人気ブログランキング |

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

沖縄に基地はいらない―年頭ごあいさつ

 あけましておめでとうございます。
 沖縄県民が熱く燃えた昨夏の総選挙、県民は自公政権に終止符を打ち、「政権交代」を実現しました。その政権交代の先には、米軍普天間飛行場の即時閉鎖と、それに伴う返還、さらに名護市辺野古への新基地建設の撤回など、軍事基地の見直しによる平和な沖縄を描いていました。
 
 しかし、民主、社民、国民新党の3党連立による鳩山新政権は、その基本政策の合意においてのみ「沖縄県民の負担軽減の観点から、日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」としたものの、具体性を欠き、オバマ大統領との首脳会談においても「対等な日米同盟」は発揮できず、辺野古案は排除されることなく年を越しました。残念でなりません。
 
 県民はその間、鳩山政権を支え、オバマ大統領への思いを伝えるべく11月8日には「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」を開催しました。2万1千人が参集しました。
 
 私は、沖縄のことは沖縄が決めるということを主張し、「辺野古に新基地を造らせない、日本国内には米軍基地はいらない」と訴えました。また、11月に読谷村内で発生した米軍人によるひき逃げ死亡事件に抗議する読谷村民総決起大会では、日米地位協定の不平等さを指摘し、抜本的な改定や完全な補償を求め、村民とともに声をあげました。
 
 新たなる年は、沖縄の針路にとって極めて重要な年となります。「普天間」と「辺野古」のゆくえ、そのゆくえに影響を与える1月の名護市長選、そして7月の参院選、さらに11月の県知事選、すべては県民の意思にかかっているのです。ともに闘い抜いていきましょう。
 末尾となりましたが2010年の寅年が皆さまにとって幸多き年となりますようお祈りいたします。

    2010年 元旦                    参議院議員 糸数慶子

by itokazu-keiko | 2010-01-01 15:45 | 活動日誌
<< 名護市長選・稲嶺ススム予定候補... 辺野古で初日の出 >>