うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>>樺太は日露戦争で日本..
by noritatsurika at 14:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


原因の究明と再発防止訴え 社大党

 那覇空港でのヘリ横切り抗議

 社大党の糸数慶子委員長らは8日、航空自衛隊那覇基地を訪ね、3日に那覇空港で自衛隊ヘリが離陸滑走中の全日空機の前を横切ったトラブルに抗議した上で、那覇空港の民間専用化を求めた。
 糸数氏によると、対応した鈴木康彦基地司令は再発防止に努める考えを示した上で「民間機の離着陸が多い時間帯には訓練を自粛している」などと説明した。一方、民間専用化は「自分からは答えられない。上司に伝える」と述べるにとどめた。
 糸数氏は「民間機の発着が多い時間帯に訓練を避けていても、今回の事故は起きた。那覇空港は過密状態で、事故防止には民間専用化しかない」と指摘した。

※「琉球新報」2015年6月9日

 離着陸トラブル 社大党も抗議

 社大党の糸数慶子委員長と上原快佐那覇市議は8日、航空自衛隊のCH47輸送ヘリ1機と民間機2機が関係した那覇空港の離着陸トラブルを受け、空自那覇基地で、鈴木康彦基地司令に抗議した。
 糸数氏によると、鈴木氏は離着陸の多い時間帯の訓練を避けるなどの対策を説明したという。糸数氏らは那覇空港は日常的に過密状態で初歩的なミスでも重大な事故につながるため、軍民共用ではなく、民間専用にするよう求めた。鈴木氏は「私の立場では答えられない」と答えたという。

※「沖縄タイムス」2015年6月10日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-09 11:56 | 報道 | Comments(0)

辺野古警備「弾圧」と抗議 海保本部前で集会

f0150886_11321971.jpg
 「不当な弾圧は許さない」と声をあげる市民ら=8日正午ごろ、那覇市の第11管区海上保安本部前

 名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らに海上保安庁が不当な弾圧をしているとして、市民団体「基地県内移設に反対する県民会議」は8日、那覇市の第11管区海上保安本部の前に集まり、「これ以上の弾圧は許さない」「海保の暴力は許さない」と声を上げた。抗議集会には約250人が参加した。
 辺野古沖では4日に、海保のゴムボート1艇がカヌー隊に突っ込み、男性(21)が顔面に軽い打撲を負い、救急搬送されている。
 参加した糸数けいこ参議院議員は「先日の訪米の際、海保の市民に対する不当な弾圧の現状を伝えてきた。辺野古に新基地は絶対に造らせない。最後まで闘おう」と力を込めた。

※「沖縄タイムス」2015年6月9日

 辺野古沖での衝突に抗議 市民ら250人が11管前で集会
f0150886_11343485.jpg
 海上保安庁に抗議の声を上げる参加者=8日、那覇市港町の第11管区海上保安本部前

 市民団体「基地の県内移設に反対する県民会議」が8日正午すぎ、那覇市港町の第11管区海上保安本部前で緊急集会を開き、米軍普天間飛行場の移設計画に伴う作業が続く大浦湾で4日に海上保安庁のゴムボートが計画に抗議する市民に衝突した件について抗議した。
 主催者発表で約250人が集まり、市民らは「海保の暴力許さない。大浦湾から出て行け」などと怒りの声を上げた。

※「琉球新報」2015年6月9日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-09 11:35 | 報道 | Comments(0)

