人気ブログランキング |

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧


飛行路変更でも「再アセス不要」―政府、普天間移設先

 政府は12 日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に米海兵隊が垂直離着陸輸送機「オスプレイ」を配備する計画に関連し、移設先を利用するヘリコプターなど米軍機の飛行経路を変更しても環境影響評価(アセスメント)のやり直しは不要とする答弁書を閣議決定した。糸数慶子参院議員(無所属)の質問主意書への答弁。
 答弁書はオスプレイ配備による経路変更について「現時点で何ら決まっておらず」と言及しなかったが、一般論として「環境影響評価その他の手続きを経ることは要しない」としている。
※「朝日新聞」2010 年10 月13 日付け朝刊4面に掲載

再アセス「不要」―答弁書閣議決定
普天間代替施設 オスプレイ配備


 【東京】政府は12日の閣議で、米軍普天間飛行場の代替施設建設に伴う環境影響評価(アセスメント)について、普天間に配備予定の海兵隊輸送機MV22オスプレイの飛行に関連したアセスのやり直しは必要ないとする答弁書を決定した。糸数慶子参院議員の質問主意書への答弁。
 答弁書は県アセス条例の規定を基に、「飛行経路の変更にかかる事業内容の修正は、あらためて環境アセスその他の手続きを経ることは要しない」とした。
 代替施設の飛行経路をめぐり、米側はオスプレイ配備も念頭に、日本政府が従来説明した経路の大幅修正を求めている。答弁書は、飛行経路の変更自体には「現時点では何ら決まっていない」とした。
 県もオスプレイ配備はアセスやり直しの要件には当たらないと説明している。
 代替施設の環境アセスは、名護市辺野古に2本のV字形滑走路を建設するとした自公政権時の日米合意(現行案)を基に開始した。当初からオスプレイ配備が取りざたされていたが、アセスでは盛り込まれていない。
※「琉球新報」2010 年10 月13 日付けに掲載

by itokazu-keiko | 2010-10-13 12:02 | 報道

「平和・当たり前」を考えるシンポ―小川、トシャ・マギーさんを祝う

f0150886_14214881.jpg

 10月8日(金)、浦添市のてだこホールにて「平和」・「当たり前」を考えるシンポジウム(主催・沖縄自然館、共催・NPO法人テラ・ルネッサンス)に、パネリストの一人として参加いたしました。シンポジウムには、沖縄教育出版の川畑保夫さん、海勢頭 豊さん、私とテラ・ルネッサンスの小川真吾さんとトシャ・マギーさん(お二人ともウガンダでの現地スタッフです)、そしてテラ・ルネッサンス代表理事の鬼丸昌也さんがコーディネーターを務めました。
 わたしは、沖縄選出の国会議員として見る平和という視点で、子どもの貧困の問題をお話させていただきました。
f0150886_14221817.jpg
 
 シンポジウムの第二部では、テラ・ルネッサンスの小川真吾さんとトシャ・マギーさんの結婚報告パーティーが開催され、お二人にお祝いのお花を手渡しました。

by itokazu-keiko | 2010-10-09 14:19 | フォトレポート

遺骨収集事業で南部国道事務所へ協力要請

f0150886_14134320.jpg
  10月6日(水)に、現在、与那原町で行われている与那原バイパス開発工事に関して南部国道事務所へ行き、沖縄戦の激戦地の一つだったと言われている西原町運玉森での、遺骨収集事業を行うための協力要請を行いました。

 遺骨収集事業を行っているガマフヤー代表の具志堅さん、プロミスキーパーズ代表の山内さんらと共に、那覇市真嘉比地区での遺骨収集事業の実績などを説明しました。南部国道事務所の職員の皆さんにも理解していただき、与那原町からの申し入れをもとに協力をさせていただきたいとの朗報を得ました。

by itokazu-keiko | 2010-10-07 14:22 | 活動日誌

説明責任求める

 糸数慶子参院議員(無所属)も「国民の政治不信を解消できるように裁判の場できちんと説明してほしい」と語った。

※「琉球新報」2010 年10 月5 日付けに掲載
※※10月4 日、陸山会の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件で、検察審査会の再審査で「起訴議決」が発表され、「小沢氏 強制起訴へ」事態となったことについてのコメント。

by itokazu-keiko | 2010-10-05 11:11 | 報道

パリ郊外オーヴェール村へ、ゴッホのお墓参りも

f0150886_17431814.jpg
     ゴッホの作品のモデルになった教会の前で

 9 月12 日~17 日まで友人の「和紙工芸展」が開催されているパリに行ってきました。
 わずか3日間の滞在ではありましたが、パリ郊外にあるフィンセット・ファン・ゴッホゆかりのオーヴェールの村に出かけました。
 フランス印象派を生み出した村として知られ、スペインのトレト、イタリアのシエナと並んで有名な村です。
 オワズ川との丘陵の狭間のステキな小さな村でしたがゴッホは「オーヴェールの教会」や「アルルの寝室」などの作品をこの村で描いたようです。
 残念ながらこの村で37歳の生涯を終えたゴッホ。弟テオと一緒に葬られているお墓のお参りもしてきました。
 慌しく短い旅でしたが、パリから車で約40分の「オーヴェールの村」に行くことが出来、一足先に芸術の秋を満喫して帰沖しました。
f0150886_1743458.jpg
      ゴッホの墓前にて
f0150886_1744949.jpg
   エッフェル塔近くの民族博物館にて、正木靖公使と。お世話になりありがとうございました。
 

