886_18211684.jpg
 ニック・ハードウィック氏(英国王立刑事施設視察委員会・主任査察官)と宮内博史弁護士と懇談

 6月15日、英国王立刑事施設視察委員会委員の来日を記念した英国大使館主催のレセプションにご招待していただきました。
 衆参合わせた国会議員から私一人が招かれた理由は、法務委員会で英国の視察委員会について質問したことがあったからです。
 2014年6月5日の法務委員会で、英国の視察委員会と日本の視察委員会のとの対比など、2012年秋に英国の視察委員会を訪問した日本の弁護士の皆様のレポートを参考に質疑したことがきっかけでした。
 

英国王立刑事施設視察委員会(HMIP)-刑事・入管その他各種の収容施設を定期的に視察し,収容施設における人権侵害事案について調査したり施設環境の改善を勧告したりする王室直轄の組織です。法曹関係者,学識者,医師,元刑事施設長等から成り,施設において,①弱い立場に置かれた被収容者が安全に過ごせること②被収容者が敬意を持って遇されること③被収容者が有益な活動に参加できること④被収容者が社会復帰のための準備を行い,再犯のリスクを減らすこと
 という4つの視点から,施設を視察します。
 また,国連拷問等禁止条約選択議定書に定められた「国内防止措置(NPM,国内における拷問の予防及び監視を行う機関)」にも指定されており,被収容者の人権問題に関する権威ある組織です。(日弁連HPより)
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-16 18:24 | 活動日誌 | Comments(0)

子宮頸がんワクチン副反応24人 家族ら県に支援要請

f0150886_14572499.jpg
 県保健医療部の仲本朝久部長(右端)に支援を要請する被害者を支える会の共同代表たち(手前)=15日、県庁

 接種後に長期間の痛みやしびれなどが報告されている子宮頸(けい)がんワクチンの副反応について、県内では15日までに県内外の医療機関から24人が報告されていることが分かった。副反応は頭痛や全身の倦怠(けんたい)感、歩行障害、睡眠障害など多岐にわたり、副反応の認知度が低いことから診断されていない場合も考えられる。
 県と県医師会は7、8の両月、県内の医療機関、市町村への予防接種研修会で、初めて同副反応をテーマに掲げる予定。市町村や県内の医療機関が診療できるよう周知を図る。
 被害者支援団体「宮古島子宮頸がんワクチン副反応被害者を支える会」共同代表で、副反応に苦しむ子を持つ親4人が15日、県庁に仲本朝久保健医療部部長を訪ね、県内どこでも等しい支援が受けられる助成などを求めた。
 宮古島市は独自に副反応治療への医療費や渡航費などの助成を決めている。同会共同代表の一人で、副反応を起こした高校3年生の娘を持つ男性は「治療法が確立されてなく当事者も家族も苦しい。本島や本土への通院は経済的、精神的、身体的に負担だ」と説明。「県が県内全域に治療の助成するべきだ」と訴えた。

※「琉球新報」2015年6月16日

 失神、けいれん…少女4人が苦しむ副反応
 子宮頸がんワクチンで県に調査求める


 
 中学生だった2011年度に子宮頸(けい)がんワクチンを接種した後、重い頭痛や全身倦怠(けんたい)感、歩行障がいなど副反応とみられる症状に苦しむ宮古島市の10代の女の子4人の保護者が15日、沖縄県庁に出向き県内すべての接種者の被害実態を調査するよう知事宛てに要望書を提出した。15日現在、県内の副反応報告数は24件。4人のうち2人は報告に含まれておらず、支援者らは潜在的な被害者はさらに多いとみている。

 県内で公費負担による子宮頸がんワクチン接種は10年度に宮古島市と西原町、金武町で始まり、後に県内すべての市町村で実施された。副反応の訴えが全国的に相次ぎ、国が積極的に接種勧奨しない方針に転換する13年6月まで計3万7270人が接種した。

 4人の中には、突然の失神や過呼吸、けいれん、歩行障がいのほか、握力が低下しペットボトルのふたが開けられなくなるなどの症状がある。保健室登校や留年、通信制への転校を余儀なくされた人もいる。

 うち2人は約3年間、苦しんだ後に県外の専門医につながり、ことし1月にようやく報告数に加わった。残る2人も検査などを進めているが、報告数には含まれていない。

 宮古島市は治療費や渡航費を一部助成する方針を決めた。だが付き添いの保護者の県外渡航や滞在費を含め半年で約200万円ほどかかった人もおり、十分とはいえない現状がある。