朝日の戦後70年連載に糸数紹介

f0150886_16572721.jpg

「癒やしの島」伸びる観光

 戦後の沖縄観光は沖縄戦の戦没者遺族たちの慰霊の旅から始まった。1950年代半ばから旧日本兵をまつる慰霊碑が次々と建てられた。本土では、女子学徒を殉国者として描いた「ひめゆりの塔」(監督・今井正)が公開され、大ヒットした。
 56年の観光客数、1万3千人
 戦跡を案内する地元のバスガイドたちは、兵士たちの敢闘をたたえる説明を繰り返した。参院議員の糸数慶子(67)もかつては、哀調に満ちた殉国美談を語るガイドの一人だった。
 「『遺族にハンカチを握らせなかったら半人前』と言われた時代。沖縄に来てくれた人たちの心を慰めるのは当たり前だと思っていたし、自分たちの喜びでもあった」
 観光地沖縄にとって、本土は「客」だった。
 だが、糸数はその後、本土目線に迎合する観光ガイドのありように疑問を抱くようになる。住民の視点から沖縄戦の実相をありのままに語る「平和ガイド」の先駆けとなったのは70年代半ばだった。
 75年、155万人・・・・・・

※「朝日新聞」2015年6月8日2面「戦後70年 第4部 沖縄 中」一部を抜粋
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-08 12:55 | 報道 | Comments(0)

「反辺野古 信念持つ」 名護市長 鳩山氏らとシンポ

f0150886_11163691.jpg

 【名護】鳩山由紀夫元首相が理事長を務める東アジア共同体研究所は6日、名護市民会館でシンポジウム「やんばるから平和の発信を!」を開いた。辺野古新基地建設反対を訴える訪米から戻った稲嶺進名護市長が登壇。「壁の高さを嘆いても仕方ない。信念を持って続けていく」と語った。
 鳩山氏は講演で「米国にとって重要な知事が来るのだから、もっと高いポストの人が会うべきだった。だが、知事は文句を言わず、ありのままの姿を見せようとした」と翁長雄志知事の振る舞いを評価した。
 訪米団に参加した糸数慶子参院議員は「米側はすぐ日本政府の問題と言うが、本来は当事者だ。逃げないでください、と強く申し入れた」と説明した。
 シンポには約220人が参加。「新基地押し付けは自由と平等と民主主義に反する」と訴える平和メッセージを採択した。

※「沖縄タイムス」2015年6月7日

 「東アジア議会、沖縄に」 名護でシンポ、鳩山元首相が講演

 【名護】辺野古への新基地建設に反対し、やんばるの自然環境保全を考えるシンポジウム「やんばるから平和の発信を!」(東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター主催)が6日午後、名護市民会館で開かれた。約300人が足を運んだ。元首相で東アジア共同体研究所理事長の鳩山由紀夫氏が講演し、沖縄にEU議会のような東アジア議会をと提唱した。
 鳩山氏は、安倍政権の方針について「中国を脅威として日本が軍事力を高めれば、中国も軍事力を高めなければいけなくなる。戦争が起きやすい環境を両国が競争してつくり上げることになる」と話した。
5日に訪米要請から戻ったばかりの稲嶺進名護市長は「米国にもしっかりと沖縄や辺野古について理解を示してくれる人がたくさんいる。自分たちの行動は正しいという信念を持って話をすると必ず通じる」とあいさつした。
 糸数慶子参院議員とヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表、岸本洋平名護市議、東アジア共同体研究所琉球・沖縄センターの高野孟理事らによる討論会も開かれた。「沖縄を軍事拠点から平和の要石へと転換し、東アジアや世界の平和に貢献する地域にするべき」との平和メッセージが報告された。

※「琉球新報」2015年6月7日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-07 14:13 | 報道 | Comments(0)

多角的訪米行動に 

 糸数慶子参院議員 オール沖縄で支えた県知事を先頭にした初の訪米だ。知事が会談した国務省や国防総省、米連邦議員、シンクタンクなどに加え、自分は女性や市民グループなどにも訴えた。多角的な訪米行動になったと思う。現場では海上作業が続き、厳しい闘いだが、知事が直接米側に考えを伝えに行くことはインパクトを与えた。米兵による少女暴行事件から20年、県民は新基地を造らせずに闘ってきた。要請では立場が違う連邦議員でも「地元の情報が知りたい」と一生懸命話を聞く人もいた。何があっても阻止するとの思いを伝えるため、何度でも訪米したい。