by itokazu-keiko | 2010-10-04 19:41 | フォトレポート

アート発信地で個展 和紙造形作家・美野さん

f0150886_1758345.jpg
   会場は入りきらないほどの多くの方々であふれ返っていました。

[ フランス ]
 秋も深まってきた9月のパリ。中でもマレ地区ではモードやアートの流行発信地としてパリっ子が注目する場所だ。そのマレ地区にあるピカソ美術館すぐそば、ギャラリー「テュィリエ」で、国頭村比地に工房を構える和紙造形作家の美野定雄さんの作品が9月10 日から23 日まで展示された。
 美野さんは2008 年から日本とフランスで巡回展を行っている「日仏造形美術フェスティバル」に参加し、展示会場の一つであるフランス北部メッツ市で昨年グランプリを獲得した。その縁で「テュィリエ」のドゥニ・コルネ氏に誘いを受け展示が実現した。
 「このような機会は二度とないと思いパリまでやってきました」と語る美野さん。沖縄の野山にあるものを使いながら一般的なイメージのある「沖縄」に甘えることなく、洗練されたオブジェに昇華された作品群は、マレ地区のギャラリー街でも見劣りすることのない存在感を放っていた。
 オープニングセレモニーには日本大使館の正木靖公使、日仏文化協会ジャン=マルシャル・ベザン氏、親交の深い参議院議員の糸数慶子氏も駆け付けセレモニーに花を添えた。
                                             (大城洋子通信員)

※「琉球新報」2010 年10 月4 日付け7 面「アジア・海外通信員」頁に掲載

by itokazu-keiko | 2010-10-04 18:33 | 報道

伊波氏支持呼び掛け 社大党がパーティー

f0150886_144428.jpg
 
 11 月28 日投開票の県知事選に向け、社大党(糸数慶子委員長)は3日、那覇市内で野党から出馬する伊波洋一氏を支援する政治資金パーティーを開いた。
 糸数委員長は、米軍普天間飛行場の辺野古移設について、反対を掲げる稲嶺進市長が当選した名護市長選や稲嶺氏支持の議員が過半数を占めた名護市議会議員選挙を挙げ、「民意をしめしているが、いまだに解決していない。今度こそ県民が団結して解決を図ろう」と伊波氏支持を呼び掛けた。
 伊波氏は、争点は普天間飛行場の「県内移設反対」だと訴え、「県政挙げて反対を主張すれば辺野古はつぶれる。普天間の危険性の除去は私たちの力で展望を描こう」と述べた。
 パーティーでは民主党の瑞慶覧長敏衆院議員、社民党の新里米吉委員長らがあいさつしたほか、自治労や全港湾などの労組も参加し、知事選に向け気勢を上げた。
 また、糸数委員長が伊波氏に推薦証書を手渡した。
※「沖縄タイムス」2010 年10 月4 日付けに掲載
f0150886_1443178.jpg
   この日、9月に行われた統一地方選挙で社大党公認・推薦で勝利した議員のみなさんが会場を訪れた。(左から瀬底セイシン南城市議、玉那覇ヒデコ北谷町議、私、コメス清正宜野湾市議、石川シンエイうるま市議、キナ昌盛西原町議)

by itokazu-keiko | 2010-10-04 13:39 | 報道

イハ洋一県知事選出馬表明式

f0150886_14464275.jpg
  10月2日(土)、宜野湾市ラグナガーデンホテルにおいて、「イハ洋一県知事選出馬表明式」が行われ、社大党代表として私もごあいさつしました。
f0150886_1446591.jpg
    出馬会見の前には、3党協定の調印式が行われました。

by itokazu-keiko | 2010-10-03 14:45 | フォトレポート

10 ・1 院内集会で県知事選・伊波必勝を訴える

f0150886_14502383.jpg
  第176 回臨時国会開会日の10 月1 日(金)、「憲法を生かそう10・1院内集会」に参加し、11月の沖縄県知事選挙で伊波洋一予定候補をぜひ勝利させようと訴えました。

by itokazu-keiko | 2010-10-02 14:49 | フォトレポート

県民の理解得られぬ―首相所信表明

 糸数慶子参院議員(無所属) 「主体的外交の展開」が日米同盟の深化という文言と結び付き、普天間の日米合意踏襲へとたどる文脈では県民の理解は得られない。日米合意を根本的に見直すことこそが負担軽減だ。
※「沖縄タイムス」2010 年10 月2 日付け「県選出国会議員コメント」欄に掲載

by itokazu-keiko | 2010-10-02 11:21 | 報道