 要請したのは保護者と支援者でつくる「宮古島子宮頸がんワクチン副反応被害者を支える会」。要望書では(1)国の支援策が決定するまでの医療費などの支援(2)接種時の状態などを記した予診票の「長期間」保管や全接種者の被害実態調査・相談窓口設置(3)琉球大学医学部付属病院や地域の医療機関と、県外専門医の連携システム確立-などを求めている。

 【ことば】子宮頸がんとワクチン 子宮頸がんは年間約1万人の患者が報告され、近年は20~39歳の若い層が増えている。死亡は年間約3千人。ワクチンは、原因の5~7割を占める二つのタイプのウイルスの感染を防ぐとされる。国は2010年11月にワクチン接種の緊急促進事業を通知。公費接種が始まったが、呼吸困難や頭痛、しびれなど重篤な副反応が相次いだ。国はワクチンとの因果関係を認めていない。

※「沖縄タイムス」2015年6月16日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-16 14:56 | 報道 | Comments(0)

野党が民法改正案を提出 6月12日

f0150886_18131515.jpg

  参議院の民主・共産・社民と無所属の議員が6月12日、民法改正案を発議(提出)しました。
 改正の主な内容は、選択的夫婦別姓制度の導入、再婚禁止期間を100日に短縮、婚姻最低年齢を男女とも18歳とするなどです。
 選択的夫婦別姓制度導入の民法改正案が提出されるのは、2009年の通常国会以来6年ぶりとなります。
 提出後の記者会見では、筆頭発議者である民主党の小川敏夫議員が、「最高裁で大法廷に回付され、判断が出るということもあるが、やはり国会で主体的にこの問題については立法解決すべきでないかということ
で一致した」と、提出の経緯を説明しました。

◆出席議員の主な発言は次のとおりです。

 仁比聡平議員(共産党)
 1996年の法制審答申以来19年。この立法の不作為が正面から問
われておかしくない時期だ。そうしたもとで大法廷に回付された。とり
わけ女性運動の皆さんの期待も高いので、必ずその声にこたえ、審議入
りを果たすために頑張りたい。

 福島みずほ議員(社民党)
 今回提出に加わっていない維新や生活や他の党の中にも賛成の方がい
らっしゃる。公明党はこの法案に党として賛成だ。今、事態は大きく変
わった。最高裁で違憲判断が出る可能性がある。最高裁が判断をする前
に国会が立法者としてその責任を果たすべきだ。

 糸数慶子議員(無所属)
 来年2月に国連女性差別撤廃委員会が日本の審査を行うことを考える
と、今国会で法改正しなければならない。2003年から繰り返し勧告
を受けている不名誉な状況を変えていけるように頑張っていきたい。

 薬師寺みちよ議員(無所属)
 何度も何度も、国会内では当事者を含めた集会も開かれ、法制化が求
められてきた。久しぶりに法案が出されたことを一歩として、選択的夫
婦別姓実現のために党派の違いを超えて、みなさんと一緒に頑張ってい
きたい。

 発議者と賛成者は以下のとおりです。

【発議者】
 小川敏夫   徳永エリ   大塚耕平  
 紙 智子   田村智子  
 薬師寺みちよ 
 福島みずほ 
 糸数慶子
【賛成者】
 足立信也 有田芳生  石上俊雄  礒﨑哲史 
 江崎 孝 江田五月  西村まさみ 浜野喜史
 森本真治 安井美沙子 井上哲士  吉良よし子
 倉林明子 仁比聡平  又市征治

※「mネット通信」2015年6月12日vol:334
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-12 18:11 | 報道 | Comments(0)

那覇空港は民間専用に-6・9外防委

f0150886_18213827.jpg
 6月9日(火)、外交防衛委員会で防衛省設置法改正について中谷防衛大臣に質問しました。
 那覇空港における航空自衛隊のトラブルについては、①第9航空団の新編は第二滑走路の建設後にスケジュールを送らせること、②那覇空港は民間専用にすべきだと追及しました。その他には①12条の改正問題、②諸外国への防衛装備品輸出-特に「US2」のインドへの輸出について防衛省をただしました。
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-10 18:31 | 活動日誌 | Comments(0)