※「琉球新報」2015年6月6日「知事訪米同行団 各界代表の総括」
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-06 14:07 | 報道 | Comments(0)

訪米団、70人と会談

 【ワシントン3日=平安名純代、福元大輔】翁長雄志知事に同行する訪米団は3日夜、全日程を終えた。3チームに分かれ、下院議員15人、上院議員補佐官7人、下院議員補佐官23人、シンクタンクなど計70人と面会し、名護市辺野古の新基地建設に反対する県民の思いを伝えた。
 城間幹子那覇市長、稲嶺進名護市長、石嶺傳實読谷村長、糸数慶子参院議員や県議5人、那覇市議5人らで構成。党派を超えた「オール沖縄」で翁長知事を支えていることを米国内でアピールした。
 一行は3日、米下院軍事委員会のハンク・ジョンソン下院議員(民主、ジョージア州選出)と面談した。
 上原快佐那覇市議は「ジム・ウェッブ元上院議員は辺野古見直しを唱え、沖縄と米国間の懸け橋になると申し出てくれた」と指摘。ジョンソン氏は「計画の中止を願う皆さんのため、私に何ができるか分からないが、流れをしっかり検証して対応したい」と述べた。
 ジェームズ・インホフ上院議員のボソンポウェル補佐官は、訪米団が米下院の国防権限法案に明記された「辺野古が唯一の選択肢」の文言削除を求めていることに「沖縄の人々の意思を尊重するよう議員に伝えたい」などと述べたという。

※「沖縄タイムス」2015年6月5日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-05 09:32 | 報道 | Comments(0)

「辺野古唯一」は概念 「政策を拘束せず」 米専門家

f0150886_11332466.jpg
 対日政策の報告書を作成している米議会調査局と意見交換する訪米団のメンバー=2日、ワシントン市内

 【ワシントン=島袋良太】翁長雄志知事の訪米に同行する国会議員や県議団、経済人らで構成する訪米団は2日も米議会関係者らを相次いで訪ねた。米議会調査局や沖縄の基地問題に詳しいマイク・モチヅキ米ジョージ・ワシントン大教授とも意見交換した。米軍普天間飛行場の返還・移設問題で、下院軍事委員会が2016会計年度の国防権限法案に辺野古移設が「唯一の解決策」との文言を盛り込んだことについて、米議員や専門家からはこの文言は概念的なもので、日米の政策判断を「拘束はしない」との見解があった。
 ハル・ロジャース下院歳出委員長(共和)の補佐官と面談した山内末子県議らによると、補佐官は国防権限法は国防予算の方向を示すものであり、個別具体的な予算を最終決定する権限は歳出委にあると説明した。その上で「日本は米国の同盟国だ。沖縄県民の反発を受けることはしたくない」と述べた。
 

※「琉球新報」2015年6月4日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-04 11:36 | 報道 | Comments(0)

