人気ブログランキング |

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

幼保一元化で提言― 糸数氏と沖教組が福島担当相に

f0150886_11194352.jpg
    内閣府の福島大臣室にて、約25分間にわたり「提言」を聞いていただきました。
   
 【東京】糸数慶子参院議員と沖教組の山本隆司委員長は1日、福島瑞穂少子化担当相らに保育園や幼稚園、小学校、学童保育などを総合的にとらえた独自の「幼保一元化」構想についての検討を提言した。福島担当相は「国と県などでつくる沖縄待機児童対策のスタディ・グループも立ち上げている。国も子どもたちの環境改善に取り組むので、一緒にやっていきたい」と述べ、提言の実現に前向きに取り組む考えを示した。
 山本委員長らは提言で、5歳児からの就学前教育を運営するフィンランドなど北欧諸国と、戦後沖縄の幼稚園は近い形態となっていたと説明し「戦後はぐくまれた幼小連携を地域特色を生かす形で発展させ、沖縄振興計画の中で教育特区などが構想できないか」と検討を求めた。
 担当相は「地域資源をどう生かすか、保育ママの仕組みづくりで雇用をつくる必要もあると思う」と述べ、同研究グループでも検討する考えを示した。

※「琉球新報」2010年4月2日付けに掲載

by itokazu-keiko | 2010-04-02 11:23 | 報道
<< 新奥武山球場が落成式 「慰安婦」問題の解決めざす市民... >>