人気ブログランキング |

うみないび2


糸数けいこの活動日誌
by itokazu-keiko
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


野党反発、振興予算で二分

 内閣府の沖縄振興予算が閣議決定されたことについて、県関係国会議員のうち翁長雄志知事を支持する国政野党の議員らは「減額は基地との『リンク』の証左などと批判。国政与党の自民議員らは「必要額は確保できた」と評価し、意見が割れた。・・・・・・・
 糸数慶子参院議員(無所属)は防衛予算について「普天間飛行場の移設に1736億円も計上し、民意を無視した新基地建設の強行だ」と批判した。

※「沖縄タイムス」2015年1月15日

 県民を愚弄

 糸数慶子参院議員(無所属) 翁長県政発足後の減額は基地と予算のリンクにほかならず、県民を愚弄している。一括交付金の査定を厳しくしようする姿勢は納得できない。

※「琉球新報」2015年1月15日「県選出・出身国会議員コメント」欄に掲載

by itokazu-keiko | 2015-01-15 10:37 | 報道

琉韓交流への思い熱く

 〇・・・韓国ソウルの国立古宮博物館を訪れ「琉球王国の至宝展」を鑑賞した糸数慶子参院議員(無所属)。国宝の王冠や漆器、焼き物、江戸上りの絵巻など、貴重な展示資料に見入った。韓国の学芸員が琉球王朝時代の資料を熱心に収集したエピソードを聞き「外気は零下13度だったが、心の温かさに感激した」。帰国後は翁長雄志知事を訪ね「ぜひ見に行ってください」と‶直訴″した。「日韓関係が悪化する中、関係改善の切り口は文化、平和交流だ」と強調するなど、琉韓文化大使に名乗り?

※「沖縄タイムス」2015年1月3日「記者のメモ」欄に掲載

by itokazu-keiko | 2015-01-03 10:22 | 報道

知事選・衆院選の勝利を辺野古断念へ !

f0150886_10395738.jpg
    稲嶺市長夫人と辺野古の浜辺にて(1月1日午前7時11分)

 あけましておめでとうございます。2014年は選挙ではじまり選挙で終わった一年でした。1月の名護市長選にはじまり、統一地方選挙、知事選、衆院選。選挙をひとつ経るごとに、沖縄県民の「辺野古新基地建設反対」の確固たる意志が明確になってきました。なかでも沖縄県知事選における翁長雄志氏の勝利は非常に意義深いものでした。保革の枠組みを超え、建白書の理念のもとに県民が団結してたたかい、相手候補に10万票もの大差をつけて勝利したことは、まさに歴史的な勝利でした。さらには衆院選において、県民を裏切って辺野古新基地建設容認に転じた自民党国会議員4名を退け、4選挙区すべてにおいて「オール沖縄」の代表候補が当選したことは、知事選と並んで沖縄政治史に光り輝く歴史的な大勝と言え、非常に誇りに思います。

 
 衆院選における沖縄の状況とは裏腹に、全国的には自民党が再び圧勝するという残念な結果となりました。安倍政権の暴走に歯止めがかけられなかったことに対し深く失望するとともに、今後の国政の成り行きに大きな危機感を覚え、気持ちを引き締めています。この2年間に安倍首相は憲法9条の改悪と集団的自衛権の行使、消費税の増税、派遣労働法改正と、国民生活に悪い影響しか与えないような政策を打ち出してきています。今後4年間の安倍政権の暴走は必至であり、県民は改めて団結して対抗していく姿勢を示さなければなりません。

 さて私にとって2014年は、選挙の一年であるとともに海外へ赴き、様々な方々に沖縄の現状を訴える機会の多い一年でした。1月の訪米行動にはじまり、8月の韓国済州島の海軍基地建設に反対する市民団体との交流、ジュネーブの国連人種差別撤廃委員会における陳情、9月のニューヨーク国連先住民族世界会議での訴えなど、非常に意義深い活動ができました。
 2015年も引き続き世界に沖縄の現状を訴える活動を行ってまいります。最後に、2015年が皆さまにとって素晴らしい一年となりますようお祈り申し上げます。

 2015年 元旦
参議院議員 糸 数 慶 子

by itokazu-keiko | 2015-01-01 10:38 | 活動日誌