人気ブログランキング |

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

辺野古抗議 名護・瀬嵩で21日3千人集会

f0150886_1084527.jpg
 名護市瀬嵩の浜の抗議集会など新基地建設阻止に向けた行動を発表する「止めよう辺野古新基地建設実行委員会」の照屋寛徳共同代表(前列中央)ら=8日、沖縄県議会

 名護市辺野古の新基地建設に反対する県選出の野党国会議員や県議会与党会派、市民団体でつくる「止めよう辺野古新基地建設実行委員会」は8日、沖縄県議会で会見し、21日午後1時から名護市瀬嵩の浜で3千人規模の抗議集会を開催すると発表した。4月以降も万人規模の総決起大会や国会包囲などの運動を7月まで継続する。
 21日の集会は、2月22日にキャンプ・シュワブゲート前で開いた集会から約1カ月。政府の新基地建設作業が進んでいることから、県民の多くが反対する建設阻止に向け、内外へアピールするのが狙い。
 会場になる瀬嵩の浜は、久志郵便局の道向かいで、新基地建設に向けた作業が進む大浦湾を望める。実行委は那覇市、沖縄市、名護市から会場までバスを運行させるよう、近く詳細を発表する。
 8日の会見で実行委共同代表の照屋寛徳衆院議員は「政府は国家権力を総動員し沖縄の民意を踏みにじろうとしている。多くの県民が結集し一致団結の行動を創造したい」と決意。共同代表の糸数慶子参院議員も「政府の仕打ちは目に余る。(一連の行動は)意思表示をする手段で、世界が応援していることを自覚し闘っていきたい」と参加を呼び掛けた。

※「沖縄タイムス」2015年3月9日

 新基地阻止へ再集結 21日に「瀬嵩の浜」で県民集会

f0150886_10112828.jpg
 21日の県民集会開催と、4月以降の取り組みを発表する実行委員会のメンバー=8日、県議会

 県議会与党5会派と市民団体などでつくる「止めよう新基地建設実行委員会」は8日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設阻止を訴える県民集会を名護市瀬嵩の浜辺で21日午後1時から開くと発表した。3千人以上の参加を目指す。バスの運行も検討する。
 実行委は今後、移設に反対する県議や市町村議の会議を設置し、具体的行動を議論する方針だが、4月や5月にも県民集会、5~6月には東京で集会を開くことを検討している。
 辺野古埋め立て承認を検証する県の第三者委員会の報告がまとまり、翁長雄志知事が承認の取り消しや撤回の判断を予定する7月ごろにも再度、東京での行動を実施したい考えだ。
 移設予定地周辺での大規模集会は、政府が海底ボーリング調査に着手した昨年8月、同9月、ことし2月に続き4回目となる。県の中断要請にもかかわらず政府が海上作業を継続する中、移設に反対する民意をあらためて示す狙いがある。

※「琉球新報」2015年3月9日

by itokazu-keiko | 2015-03-09 10:15 | 報道
<< ハワイでパワーを充電 県外からの土砂 アセスは対象外 >>