人気ブログランキング |

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

被害者心情踏みにじる―女性暴行取り下げ

 24日に開かれ結審した在沖米陸軍パトリオット・ミサイル(PAC3)部隊所属のロナルド・ホプストック伍長の軍事法廷は、検察側と弁護側の「事前合意」が成立、女性暴行罪は認められなかった。昨年5月に本誌インタビューで大粒の涙をこぼしながら「真実を知ってほしい」と被害を訴えたフィリピン人女性の気持ちは踏みにじられた。同じように米兵から暴行を受けた女性や、県内の関係団体からは、犯罪を裁けない日本政府の責任を追及する声が上がっている。(中略)
 基地軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表の糸数慶子参議院議員は「性暴力の加害者には寛大で、被害者に弱い立場を強いている現状が見え、性暴力の責任を被害者に転嫁している。基地がなければ軍人が闊歩(かっぽ)することもない。この事件は基地あるが故の事件。日本の法廷で裁けない矛盾を残念に思う」と話した。
 米軍人・軍属による事件被害者の会のメンバーの池宮城紀夫弁護士は、被害者が暴行されたと訴えている点に言及。「訴えを不問に付して、事実上の司法取引をしたというのは、被害者の気持ちにかなったことなのか疑問だ」と指摘した。処分内容についても「禁固6ヵ月は軽い気がする。今後も暴行事件が起きない保証もないし、こんな軽い刑には納得いかない。厳正に処罰すべきだ」と批判した。

※「琉球新報」2009年2月24日付け夕刊に掲載

by itokazu-keiko | 2009-02-24 18:03 | 報道
<< 国会番外地―BSTV朝日ニュー... 海・こどもが活きるまちづくり―... >>