人気ブログランキング |

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「けが人いない」海保警備で見解 国会議員ら謝罪要求

f0150886_16292619.jpg
 「海上保安官の馬乗り写真」を手に海上保安庁を追及しました。

 【東京】「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」と糸数慶子参院議員らは27日、国土交通省に海上保安庁の担当者を訪ね、名護市辺野古での新基地建設に伴う現場での警備が過剰で負傷者を出しているとして、謝罪や補償を求めた。
 海保側は、「けがをさせた認識は持っていない」と説明し、現場からの報告や事実確認の上、海保の対応を原因とする負傷者はいないとの見解を示した。
 負傷者の続出や海保の行動に対する報道との違いへの指摘に対し「見解の相違」とし、負傷者が告訴するなどの事案には「私どもの正当性を主張する」と、けがをさせていないとの認識を強調した。

※「沖縄タイムス」2015年1月28日

 市民のけが関与を否定 海保担当者

 【東京】米軍普天間飛行場の辺野古移設に向けた海上作業現場で、海上保安庁による過剰警備が指摘されている問題で、一坪反戦地主会などで構成する市民団体「辺野古への基地建設を許さない実行委」は27日、海保に過剰警備をしないよう求めた。肋骨を骨折するなどけが人が出ていることについて、海保の担当者は「私たちが措置を取っている最中に起こしたとは考えていない」と述べ、海保の行為による負傷を否定した。
 市民らは「(負傷者は)自然にけがをしたとでも言うのか」などと反発。負傷者がいるとの報道が間違っているならば訂正を求めるべきだなどと語気を強めた。これに対し、海保担当者は「私どもが対抗するのは(負傷者との)裁判など公の場だ。新聞報道とは見解相違もある」などと主張した。・・・・

※「琉球新報」2015年1月28日

 ヘリパッド工事に林道を使わせるな
f0150886_16314116.jpg
 1月27日、「ゆんたく高江」のメンバーと林野庁申入れを行いました。
 ①林野庁管轄内「N1裏」ゲート前で反対して座り込む人々を強制排除しないこと②N1地域の国有林部分での、米軍ヘリパッド工事進入口としての林道の使用を防衛省に許可しないことなど、5項目を申し入れました。

by itokazu-keiko | 2015-01-28 13:04 | 報道
<< 「オール沖縄」 沖縄が切り拓... 政府に中断要求へ 超党国会議員... >>