中国脅威「基地の維持必要」 沖縄県訪米団に下院議員

f0150886_9421149.jpg
 米連邦議会関係者らと面談する稲嶺進名護市長(中央)ら訪米団メンバー=1日、米ワシントン

 【ワシントン1日=平安名純代・米国特約記者】翁長雄志知事と共に訪米中の糸数慶子参議院議員や県議会議員、稲嶺進名護市長や経済界メンバーらで構成する訪米団(渡久地修県議団長)は1日、ワシントンの連邦議会を中心に要請行動を開始し、米下院議員らに名護市辺野古の新基地建設計画の中止を要請した。
 要請団と面談したデヴィン・ニューンズ下院議員(共和、カリフォルニア州選出)は本紙取材に対し「私が所属する日本議員連盟は実際に沖縄を訪れ、普天間移設問題の複雑さも学んだ。要請団が主張する沖縄の過重負担は理解しているが、中国の軍事力拡大で沖縄に基地を維持する必要性はより高まっており(普天間の)県外移設は困難だ」と述べた。一方で「訪米中の翁長知事ともぜひ意見交換したい」と興味を示した。
 糸数慶子参院議員は国防権限法案から「辺野古が唯一の選択肢」という文言の削除を要請したと本紙に紹介。「対中脅威論を盾に沖縄の軍事的重要性を何度も強調されたが、われわれはこれ以上の負担は容認できないとの主張を曲げず、沖縄は一歩も引かないという強い意志は伝わったと思う」と述べた。
 マーク・タカノ下院議員(民主、カリフォルニア州選出)は本紙に「多くの米軍基地がある沖縄の声を聞けたのは意義深かった」と評価する一方、「私自身は(移設問題に)直接的な関わりが薄く、できることも限られている。ハワイ選出の上院議員らとの協議を勧めた」と述べた。
 アメリカン大学のピーター・カズニック教授は、仲井真弘多前知事の埋め立て承認が移設問題に与えた影響について説明し、新基地建設の阻止には、埋め立て承認の取り消し・撤回に関する翁長知事の一刻も早い行動が大事だと主張した。
 訪米団は、城間幹子那覇市長や石嶺傳實読谷村長、那覇市議団、平良朝敬かりゆしグループ前最高経営責任者ら約30人。ワシントン滞在中、連邦議員16人、議員補佐官18人、シンクタンク関係者らと会談予定。

※「沖縄タイムス」2015年6月3日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-03 09:44 | 報道 | Comments(0)

米研究者らと面談 訪米団

  要請重ね知事後押しへ

 【ワシントン=島袋良太】翁長雄志知事と訪米している糸数慶子参院議員や県議会議員、稲嶺進名護市長、経済界のメンバーらで構成する訪米団は1日朝(日本時間同日夜)、首都ワシントンでの要請行動を始めた。4日まで滞在する翁長知事が米政府や米議員らに対し、米軍普天間飛行場の辺野古移設計画見直しと県外・国外移設を求める間、訪米団も連邦議員や米国の政策形成に影響力を持つ有力シンクタンクの研究者らを訪ね、知事の訪米行動を後押しする。
 1日朝は複数のシンクタンクの研究者らと会談したのに続き、米連邦議会で軍事委員会や日本議連に所属する下院議員らを相次いで訪ねた。名護市辺野古の新基地建設に県や名護市、県民の大多数が反対していることなどを説明した。
  4日までのワシントン滞在中、複数グループに分かれ、連邦議員16人、議員補佐官19人、6シンクタンクの関係者らと会談する予定。訪米団はほかに城間幹子那覇市長、石嶺伝実読谷村長、那覇市議団、平良朝敬かりゆしグループオーナーら約30人で構成している
 訪米団団長の渡久地修県議は「過去の県政の中で辺野古新基地建設に反対すると明確に米側に伝えるのは翁長雄志知事が初めてだ。県民は米国との友好は望むが、服従は望まないということ、新基地は建設できないということをしっかりと伝える」と意気込んだ。

※「琉球新報」2015年6月2日
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-02 10:23 | 報道 | Comments(0)

親米でも反基地の信念

 〇・・・翁長雄志知事の訪米行動に首都ワシントンで合流する糸数慶子議員(無所属)。昨年の名護市長選、知事選、衆院選で示された「辺野古ノー」の民意を米国に直接伝える意義を強調。「『オール沖縄』の顔ぶれで行ける最大のチャンス」と位置付ける。辺野古問題は米国も当事者だと認識させ「強行すれば全基地の即時返還を求める島ぐるみ闘争になる」と訴えるつもりだ。娘3人は米国の留学経験があり「親米」を自認するが、沖縄の負担軽減では「反基地」の信念を貫き理解を得る構え。 (東京)

※「沖縄タイムス」2015年6月1日「記者のメモ」
[PR]

by itokazu-keiko | 2015-06-01 16:48 | 報道 | Comments(0)