人気ブログランキング |

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

フィンランドの教育紹介―久米島で講演会

f0150886_17123564.jpg
       (写真提供は久米島町職労)
町民ら活発意見
【久米島】「子どもたちの可能性を伸ばすために」をテーマにフィンランドから学ぶ「久米島の教育を考える講演会」(主催・久米島地区労働組合協議会)が7月31日、町具志川改善センターで行われ、町民ら130人余が活発に意見交換した。
 講師は沖縄フィンランド協会事務局長の糸数慶子さん、同理事の森田弘美さんがコーディネーターを務めた。2人は昨年2月にフィンランドを訪ね、「学力世界一」の教育現場を視察した。
 森田さんは「フィンランドでは、ミックシー(どうして)は大切なキーワード。分からない子に真摯に向き合い、繰り返しゆっくり教え、時間をかければ分かる、という安心感を与える」と紹介した。
 糸数さんは「フィンランドはきめ細かな教育が行き届き、取りこぼしのない教育がなされている」「私たちは、夜型社会の生活習慣を見直し、子と向き合う時間をつくろう。今やれるところから変えていこう」と講演した。
 参加した藤田かおりさん(40)は「子どもの個性を大事にすることや、できる子ができない子をサポートする、教育システムがうらやましい」と感想を述べた。 (比嘉正明通信員)

※「沖縄タイムス」2009年8月10日付けに掲載

by itokazu-keiko | 2009-08-10 10:36 | 報道
<< 非戦のしくみ探る―沖大講座 広... 政権交代へ全力で応援 >>