うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

沖縄フィンランド協会10年総会―留学生が報告

f0150886_14451147.jpg
   事務局長として、昨年度の総括を皆様にお話させていただきました。
 
 8月20日(金)、沖縄尚学高校5階講堂にて、沖縄フィンランド協会の2010年総会が行われました。
 総会後の講演では、名城副会長が「日本と世界に貢献する沖縄の教育」と題し、これからは沖縄だけでなく、世界で活躍できる人材育成が必要で、そのためにも知識の勉強だけでなく、空手などをはじめとする文化的な要素も必要だ。また、共同で物事を行っていくことからくる連帯感、倫理観そして信頼感を持てる人間形成が大事である、と話されました。
f0150886_14491648.jpg

 そのあとに行われた留学体験報告会では、昨年から約1年間、沖縄尚学高校からフィンランドのハーメンリンナの高校へ留学した体験を報告していただきました。
 報告していただいたのは、3年生の島田 彩さん、2年生の宇久田 朝史さん、1年生の仲村渠 波さんの3名で、ホームスティをしながら感じた日本とフィンランドの文化の違いや、ホストファミリーの紹介してくれ、特にホストペーランツが子どもたちに対して叱ることがないということに、とても疑問が湧いたそうです。また、授業はすべてフィンランド語で行われていたということを話してくれました。
 彼らは、現地へ行くまでに、フィンランド語を特に勉強することもなく、始めの頃は、言葉の壁に行き詰ったようですが、さすがに高校生ということもあり、帰ってくる頃には、ある程度の会話ができるまでになっていたということでした。

 この報告を受け、沖縄フィンランド協会としても、このように多くの子どもたちがフィンランドをはじめとする海外などで、色々なことを学べることができる企画をもっと行っていきたいと、再確認しました。
f0150886_14493596.jpg

[PR]

by itokazu-keiko | 2010-08-21 14:44 | 活動日誌
<< 県民元気もらった―夏の甲子園で... 菅談話は不十分―日韓国会議員会議 >>